• カードローンスマイル

カードローンは勤続年数が短くても大丈夫?お金を借りたいときはどうするの?


カードローンを申し込みするときに気になることのひとつに、勤務先の情報があるでしょう。

そして、社会人なりたての人は、カードローンを申し込みするときに不利になると思いませんか。

また、転職をした人も、カードローンの申し込みで審査に通過するか心配のようです。

勤続年数というのはどのぐらい重要なのでしょうか。

 

 

カードローンの申し込みで勤務先の情報はなんのために利用する

カードローンの申し込みで勤務先の情報はなんのために利用する

カードローンを申し込みして、審査に通過するとお金を借りることができるようになります。

そして、カードローンの申し込みをする人が気になるのが、審査の内容でしょう。

カードローンの審査は、主に2つの項目を重点的にチェックがされるかと思います。

ひとつはよく知られている、個人信用情報です。

現在の借金の状況、過去の借金の返済状況などを調べられて信用力がある人かどうかを確認されます。

延滞をしたことがあるか、代位弁済を受けたことがあるか、自己破産をした経験がないかなどを調べられるでしょう。

この、個人信用情報は、とても重要な情報になります。

 

次に大事な情報として、勤務先の情報があるでしょう。

勤務先の情報がなぜ大事なことかといいますと、お金を貸してしっかりと返済をしてくれる収入があるかどうかというのは、金融機関にとって非常に重要なことになります。

お金を貸したけど、返ってこないでは困ってしまいますよね。

そのため、勤務先の確認は丁寧に行うでしょう。

在籍確認も勤務先に偽りがないか確認するひとつの手段です。

収入が安定していなければ、安心してお金を貸すことはできませんよね。

自分がお金を貸す立場になると、なぜ勤務先が重要なのかはっきりと分かるのではないでしょうか。

勤務先をみて、人を優秀かどうか、世間的に判断をする人もいるでしょう。

実際はどうなのかは別として、社会的に信用力があるという勤め先が存在するのは事実です。

大事なお金を貸してくれるわけですから、お金を貸す銀行がどのような収入体系になっているのか、調べることはとても自然なことになります。

 

 

勤続年数は意外と大事!新社会人よりアルバイトの方が有利ということは本当?

勤続年数は意外と大事!新社会人よりアルバイトの方が有利ということは本当?

勤務先の情報がとても重要であることは、ここで説明をしなくても分かっている人は多いでしょう。

先に話をしたように、お金を貸す側から考えると、収入がどうなっているのかというのは、とても重要な情報になります。

その収入を判断する情報として、勤務先の情報はとても重要でありますよね。

そこで働き始めて間もない人は、どのように判断がされるのでしょうか。

特に新社会人はどのようにみられるのか、考察をしました。

 

新社会人は会社になれるまで、色々と大変な思いをすることでしょう。

また、働いてみたものの、自分で考えていたものと違うということはよくあることです。

人間関係、仕事の内容、仕事の質、仕事の量などによって、安定してその職場に居続けられるか不安定な要素があります。

学生気分が抜けないうちに、社会の洗礼を受ける人もいますし、学生生活と色々と異なることがでてきますので、仕事についていけないという人もいるようです。

そこで、新社会人がカードローンを申し込みすると、どうなるのでしょうか。

実際の審査の現場では、勤務先の情報が優位性が得るには少し時間が必要です。

学生のころにカードローンを利用した経験がないか、クレジットカードを申し込みしていないかなどが重点的にチェックがされると想像ができます。

ここはあくまでも、想像での話になります。

それは、金融機関で審査内容を公開していないからです。

 

カードローンを利用していなければ、無駄遣いをするような人ではないと判断ができます。

また、クレジットカードを作っていたとしても、しっかりと返済をしていれば良い評価をしてくれるでしょう。

あとは勤め先に将来性があるかどうかを判断して、様子見で限度額を小さめにして審査が通ることが多いのではないでしょうか。

長年同じところで働いているアルバイトであれば、社会的にも仕事に責任感があるとみられますので、収入に見合った限度額がでる可能性はあるでしょう。

ただしアルバイトの場合は上限が50万円となっているところが多いでしょう。

 

 

勤続年数はどのくらいが目安?長く勤めれば信用力があがる

勤続年数はどのくらいが目安?長く勤めれば信用力があがる

勤続年数は短いと不利になるという話をしました。

実際に各金融機関のコールセンターについて話を聞いてみたのでその話を元に考察していきます。

あくまでも総合的に判断をしてということになりますが、2ヵ月分の給与明細が必要であるというところがありました。

総合的判断というのは、どこの金融機関でも同じことかと思います。

勤続して1年を経過すると、審査が通過しやすくなるといわれていますが、まずは3年を考えておくと良いのではないでしょうか。

消費者金融では、1年おきに審査をお願いすると、限度額や金利の見直しを行ってくれるという話を聞きました。

したがって、収入の明細などを送付して、定期的に審査をしてもらうのもいいかも知れません。

 

なお、再審査のときには同じところに変わらず勤務していれば、在籍確認をしない場合が多いようです。

延滞などをしていなければまずは在籍確認について心配をすることはないところもあったのです。

そして転職をした場合では、カードローンを申し込みした段階での審査になるため、利用状況に問題がなければ、転職をしたとしても影響がない金融機関が多く存在しました。

ただし、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行など在籍確認をするところもあるようです。

主に銀行の場合は、転職の情報よりも、利用履歴を重要視するように個人的には感じました。

カードローンの申し込みをしたときに、審査に通過してれば、転職をしてもなんらカードローンには影響がないようでした。

ただし、多くの消費者金融では再審査をする可能性があり、注意の必要があるようです。

オリックス・クレジットでは、2ヵ月の給与明細の提出があるまで、カードローンの出金停止になるという厳格な取り扱いをしていました。

 

 

アルバイトでも勤続年数は考慮される!主婦でもアルバイトをしていると有利

アルバイトでも勤続年数は考慮される!主婦でもアルバイトをしていると有利

アルバイトでも、勤続年数は考慮がされるようです。

学生などのアルバイトは、勤続年数はあまり関係がないでしょうが、成人してからのアルバイトは職探しの途中のアルバイトであるかどうかは、勤続年数をみれば分かるでしょう。

また、カードローンは専業主婦は申し込みできないところもあります。

そこで、主婦でもアルバイトや短時間のパートなどで働いていると、カードローンの申し込みではいい影響がある可能性があります。

 

全く無収入よりも、毎月決まった収入があれば、カードローンの申込先の幅も広がりますし、選択肢が多くなることでしょう。

特に消費者金融は、総量規制というものがあります。

総量規制とは、自分自身の所得の3分の1までしか、消費者金融と信販会社のカードローンを、合計で利用することができないと制限されている法律です。

アルバイトやパートで働いていれば、この総量規制を気にすることなく、消費者金融のカードローンも利用可能となるでしょう。

 

 

新たな職の場合は2ヵ月の所得明細が必要になるところもある

新たな職の場合は2ヵ月の所得明細が必要になるところもある

先ほど話をしたように、転職をした場合2ヵ月分の所得を証明できなければカードローンを利用できないとしているところがありました。

それはオリックス・クレジットです。

ここまで縛りはないものの、新社会人や転職組は、年収を証明することができません。

したがって、お金を借りるには信用力が足りないことになりますが、まずは辛抱して信用力をあげるように頑張っていきましょう。

1ヵ月の所得を12倍にしてみてくれるところもあるのですが、あくまでも見込み年収です。

 

したがって、もしカードローンを作ることができた場合に1年経過をしたら、源泉徴収票などを金融機関に提出をして、限度額などの再審査をしてもらってもいいかも知れません。

新たな職場で働くということは、社会的にそれなりのリスクを背負うことになります。

また、今まで築き上げてきた信用を、白紙に戻して一から築き上げていくことになりますので、お金を借りている人は信用力についても考えておきましょう。

勤めて3年も経過すれば、収入を証明することができますし、金融機関に申告した勤務先の情報を元に、総合的な審査で不利に働くことが少なくなるかも知れません。

まずは働き始めたら、生活基盤をしっかりと作っていくことが大事になります。

お金についても、出費についてはリスクを考えて、極力必要最低限にしておきましょう。

 

 

お金を借りるときに個人事業主は不利になる?会社員と何が違う

お金を借りるときに個人事業主は不利になる?会社員と何が違う

お金を借りるときには、個人事業主よりも、会社員の方が有利といわれています。

それはなぜでしょうか。

会社員は自分の体を壊しても、有給などを利用して、多少の休暇でも収入に影響することはありません。

また、働いているところが倒産をしない限り、決まった収入が入ってくるでしょう。

しかし、個人事業主はこのようなことにはいきません。

自分の体に何かあれば、1日でも休むと収入に影響してきます。

経営がうまくいかなければ、資金繰りも厳しくなるでしょう。

収入は個人事業主本人の資質と、健康管理が土台にあって決まってきます。

したがって、毎月同じ収入が保障されているかというと、そのようなことはなく、浮き沈みがあってもおかしくはないのです。

個人事業主でも、3年も過ぎればある程度の収支が正確になるでしょう。

3期分の申告書を金融機関に提出することによって、信用力はあがるでしょうが、税金のことを考えて、個人事業主は収入を減らしている可能性もあります。

したがって、お金を借りるときには不利になることがあるので注意をしてください。

 

 

スキルアップで転職をした人は?金融機関では事実が分からない

スキルアップで転職をした人は?金融機関では事実が分からない

たとえスキルアップで転職しようが、金融機関ではその事実を知り得ません。

したがって、転職をした人はスキルアップで転職をした人であっても、失業により転職をした人でも、どちらで転職をしたのか金融機関ではその事実を知ることができないでしょう。

しかし、所得をみればその差はでてくると思いますので、1年も経過するとカードローンの審査に通過しやすくなる可能性があります。

 

なお、カードローンを利用している途中で転職した場合はどうなるのでしょうか。

銀行系のカードローンの場合は、先ほども話をしましたが、あまり関係がないところが多いようです。

銀行系の場合は、保証会社が審査をして保証をしてくれていれば、お金を貸してくれます。

したがって、勤務先が変わったとしても、延滞などをしたことがなければそのまま利用ができることが多いでしょう。

転職をしたからといって、すぐに返済を求められるということはありません。

ただし、消費者金融などは、再審査で限度額が減額されるとか、出金停止にされるといった可能性もあるようです。







同じカテゴリーの最新の記事