• カードローンスマイル

出産費用はいくらかかる?利用しないと損な公的な補助制度とは?


出産は大変おめでたい、人生の一大行事です。だからこそ色々な検査や入院など、

費用がかかる場面は様々ありますが、実際どれくらいかかるものなのでしょうか?

 

生まれてくる赤ちゃんのために、お金には余裕を持っておきたいものです。

今回は出産費用とそれを補助する公的扶助を、まとめて解説していきます!

 

 

費用は思わぬところにも。

平均的な出産費用は、およそ50万円!

出産にかかる費用に驚くイメージ

 

出産費用と聞いて真っ先に思いつくのは、「検査」「入院」「分娩」の三つではないでしょうか?

これらの項目は、出産費用の中でも大きな割合を占めているのは間違いありませんが、

これ以外にも様々な場面で費用が必要になります。

 

以下は、厚生労働省発表の「正常分娩分の平均的な出産費用について」というデータです。

項目

平均値

中央値

入院日数

6

6

入院料

112,504

102,000

室料差額

16,008

0

分娩料

249,603

244,000

新生児管理保育料

50,752

51,500

検査・薬剤料

12,905

10,000

処置・手当料

14,301

5,500

産科医療補償制度

15,884

16,000

その他

27,657

18,050

妊婦合計負担額

499,615

488,440

※正常分娩分の平均的な出産費用について(病院、診療所、助産所の合計)

※2017/3/14現在

 

意外と色々な項目があるものですよね。

これらがどのような出費なのか、一つずつ見ていきましょう。

 

①入院料

平均の入院日数は6日となっていますので、一泊あたり約19000円の計算になります。

 

②室料差額

入院中の病室を個室にした場合の費用です。大部屋でも構わないのであれば、この費用はかかりません。

 

③分娩料

分娩の際の処置費用です。内訳の中でも最大を占める、納得の項目ですよね。

 

④新生児管理保育料

生まれた赤ちゃんを保育するための費用です。分娩料、入院料に続く高額費用ですので、

必ず計算に入れておきましょう。

 

⑤検査・薬剤料

母子に対して行われる検査、投薬の際の費用です。

 

⑥処置・手当料

出産前後の処置全般に関する費用です。出産直後の子宮の出血を防ぐ処置など、様々な費用が含まれます。

 

⑦産科医療補償制度

出産時のトラブルによって赤ちゃんに重度の脳性麻痺が残った場合、

家族をサポートするための補償制度の掛け金です。

 

⑧その他

お祝膳、記念品など、分娩とは直接関係のないサービスに関する費用です。

医療機関によりますが、基本的には不要であれば断ることができます。

 

事前に詳しく知っておこう!

新たな命をサポートする公的扶助の数々

赤ちゃんと母親の様子

 

前述のとおり、出産にかかる費用はかなりの額に上ります。

しかし、そんな妊婦さんのために国から様々な公的扶助が用意されていますので、

できる限り利用しましょう。

 

①出産手当金(健康保険加入が必要)

出産のために会社を休んだ場合の手当です。

月給を日割りした日給の3分の2の金額が、

出産日の42日前から出産日翌日以降56日までの範囲で、

給与の支払いがなかった期間のみ支給されます。

 

②出産育児一時金(健康保険加入が必要)

健康保険が効かない出産費用の負担軽減を目的にした制度です。

一児につき、一律42万円が支給されます。

 

③出産費用貸付(健康保険加入が必要)

出産育児一時金の支給前に、無利子で8割まで前借りできる制度です。

出産育児一時金から返済することになります。

 

④高額医療費控除(健康保険加入が必要)

一世帯で年間10万円以上の医療費が発生した場合、確定申告で一部が還付金として戻ってきます。

 

⑤高額療養費制度(健康保険加入が必要)

1ヶ月間での医療費が高額になった場合、自己負担限度額を超えた額が払い戻される制度です。

自己負担限度額は、以下のように年齢・年収によって異なります。

 

所得区分

ひと月あたりの自己負担限度額

年収約1,160万円~

 健保:標準報酬月額83万円以上

 国保:年間所得901万円超

252,600円+(医療費-842,000円)×1%

年収約770~約1,160万円

 健保:標準報酬月額53万円~83万円未満

 国保:年間所得600万円超~901万円以下

167,400円+(医療費-558,000円)×1%

年収約370~約770万円

 健保:標準報酬月額28万円~53万円未満

 国保:年間所得210万円超~600万円以下

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

年収~約370万円

 健保:標準報酬月額28万円未満

 国保:年間所得210万円以下

57,600円

住民税非課税

35,400円

(厚生労働省保険局 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000075123.pdf

※2017/3/14現在

 

⑥育児休業給付金(雇用保険加入が必要)

育休期間中、赤ちゃんが1歳になるまで雇用保険から給付金が支給されます。

育休開始日から180日目までは月給の67%、それ以降は月給の50%が支給されます。

 

⑦社会保険料の免除

産前休業開始月から、産後休業終了予定日の翌日の月の前月まで、

社会保険料が免除される制度があります。詳しくは下記の表をご覧ください。

産前休業開始日

産後休業終了予定日

産後休業終了予定日の

翌日の月の前月

社会保険料免除期間

6/25

9/30

9月(翌日10/1の前月)

6月~9月

6/24

9/29

8月(翌日9/30の前月)

6月~8月

 

今回は出産にまつわる出費・公的扶助を紹介してきました。

この記事によって出産への不安・疑問が解決されれば幸いです!

 







同じカテゴリーの最新の記事

  • 入院費・手術費が払えない!未払いのまま退院できるのか

    突然の入院や手術で医療費がかかってしまったのに支払いに必要なお金がない、そんなときはどうすればいいでしょうか。 すぐには払えないけれど後から支払いをする場合は、医療費は支払わずに退院することができるのか、今回は未払いの医療費の支払いに...


  • 親を介護するお金も時間もない時の裏ワザ

    仕事に追われ家事に追われ、それに加えて親の介護もしなければならない。 介護をする側はお金や時間など自分の生活を犠牲にして介護をしているのが現状です。 しかし、お金や時間がない場合でも、介護を続ける方法があります。 今回は介...


  • 親の医療費で突然大金が必要に!入院した時の対処法

    いつまでも若く元気だと思っていた両親が、突然病気やけがで入院してしまったらあなたはどうしますか? 何の準備もないまま大切な家族が入院してしまい、さらに高額な医療費が発生すれば大慌てですよね。 今回は突然の入院でも慌てることがない...


  • 住宅購入vs賃貸・生涯コストで損をするのはどっち?

    住宅を購入すべきか、それとも賃貸の方がいいのか…ある程度の年齢に差し掛かると誰もが一度は考える問題かもしれません。 生涯コストを比較した場合には一体どちらが損をしてしまうのでしょうか? 今回は、住宅に関わる生涯コストの損得につい...


  • 住宅ローンの頭金に必要な金額の相場は?貯金でいくら残すのがベスト?

    夢にまで見たマイホーム購入…の際に悩むのが、住宅ローンです。 多くの方が家を購入するために住宅ローンを組みますが、「頭金はいくらが相場?」「残すべき貯金はどのくらい?」など、悩みがちですよね。 人それぞれ異なるとはいえ、目安を知...


  • 住宅ローンは年収の何倍までが正しい目安?無理なく返済する方法

    マイホームを購入する際、多くの方が住宅ローンを利用するかと思います。 借りる金額も大きいですし、どれくらい借りるのが目安なのかを事前に知っておきたいですよね。 ここでは、住宅ローンは年収の何倍までの金額を借りるのが目安なのか、ま...


  • 住宅ローンが払えなくなった時の対処法・家を守るためにできる事は?

    夢のマイホームを手に入れるための住宅ローンは、長期的に高額返済を強いられるものです。 仮に不慮の事故や病、リストラなどによって、返済計画が突然崩れてしまったとしましょう。 「延滞してしまったらどうなるのだろう」「家が奪われてしま...


  • 格安SIMで楽天モバイルが人気の理由|デメリットはないの?

    大手キャリアの通信費は本当に高いです。家族でスマホなどを持っていると毎月の支払いもバカになりません。 それに各種割引があまりにも多すぎて料金体系もよく分からず、どこをどう節約すればいいのか悩んでしまいませんか? そこで格安SIM...


  • iPhone買うならSIMフリー版がお得?!格安SIMで通信費を節約する方法

    「スマホの通信費=高いもの」という常識が、覆されつつあります。 docomo、au、softbankという三大キャリアに縛られることなく、それらの回線を借りることで通信費を節約できる格安SIMが人気を集めています。 ここでは、i...


  • 格安SIMの欠点はここ!乗り換え失敗と感じる3つのポイント

    毎月の通信費に頭を悩ませている方は多いと思います。 インターネットではよく「格安SIMを利用して通信費を抑えよう!」という記事や広告を見かけますが、正直なところ大手キャリアの端末と何がどう違うのか分からない方も多いのではないでしょうか...