• カードローンスマイル

急な出費の理由と必要になる額まとめ


私たちの日常生活の中には様々なリスクが潜んでおり、急な出費を強いられるケースも決して珍しいことではありません。

しかしながら、日常生活におけるリスクについて、頭の中ではわかっていても、特に新生活を始めたばかりという場合には、具体的にどのようなリスクがあるのかイメージすることが難しいと考えられます。

急な出費が必要となった場合でも慌てずに対処ができるように、突発に発生しやすい出費には具体的にどのような種類があるのかということや、どのくらいのお金が必要となるのかといった事などについて、紹介をおこなっていきます。

 

 

水のトラブル

シャワー

 

一般家庭のおける突発的なトラブルの代表例が、お風呂やトイレ、キッチン等の水のトラブルとなります。

水のトラブルはいつ起きるか分かりませんし、いざトラブルが起きたときには慌ててしまいがちです。

またトイレやお風呂やキッチンなどは基本的に毎日使用するものですし、すぐに修理が必要となるので、トラブルが生じたときには落ち着いてすぐに業者を呼んで修理をしてもらうようにすると良いでしょう。

 

水のトラブルの修理業者については、インターネットなどで簡単に見つけることができますし、土日祝日でも夜間でもすぐに対応してもらえるケースが殆どとなっています。

なお修理費用については、トラブルが起きた箇所や部品の交換具合などによって大きく異なり、キッチン蛇口のちょっとした水漏れなどであれば総額8000円程度タンク破損に起因するトイレの修理等の場合には総額3万円程度が相場料金となっています。

最も高いケースで概ね3万円程度の料金がかかることが想定される、と心に留めておきましょう。

 

尚、殆どの業者では修理前に無料で見積もりをしてくれますし、クレジットカード支払いに対応している業者も多くあります。

もしも時間的にゆとりがあるのであれば、複数の業者に見積もりをして、料金比較をしてみるのも良いでしょう。

 

 

家電の故障

ダンボール

 

水のトラブルと並んで、一般家庭における突発的なトラブルの代表例として挙げられるのが、家電の故障となります。

洗濯機や冷蔵庫、冬場や夏場におけるエアコンなどは無くてはならない物ですし、早急に修理が必要となります。

しかし、家電の場合は修理までに時間が掛かるケースが多くなっていますし、交換部品が多い場合などには、修理費用が高額になってしまうケースが多く見受けられます。

修理に多くの時間を要するという場合や、見積もりを依頼したところ、新品を購入するのと同額程度の費用がかかってしまうという結果が出た場合には、修理ではなく新品へと買い替えをすることをおすすめします。

 

なお洗濯機や冷蔵庫、エアコンなどの白物家電の修理にかかる費用の相場は、交換部品などによって異なるのですが、概ね5000円から3万円程度となっています。

但し、複数の部品の交換が必要となる場合には、さらに高額な修理費用が必要となることが考えられますし、持ち込みで修理依頼をするのと出張で修理依頼をするのとでは請求される費用が大きく変わってくることを覚えておきましょう。

 

 

病気/怪我

看護師

 

特に子どもがいる家庭の場合には注意が必要と考えられます。

小学校低学年程度の子どもは免疫力が充分でないため、一度病気にかかってしまうと完治までに何度も通院が必要となってしまう可能性がありますし、中耳炎などの病気にかかるリスクも大人よりも高くなっています。

加えて、子どもは比較的頭が大きく重いため、転んで怪我をしてしまうリスクが高いですし、スポーツをしている最中に怪我をしてしまうことも大いに考えられます。

 

病気や怪我の程度によってどのくらいの出費になるのかということは大きく異なるのですが、数千円〜数万円程度の出費がかかることもあるということを心に留めておきましょう。

なお、スポーツをしている最中に怪我をしてしまった場合には、スポーツ保険が適用できる事が多いので、学校やスポーツ団体などに問い合わせをしてみることをおすすめします。

 

 

結婚

新郎新婦

 

職場や友人に20代〜30代の独身の人が多いという場合には用心をしておくと良いでしょう。

単発かつ間隔があく場合には結婚のご祝儀もそれほど大きな出費とならないでしょうが、月に何度も結婚式に出席しなければならないという場合や、毎月のように出席しなければならないという場合には、相当な出費となることが想定されます。

 

なお、結婚式に出席する場合のご祝儀の金額ですが、1人の場合は3万円、夫婦で出席する場合には5万円が相場となっています。

お札は全て新札の1万円札を用意するのがマナーとなっているので、銀行で両替をして確実に用意しておきましょう。

 

また結婚式に参加できない場合には、その旨を詫た上で、手渡し若しくは現金書留でご祝儀を送るのが良いでしょう。

この場合は5千円〜1万円程度の新札を送ればOKです。

なお、お札の枚数は割り切れない奇数枚送るようにしましょう。

 

 

葬儀

泣く女性

 

葬儀は年齢や性別に関係なく、誰に対しても突然訪れるものであると言っても言い過ぎではありません。

それ故、いつ葬儀に参加しても恥ずかしくないように、香典の相場についてはしっかりと把握をしておくように心がけましょう。

なお、香典の金額については、自分の年齢や自分の立場、自分と相手との関係によって大きく異なってきます。

金額の目安としては、勤務先の上司や部下、友人などの葬儀の場合は5000円〜1万円程度、叔父や叔母やいとこといったやや離れた親戚の場合は1万円〜3万円、兄弟や親など近い親戚の場合には3万円〜10万円となっています。

自身の年齢や年収、故人とどれくらい親しかったのかなどを考慮してお金を包むようにしましょう。

なお、結婚式のご祝儀の場合は新札を用意するのがマナーですが、葬儀の香典の場合は新札を包むのはタブーとなります。

比較的きれいなお札しか手元にないという場合には、自分で折り目をつけて包むようにしましょう。

 

 

飲み会

乾杯

 

社会人であれば、こちらも年令や性別に関係なく備えが必要となるのが、急な飲み会にかかる出費となります。

飲み会の誘いはムゲに断ってしまうとその後の仕事がやりづらくなる可能性がありますし、年末年始などのシーズンには頻繁に誘われることも考えられるので、突発的に誘われても平気なように備えておきましょう。

 

なお、飲み会の会費についても、自身の年齢や立場によって大きく変わってくることが想定されます。

同期同士の飲み会であれば、5000円〜1万円程度あれば十分と考えられますし、先輩や上司との飲み会でも1万円が手元にあれば安心できるでしょう。

先輩や上司との飲み会の場合、奢ってもらえるケースが多いと考えられますが、念のために最低限のお金は持って参加するようにしましょう。

一方で、後輩や部下との飲み会の場合、自分が奢る若しくは多めに支払いをするというケースが多くなると考えられます。

1万円〜3万円程度の支払いが想定されるので、同期同士の飲み会や先輩や上司との飲み会の時よりも多めにお金を用意しておきましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

日常生活で急な出費が必要となる具体的なケースや、目安となる金額について、具体的なイメージができましたでしょうか。

 

日常生活では今回紹介した以外のケースも多くありますし、今回紹介したケースについても、出費額についてはあくまでも目安となっています。

いつ突発的な出費を強いられることになっても、安心して対処できるように、貯金などの備えをしておきたいものですね。







同じカテゴリーの最新の記事