• カードローンスマイル

消費者金融系カードローンの無利息期間を徹底比較!どこが一番お得?


最近では多くの消費者金融のカードローンにおいて、無利息キャッシングというサービスが利用できるようになっています。

一定の条件を満たすことで、キャッシングに対して生じる利息がゼロになるというサービスであり、一般的に高金利だと言われている消費者金融系カードローンでも、この無利息期間を利用することで、銀行のカードローンよりもお得な借入が実現できる可能性が高くなるのです。

カードローンの無利息期間を導入している代表的な消費者金融について紹介し、それぞれの無利息キャッシング期間の詳細について、解説・比較を行っていきます。

 

無利息キャッシング期間が導入されている代表的な消費者金融とは?

海と親子

 

まずはどのような消費者金融において、無利息キャッシング期間が導入されているのかについて紹介していきます。

 

無利息キャッシング期間が導入されている代表的な消費者金融として有名なのは、アイフル・アコム・プロミス・ノーローンといった会社になります。

アイフル・アコム・プロミスの三社では一定の条件を満たしてカードローン契約をすることで、30日間無利息でキャッシングができる特典が享受できますし、ノーローンについては特に条件はなく7日間無利息でキャッシングができるという特典があります。

 

なおアイフル・アコム・プロミスの3社では複数のローン商品の取扱がありますが、いずれの金融機関でもすべてのローン商品において無利息期間が享受できるというわけではありません。

基本的にはその金融機関の最もベーシックな商品である、無担保カードローン・無担保キャッシングサービスのみが無利息期間対象商品だということを心得ておきましょう。

 

アイフルの無利息期間はどうなっているの?

 

アイフルにおいて無利息キャッシングサービスを享受するための条件は至ってシンプルで、同社の利用が初めてであり、尚且つ無担保キャッシングローンを契約すること、とされています。

アコムやアイフルと比較すると、無利息キャッシングを受けるための条件が比較的ゆるいと考えられるので、気軽に無利息キャッシングを試してみたいという人にはおすすめができます。

なお、無利息期間については、契約日の翌日から30日間とされています。

この期間内であれば一度完済して再融資を受けた場合でも、追加融資を受けた場合でも無利息の対象となりますし、期間内に借入を行い期間内に完済した場合には、支払利息をゼロ円とすることも可能となっています。

 

アコムの無利息期間はどうなっているの?

考える男性

 

アコムで無利息キャッシングサービスを受けるための条件についてですが、同社との契約が初めてであること、無担保カードローンの契約者であること、返済期日を35日毎として契約すること、この3点の条件を満たして契約した人が無利キャッシングの対象となります。

「返済期日を35日毎にすること」というのは、「返済方式を35日サイクル返済方式として契約すること」と言い換えることができます。

アコムのカードローンは、返済方式について「毎月返済」と「35日サイクル返済」のいずれかの方式を選択して契約することとなっているので、無利息キャッシングサービスを享受するためには、間違って「毎月返済」の方を選んでしまわないように気をつけましょう。

 

なお、無利息期間については、契約日の翌日から30日間とされています。

アイフルと同様の期間となっていますし、「初回借入日の翌日から30日間」ではないので、できるだけ長く無利息期間の恩恵を受けるためには、契約してからできるだけ早く借り入れを行うのがおすすめとなります。

 

プロミスの無利息期間はどうなっているの?

 

プロミスで無利息キャッシングサービスを受けるためには、プロミスの利用が初めてであり、尚且つEメールアドレスの登録を行ってWeb明細サービスを利用する手続きを行うことが条件とされています。

Eメールアドレスの登録とWeb明細サービスの利用登録という、二種類の登録を済ませる必要があるので、無利息キャッシングを享受するためには忘れずに手続きを行っておきましょう。

無利息期間については、初回出金日の翌日から30日間とされています。

アイフルやアコムが契約日の翌日から30日間となっているのに対し、こちらは利用日の翌日から30日間となっているので、契約してから数日後にキャッシングをする予定がある場合には、プロミスを選ぶことで、より合理的に無利息キャッシングサービスを利用することが出来るでしょう。

 

ノーローンの無利息期間はどうなっているの?

指差す男性

 

ノーローンの無利息キャッシングサービスについては、先に紹介した三社と比較して、その特性が大きく異なっているので、条件や特徴をしっかり把握することが重要になります。

 

ノーローンで無利息キャッシングサービスを受けるための条件は特に設定されていないので、契約者であれば基本的に誰でもサービスの享受ができます。

無利息期間については、借入日の翌日から7日間となっていて、借入日の8日目から利息が発生する仕組みとなっています。

 

先に紹介した3社の無利息期間が30日間ということを考えると、7日間という期間は極端に短いように感じられますが、ノーローンの無利息期間は借入金を完済した翌月には復活し、何度でも利用できるという大きな特徴があります。

つまり借り入れを行った同月中に完済をすることで、毎月7日間は無利息キャッシングサービスが利用可能となるのです。

短期のキャッシングを繰り返す人には最高のサービスだといえますね。

 

まとめ

 

大手消費者金融の多くが実施している無利息キャッシングサービスは、一見するとどの会社も同じサービスを提供しているように感じられますが、こうして比較してみると、各社によって大小様々な違いがあることがわかります。

また大手消費者金融期間だけでなく、最近では新生銀行カードローンレイクやジャパンネット銀行などの銀行も無利息キャッシングサービスの取扱を行っているので、それぞれの無利息期間の違いやサービス内容の違いなどをよく比較検討し、最も自分に適したサービスを選びたいですね。







同じカテゴリーの最新の記事