• カードローンスマイル

カードローンは事業性資金を利用できない?消費者金融を上手に使う!


カードローンはお金の使い道が自由な便利なカードですが、一点だけ気を付けなければいけません。

それは事業性資金でお金を借りてはいけないことです。個人事業主はこの点だけ気を付けてください。

事業用と、個人用の分別を付けてカードローンを利用しましょう。

事業性カードローンは手続きが簡単な消費者金融がお勧めです。

 

 

カードローンには個人用と事業者用がある!事業主は使い分けなければいけない

カードローンには個人用と事業者用がある!事業主は使い分けなければいけない

カードローンと言うと一般的には個人用のものの話をしています。

しかし、カードローンには個人用と事業用のふたつが存在するのです。

これはお金を使う目的が異なり、その目的応じて利用をすることになります。

カードローンはなににお金を使ってもいいため、気軽に利用ができるとても便利なローンです。

利用目的がなにに利用をしてもいいのに、利用目的に応じて使い分けなければいけないというのは話が矛盾していると言われるかも知れませんね。

実はカードローンはお金の使い道が自由と行っても、ひとつだけ条件があるのです。

それは事業用の支出のためにお金を使ってはいけないのです。

これに違反をすると全額返済を求められて、カードローンを解約しなければいけません。

 

そのため事業用にお金を利用してもいい、事業者用のカードローンが存在します。

事業者用のカードローンであれば、事業のためにであればお金の使い道は問われません。

したがって個人事業主がカードローンを利用する場合は、通常のカードローンと事業者用のカードローンを別々に保有する必要があるでしょう。

事業用でカードローンを使わないというのであれば、個人用のカードローンだけを保有すればいいのですが、事業融資を銀行から借りるには手続きが色々と面倒になります。

お金を借りる度に必要な書類をそろえるなど、手続きが非常に面倒なためちょっとした資金不足には、事業者用のカードローンを持っておくと便利かもしれません。

収支のズレが発生する事業者の人には、事業者用のカードローンはとても利用価値のある商品と言えるでしょう。

 

ビジネスローンで審査基準の甘いところって実際ありますか?
零細個人事業主です。そのため銀行の事業融資の審査通過には自信がありません。


銀行の金利の方が安いかもしれませんが、背に腹は変えられない状況なので、まずは融資獲得を優先します。

短期的な借り入れで返済できる予定です。

複数ありましたら、比較できればうれしいです。


個人のクレジットカードは使えますが、総量規制にかからないビジネスローンでまずは。。と考えております。

よろしくおねがいします。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14159684394

 

 

銀行系の事業者カードローンは申し込みできない業種がある

銀行系の事業者カードローンは申し込みできない業種がある

銀行系に事業者カードローンというものがあります。

これは保証協会保証のカードローンで、毎年保証料を支払う必要があるのです。

また、定期的に印鑑証明書の提出しなければいけないなど手続きにも面倒なところもあるでしょう。

利用をしなくても保証料を支払わなければいけないため、維持費が掛かるうえ利用をしたときに利息を支払わなければいけないので決してお得とは言えないカードローンになります。

また事業についてもほとんどの業種で利用できるとされているものの、一部利用ができない業種もあり取り扱いに面倒なところがあるでしょう。

(参考:東京信用保証協会公式ホームページ http://www.cgc-tokyo.or.jp/pdf/cgc_taisyougai-list-h25.pdf

 

銀行系の事業者用のカードローンは金利は低いのですが、維持費も掛かり手続きが面倒でありますが、それでも利用している人はいるのは間違いがありません。

ひとつのメリットと言えるのは、個人信用情報に情報が登録されないと言うことかも知れません。

完全に事業用のお金として利用するため、個人信用情報に登録される融資の対象外となる商品です。

一年間に利用する頻度が少ないのであれば、わざわざ保証料を支払うのももったいないですし、頻繁に利用をするのであれば便利な商品と言えます。

ちょっとした収支のズレによる運転資金が足りなくなる場合や、設備資金としてもそれほど高額なものではないときに、お金を借りようと考えた場合は事業者カードローンは便利と言えるでしょう。

なお銀行系の事業者カードローンにも数種類の商品があります。

そのなかには平均月商3ヵ月以内の金額が、利用限度額として申し込みできる上限となるものもありますので、よく商品概要をみて申し込みをすることがお勧めです。

 

 

信販系のクレジットにキャッシング機能を付ける手もある

信販系のクレジットにキャッシング機能を付ける手もある

クレジットカードにも事業者用のクレジットカードがあります。

普段利用しているクレジットカードを事業用で利用をするとやはり全額返済を求められることがありますので注意をしてください。

申告をするときにも明細が事業用に分かれていると、帳簿を付けるときにもとても便利な事業用のクレジットを一枚作っておくことをお勧めします。

年会費が掛かりますがそれほど高額ではありませんので、作っておいて損はないでしょう。

 

そこでそのクレジットカードにキャッシングの機能を付けておくと、カードローンとしても利用ができますので便利かも知れません。

クレジットカードとキャッシングは別々にしておくのが本来はいいと思います。

クレジットカードを事業者用のものを作って、カードローンは別に事業者用のものを用意することがお勧めです。

クレジットカードとカードローンは、商品の購入だけで済む場合と、現金が必要なケースと利用する目的に合わせて使い分けをできるようにしておくことがお勧めです。

したがってクレジットカードとカードローンは別々のものにしておくのがいいでしょう。

その理由は、信販系のクレジットカードはカードローンと一緒のカードにできるとメリットはあります。

そこであえて2枚持ちにしたほうが限度額を気にせず利用ができるので便利ではないでしょうか。

 

 

消費者金融系は申し込みが簡単で資金使途自由!アコムはお勧めの1枚!

消費者金融は銀行系のカードローンよりも申し込み手続きが簡単というメリットがあります。

ただし消費者金融の会社によっては、お金の使い道が事業性に限られているところもありますので注意をしてください。

そこでお勧めなカードローンがアコムになります。

アコムのカードローンは普通に作っても、お金の使い道が自由です。

金利は決して安くはないのですが、アコムのカードローンは手軽な一枚と言えるでしょう。

そして普通のカードローンとは異なる、アコムのビジネスサポートカードローンもやはりお金の使い道が自由となっています。

 

ビジネスローンのため事業者が利用するカードローンですが、個人用のお金としても利用できるのです。

では普通のカードローンと、ビジネスサポートカードローンはなにが違うのでしょうか。

異なる点は利用限度額になります。

消費者金融は総量規制の対象となっていますが、このビジネスサポートカードローンは総量規制の対象となりません。

総量規制とは年収の3分の1までしか、消費者金融と信販系のカードローンを合計で利用できないとされている法律です。

消費者金融のカードローンでありながら、このアコムのビジネスサポートカードローンは、総量規制の対象となりませんので便利な一枚です。

アコムのビジネスサポートカードローンは、個人事業主にはお勧めの1枚となるでしょう。

 

プロミスの自営者カードローンは資金使途自由!使いやすさではお勧め!

プロミスの自営者カードローンは資金使途自由!使いやすさではお勧め!

アコムのほかにプロミスの自営者カードローンもお勧めです。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は三井住友フィナンシャルグループの消費者金融で、ローン契約機により申し込みができて、即日融資ができるのが特徴になります。

プロミスは実質年率が18.0%多い消費者金融のなかでは、17.8%と実質年率が若干安くなっているでしょう。

そのプロミスで発売している自営業者専用のカードローンが、自営者ローンです。

このカードローンも利用目的が個人用でも、事業用でも利用可能となっているのでとても使いやすいカードローンと言えます。

プロミスのカードローンは即日融資も受けられ、資金使途が本当の意味でフリーなのです。

 

個人事業主は生活用の資金か、事業用の資金か分別をしないで利用をしてしまうことが必要になるでしょう。

そんな人にはこのプロミスのカードローンは使いやすさから言うと、とても便利なカードローンと言えます。

消費者金融のカードローンは、銀行系のカードローンより使いやすさでは秀でていると言えるのです。

また金利も使い続けることにより、引き下げをしてくれる可能性があります。

申し込みが手軽、自由度が高い、金利もお得になっていくと言う特徴があるでしょう。

消費者金融と言うとあまりイメージが良くないのですが、決して悪いものではないので使い方によってはお得なカードローンと言えます。

そのなかでも、アコムとプロミスのカードローンは消費者金融のなかでもお勧めの商品です。

 

総量規制の対象にならない事業者用のカードローンは消費者金融が使いやすい!

消費者金融を利用するときに気を付けなければいけないのが貸金業法です。

貸金業法のなかでも、先ほど話をした総量規制はとても重要な法律となっています。

消費者金融と、信販会社のカードローンはこの総量規制の範囲で限度額が決められるわけですが、事業者用のカードローンは対象外となっているでしょう。

したがって、個人用のカードローンとは別枠で申し込みが可能となるのです。

ただし申告書の提出が必要になるので、ちょっと手続きが面倒ですが、銀行系のカードローンよりも気軽に申し込みできます。

手軽に申し込みができ、アコムやプロミスのようにお金の使い道が自由という大きな特徴があるでしょう。

カードローンを利用する人にとって消費者金融は使いやすい商品となっています。

 

カードローンを使うときに個人用で使用するのか、事業用で使用するのか迷わずに利用が可能です。

ただし税務申告をするときにしっかりと仕分けできるように工夫をしておかなければいけません。

個人用で利用したものについては、経費対象外となりますので、カードローンの利用残高=経費とはなりませんので管理をしっかりとしましょう。

あまり大きな金額を利用しない人にとっては、消費者金融の事業者用カードローンはお勧めと言えます。

銀行系の事業者カードローンもいいのですが、手続きの面で言うと手軽な消費者金融のカードローンはとても便利な商品です。

イメージだけで商品を選ばない様に気を付けましょう。







同じカテゴリーの最新の記事