• カードローンスマイル

金利が安いおすすめのおまとめローンって?代表商品を紹介!!


おまとめローンは、幾つもあるローン残高をまとめることで、返済管理の負担を減らすことが出来る点に大きな特徴を持つ目的ローンですが、もしも借り換え元のローンよりも低い貸付金利のおまとめローンへとおまとめができれば、返済管理の負担をだけでなく、利息の負担も減らすことが出来る可能性が高くなります。

そのためおまとめローン選びをする際は、できるだけ低金利のものを選ぶようにするのが重要となるのですが、金利が安いおまとめローンとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

代表商品を紹介していきます。

 

 

銀行系カードローンと専用のおまとめローンはどちらが低金利?

ホワイトボード

 

まずは、銀行のカードローンをおまとめローンとして利用する場合と、貸金業者が取り扱う専用のおまとめローンとはどちらが低金利なのか、ということ等について解説をしていきます。

 

単純に金利面だけのことを言ってしまうと、貸金業者が取り扱っている専用のおまとめローンよりも、銀行のカードローンをおまとめローンとして利用するほうが、低金利で契約できる可能性高いと考えられます。

もちろん、専用のおまとめローンも貸金業者が取り扱っている一般的なカードローン・キャッシングサービスなどと比較すると、特に上限金利では優遇されているケースが多いのですが、比較対象が銀行のカードローンとなると、部は悪くなります。

 

但し、気をつけなければならないこととして紹介したいのが、低金利の商品であれば必ず支払う利息が少なくて済む、というわけではないこととなります。

如何に低金利のローン商品であったとしても、毎月の約定返済額が低く、完済までに長期間を要する商品設計となっている場合には、高金利だけれども完済までの期間が短期間の商品よりも、総支払額が多くなってしまうことがあるのです。

 

従って、おまとめローン商品選びをする際には、金利が安い商品を選ぶことも重要ですが、完済までの期間がどのようになっているのか、ということも併せて確認しておくことが、総支払額を節約するために、非常に重要である、といっても言い過ぎではないのです。

 

銀行のカードローンは、低金利でありますが、毎月の約定返済額が比較的少額に設定されているケースが多くなっています。

銀行のカードローンをおまとめローンとして利用する場合には、完済までにかかる期間や随時返済がし易いかどうかなどを確認しておくと良いでしょう。

 

 

金利が安いおすすめのおまとめローンを紹介!!

赤いメガホン

 

引き続いて、金利が低い上に、比較的短期間での完済を目指せる、おすすめのおまとめローン承認費就いて、具体的に詳しくみていきましょう。

 

・レイクのカードローン

新生銀行カードローンレイクのカードローンは、金利が年4.5%から年18.0%(2017年1月29日現在)となっていて、レイクを利用が初めてであれば一定期間金利ゼロでの借入ができるので、特にレイクのサービスをまだ利用したことがないという人には、おすすめのおまとめローンとなります。

 

またレイクのカードローンは、提携ATMの利用手数料が無料となっているので、コンビニATM等から気軽に随時返済ができるという絶対的な強みを持っています。

 

 

まとめ

 

おまとめローンを契約して、ローンをまとめる場合、貸付金利が低い商品を選ぶことはもちろん大切ですが、それに加えて、短期間での完済がし易い設計の商品を選ぶことも重要となります。

貸付金利が低い上商品を契約し、短期間での完済を実現できれば、金融機関に支払う金利は相当に安く出来ると考えられまるのです。

 

逆に、もしも借入前のローン商品よりも高金利の商品や完済までの期間が長くなってしまうようなローン商品へおまとめをしてしまった場合には、支払い金利の負担が増加をする恐れもあるので、気をつけて商品選びをすることが重要だといえるでしょう。

 

自分に合った適切なおまとめローン商品契約して、賢く返済をしていきたいですね。







同じカテゴリーの最新の記事