• カードローンスマイル

カードローは自営業でも申し込み可能?消費者金融にオススメ商品がある


カードローンは個人用と、事業者用があります。

ここで気をつけなければいけないのが、自営業の人がカードローンを利用する時に、お金の使い道によってカードローンを使い分ける必要があると言うことでしょう。

自営業の人は個人用も、事業者用も申し込みをすることが可能です。

事業者カードローンについてまとめました。

 

 

一般的に発売しているカードローンは個人用!

一般的に発売しているカードローンは個人用!

銀行や消費者金融のCMで宣伝しているカードローンは、個人用のカードローンです。

給与所得者をメインに、自営業者でも利用ができるカードローンになります。

お金の使い道は自由とされているのですが、自営業者は気をつけなければいけません。

カードローンの注意点として、事業用の資金として利用をしてはいけないとされていることがあります。

お金の使い道が自由というのは、あくまでも個人用として利用する時の場合で、事業用に利用をしてはいけないのです。

万が一事業用にカードローンを利用すると、規約違反になるため一括返済を求められることがありますので気をつけましょう。

 

カードローンを利用する時に、いちいちお金の利用目的を聞かれる訳ではありません。

事業用に利用したとしても知られる可能性は低いのですが、万が一のことを考えて利用目的は守ることをお勧めします。

自営業者がカードローンを利用する時には、一般的なカードローンのほかに、事業者用のカードローンを作って利用をしましょう。

個人用のカードローンは賭博、借金の返済、生活費など利用目的は関係なく、自己責任によりお金を借りることができます。

しかし事業者用の経費に利用をすることはできませんので、このことだけはしっかりと覚えておきましょう。

 

自営業者は生活・趣味で利用するのか事業のために利用をするのか分別する

先ほども話をしたように一般的なカードローンは、生活資金や趣味で利用をすることになります。

自営業者が事業用でカードローンを利用する時には、事業者カードローンを作らなければいけないでしょう。

生活用に利用する一般のカードローンと、事業用の資金のために利用する事業者カードローンを準備する必要があるのです。

事業用のカードローンは、個人の生活・趣味などには利用してはいけません。

やはり個人用のお金として借りた場合には、利用規約違反になりますので、知られてしまった場合は全額返済を求められるでしょう。

 

資金繰りなどでお金が必要な自営業者は、事業者カードローンはとても便利ではないでしょうか。

短期の資金繰りでお金が一時的に不足する度に、銀行の窓口にって手形を切ってもらったり、手形を割り引いてもらったりでは面倒です。

自営業者の人は売り上げの入金がされてくるまでの期間と、仕入れの支払いまでの期間がずれていることが多く立て替え払いをしなければいけない時がよく発生します。

収入の入金が2ヵ月後で、仕入れの支払いが1ヵ月後と言った具合に1ヵ月の間、お金を立て替えることがしばしば発生するでしょう。

この収支のズレを解消するために、収入までの間にお金を借りて対処をすると言うことをします。

その借金を事業者カードローンですると、銀行の窓口で手続きをする手間が省略できるため、とても便利ではないでしょうか。

この事業者カードローンと、個人用のカードローンの利用については利用方法をしっかりと分別する必要があります。

個人用でお金を使う時に事業者用を、事業用のお金を使う時に個人用のカードローンを使うなど、混同をしないように注意をして利用をしてください。

 

 

銀行系の事業者カードローンは保証料が掛かる

銀行系の事業者カードローンは保証料が掛かる

事業者用のカードローンにも銀行系、消費者金融系、信販系とあります。

銀行系の場合は、所在する都道府県の信用保証協会が保証をする、事業者カードローンに申し込みすることになるでしょう。

商品によっては、月収の3倍までしか限度額を申し込みできないものもあります。

また印鑑証明書の提出や、申告書の提出が必要で、申し込み手続きの種類も数多く記入をするのも大変です。

申し込み手続きも面倒なのですが、費用として金利のほかに保証料が掛かります。

事業者カードローンを使わなくても、限度額に応じて保証料を支払わなければいけません。

クレジットカードで言うと、年会費みたいなものが取られることになります。

 

ただしクレジットカードの年会費よりも高額になることがありますので、あまり使用をしない人であれば銀行系の事業者用のカードローンは注意が必要かも知れません。

保証料が掛かるほかも保証協会の保証を得られない業種もありますので、銀行の事業者カードローンは色々と制約があります。

手間もお金も掛かる銀行系の事業者カードローンは、たとえ金利が安くても保証料が年間でいくら掛かるのかしっかりと確認をして申し込みをするといいでしょう。

同じ信用保証協会を利用していても、金融機関によって金利が異なりますので、複数の金融機関と取り引きをしているのであれば金利を見比べてみるといいかもしれません。

そして利用頻度を考えて、保証料を払っても割が合うかどうかを考えるといいのではないでしょうか。

 

 

消費者金融のカードローンでも総量規制を気にすることがない

総量規制というものがありますが、消費者金融と信販会社のカードローンを利用する時に気をつけなければいけないものです。

双方の利用限度額合計が、年収の3分の1までとされています。

消費者金融のカードローンは、この総量規制を気にしなければいけないのです。

しかし、消費者金融のカードローンでも事業者用のものは、総量規制を気にすることなく、申し込み可能となっています。

消費者金融のカードローンでも、総量規制を気にすることなく、申し込みができるのは便利でしょう。

 

申し込みの時に過去のカードローンの履歴等を確認されますが、延滞をすることなくカードローンを問題なく利用している人であれば審査に通過する可能性が高いのではないでしょうか。

申し込み手続きも書類が必要であるものの、銀行の事業者カードローンよりも手軽に申し込みができるので、気軽に利用ができるカードローンです。

金利は高いのですが銀行系の事業者用カードローンと違い、保証料なども必要がありません。

長く利用をすることで金利も引き差が審査をおこなってくれますので、消費者金融のカードローンでも低い金利で利用ができます。

総量規制というのはあくまでも、個人用の借金を対象としたもので、事業用に借金をしたものは対象外となるのです。

 

 

アコムは資金使途が自由!使いやすいカードローン

アコムは資金使途が自由!使いやすいカードローン

消費者金融の中でも、アコムのカードローンは正真正銘の資金使途が自由な商品です。

個人用のカードローンを申し込みしても、生活費・趣味意外でも自営業者であれば、事業性資金としても利用可能となっています。

ただし総量規制の対象となりますので、利用限度額は限られてきてしまいますので注意をしてください。

利用目的も本当になにに利用してもよく、手軽に申し込みできるアコムのカードローンはお勧めなカードローンと言えるでしょう。

なおアコムのカードローンに、ビジネスサポートカードローンと言うものがあります。

これは事業用のカードローンなのですが、やはりお金の使い道はなにに利用をしても大丈夫とされています。

 

普通のカードローンと、ビジネスサポートカードローンはなにが違うのかと言うと、利用限度額が送料岸の対象となるか、総量規制の対象とならないかの違いです。

総量規制の範囲外でお金を借りたい場合は、ビジネスサポートカードローンに申し込みすることになるでしょう。

ただし金利は個人用のカードローンのほうが、低くなる可能性がありますので、あまりお金を借りない人であれば個人用のカードローンを利用したほうがお得になります。

アコムのカードローンは申し込みも手軽で、利用目的も自由な商品です。

金利を経費としないのであれば、自営業者はアコムのカードローンを利用しても問題ないでしょう。

手軽で便利なアコムのカードローンはお勧めカードローンの1枚です。

 

プロミスも生活資金・事業資金の分別が必要ない!

アコムと同じ消費者金融で、プロミスの事業者用のカードローンもお勧めです。

プロミスは消費者金融で一番低い実質年率の17.8%となっています。

消費者金融は18.0%の金利になっているところが多い中、プロミスは若干ではありますが金利が低いのです。

大きな金額を動かす可能性がある自営業者の人は、少しでも金利が低いほうがいいでしょう。

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は三井住友フィナンシャルグループの消費者金融ですが、ローン契約機により申し込みができます。

即日融資をしてくれる金融機関としてお勧めなカードローンです。

そのプロミスで発売している自営業者専用のカードローンが自営者ローンになります。

 

アコムのカードローン同様に、利用目的が個人用でも、事業用でも利用可能ですので使いやすいカードローンと言えるでしょう。

個人事業主は生活用の資金か、事業用の資金か分別をしない場合があります。

あとで申告の時に仕分けをする人は、プロミスのカードローンはとても便利なカードローンです。

消費者金融のカードローンは、銀行系のカードローンより使いやすいかもしれませんね。

申し込みが手軽、自由度が高いと言う特徴がある消費者金融のカードローンは便利ではないでしょうか。

消費者金融の中でも、アコムとプロミスのカードローンは消費者金融の中でもお勧めの商品です。

 

申告の時には気をつけよう!経費にできるものをしっかりと把握する

申告の時には気をつけよう!経費にできるものをしっかりと把握する

申告で気をつけなければいけないのが、経費とするレシート類でしょう。

経費として認められるものかどうか、しっかりと確認をすることが大事になります。

またカードローンを事業者用と、個人用に分けていない自営業者の場合は、カードローンの明細を見ただけでは分別することが不可能でしょう。

お金を使う段階でしっかりと経費とすることを決めていないため、後日レシートなどを見て判断をするしかなくなります。

また個人用と事業用のものを一緒に使っているカードローンの場合は、利息も事業用に掛かった経費と見なる部分を自分で計算をしなければならず手間が掛かるでしょう。

利息の計算ができない人は、経費に見ることができなくなりますので、カードローンは個人用と事業用を分けて利用することが作ることをお勧めします。







同じカテゴリーの最新の記事