• カードローンスマイル

三菱東京UFJ銀行カードローンの金利や審査などから人気の秘密を徹底検証!


三菱東京UFJ銀行のカードローンである「バンクイック」は、大手銀行のローンなだけあって、

安心して借り入れを行うことができると人気です。

今回は、そんな人気の高いバンクイックの特徴・活用法を徹底検証していきます!

 

バンクイックのメリット①運営の実像はアコム?

バンクイックの「実像」に驚く様子

 

バンクイックの保証会社は、消費者金融機関のアコム(株)です。

通常、消費者金融が銀行カードローンの「保証会社」として、

銀行カードローンのバックアップをする機能を持つに留まることはよくありますが、

 

バンクイックとアコムの関係は【少し特殊】なのです。

大げさ・簡潔に言えば、

【バンクイック=三菱東京UFJ銀行の看板でアコムが運営しているカードローン】

とさえ言えます。

そのため「アコムの審査基準で、銀行カードローンであるバンクイックが利用できる(に近い)」といえるのです。

 

その証として、

バンクイック公式サイトの「お申込みに当たってのご注意」という項目に以下の文言があります。

 

三菱東京UFJ銀行では、カードローン「バンクイック」の各種お手続きページの運営管理をアコム株式会社に委託しており、

リンク後のURLのドメイン名がloan-alliance.comとなることがあります。

   (公式サイトより カードローン「バンクイック」 : お申し込み | 三菱東京UFJ銀行 )

 

もしアコムが単なる保証会社であれば「運営管理を委託」という文言は絶対になりません。

運営という事業の中枢を、一部とは言え、保証会社に委託することは通常ありえないからです。

 

ここに他の銀行カードローンにはない、保証会社アコムとの変わった提携があることの一端が見られます。

そしてこの変わった提携が、利用者にとっての大きなメリットになっているというわけです。

 

バンクイックのメリット②

三菱東京UFJ銀行口座を持っていなくても申し込める

 

メリットの2つめは、「三菱東京UFJ銀行の口座を持っていない人でも申し込むことができる」ことです。

一般的に大手銀行のカードローンは、

その銀行の口座を持っていることを利用条件の1つとしているところが多く、

カードローンで融資を受けるためには、その銀行の口座を作らなくてはいけません。

 

しかし、バンクイックは、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても、申し込みが可能です。

三菱東京UFJ銀行の口座を持っていると、後述する自動支払いで返済が可能なため大変便利ですが、

申し込み時点で、

「三菱東京UFJ銀行の口座を持っていないけれど、融資をしてほしい!」

という方でも申し込めるのはありがたいですよね。

 

 

さすがのバンクイックにもデメリットあり!金利と限度額が少し厳しい。

 

上で挙げたように、バンクイックには多大なメリットがあり、

カードローンを利用する際には、かなりおすすめです。

しかし、場合によってはデメリットに捉えられる点があることも事実です。

以下で確認しておきましょう。

 

①金利がずば抜けて低い、というわけではない

バンクイックの金利は、消費者金融系カードローンと比べると確かに低いですが、

他の銀行カードローンと比べるとあまり変わらず、どこよりも低金利というわけではありません。

ここで、他の大手銀行のカードローンの金利と比較してみましょう(平成29年2月3日時点)。

(表1:バンクイックと他金融機関との金利比較)

金融機関名

金利(年利)

三菱東京UFJ銀行(バンクイック)

1.8~14.6%

三井住友銀行

4.0~14.5%

住信SBIネット銀行(プレミアムコース)

0.99~7.99%

 

こうしてみると、他に低金利を売りにしている銀行があるため、

バンクイックの金利がかなり低いとは言えません。

しかし、一般的に消費者金融カードの年利は17~18%であることが多いため、

消費者金融よりはかなり低い金利でカードローンを利用することが可能です。

 

②借入限度額が高くない

借入限度額は最大500万円で、他の銀行カードローンと比べると、可もなく不可もなくというところです。

限度額が1,000万円というカードローンも多くありますので、

限度額では他の金融機関よりも劣っていると言わざるを得ないでしょう。

 

しかし、いきなり500万円以上の大金が必要になるという状況は高確率で遭遇するものではありませんし、

大体の方は充分なのではないでしょうか?

 

バンクイックの利用条件は?どんな人が申し込めるの?

様々な人がバンクイックに申し込めるイメージ

 

バンクイックは、銀行カードローンにしては珍しく、様々な立場の人が申し込むことができます。

会社員や公務員はもちろん、アルバイトや派遣社員でも申し込みが可能なのです。

しかし、様々な立場の人が申し込めるからといって、誰でも良いというわけではありません。

申込条件

  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さま。
  • 原則安定した収入があるお客さま。
  • 保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客さま。

※ご本人に収入がなく配偶者に収入のある方もお申し込みいただけます。

※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。


http://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/moushikomi.html

バンクイックは使用目的に制限がないフリーローンですので、

急な出費が続いて家計が厳しいときや、

旅行に行きたいけれどすぐにまとまったお金が用意できないときなど、

必要とされる場面は多いでしょう。

 

借入額によって変わる、バンクイックの金利とは?

 

銀行カードローンということで、消費者金融のカードローンよりも金利が低く、

総返済額を安く抑えることができます。

最高500万円まで融資をしてもらえますが、借入額によって金利は変わってきます。

(利率は変動金利、以下は平成28年7月25日以降に契約した場合の適用金利、平成29年2月3日時点)

 

(表2:三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 利用限度額と借入利率)

利用限度額

借入利率(年利)

10万円以上~100万円以下

12.6~14.6%

100万円超~200万円以下

9.6~12.6%

200万円超~300万円以下

7.1~9.6%

300万円超~400万円以下

6.1~7.1%

400万円超~500万円以下

1.8~6.1%

 

表2の利率を、1年を365日とする日割計算することで、返済する利息額が決まります。

つまり、返済までにかかる日数が少なければ、それだけお得に返済ができます。

 

例えば、10万円を借りて利率が14.6%だった場合、

①翌日に返済する(日数:1日)

100,000円×14.6%×1日÷365日=40円

②1か月後に返済する(日数:30日)

100,000円×14.6%×30日÷365日=1,200円

となります。

返済に日数がかかればかかるほど、支払わなければならない利息は増加していくことが、よくわかると思います。

こうしてみると、出来れば早めに返済を終わらせてしまいたいですよね。

 

バンクイックでは、そのために多様な返済方法を用意しているので、以下で紹介していきます。

 

バンクイックの返済方法は、3つの中から選ぶことができる!

 

バンクイックの返済方法は3つあり、自分に合った方法を選ぶことができます。

 

①自動支払いによる返済

本人名義の三菱東京UFJ銀行口座から自動で支払いをすることができます。

カードローンの申し込み以外に改めて手続きをする必要がありますが、

銀行口座に預金を入れておけば、返済日に支払いをする必要もなく、自動で引き落としてくれるので安心です。

返済日を忘れがちな方や、忙しくて銀行に払いに行く時間がないという方にもおすすめの方法です

 

②ATMによる返済

バンクイックに申し込むと発行される「バンクイックカード」を使用して、ATMで返済をすることができます。

三菱東京UFJ銀行のATMであれば最低1円から(ATMの機種によっては硬貨での返済は不可)、

提携ATMであれば最低1,000円から返済を行うことができます。

 

普段からコンビニをよく利用する方にとっては、コンビニ利用時についでに提携ATMで返済ができるので、大変便利です。

さらに、このATM手数料は、三菱東京UFJ銀行ATM・提携ATMを問わず、いつでも何度でも無料です!

提携ATMは、セブン銀行、ローソン、E-netで、全て合わせると全国に5万台以上存在します。

多くの方が近所にどれかのATMがあるのではないでしょうか?

 

③振り込みによる返済

指定された口座に振り込むことで返済ができます。

手数料は利用者負担なので、よく確認してから利用しましょう。

仮に毎回300円の手数料が取られるとしたら、1年で金利の他に3,600円もかかってしまうことになります。

 

バンクイックは、返済期日を選ぶことができる!

都合のいい返済日を指定できるイメージ

 

バンクイックでは、返済期日は自分で選ぶことができますので、

給料日のあとすぐなど、自分にとって都合の良い日に設定することが可能です。

返済日までにお金を使い切ってしまう不安がある方や、給料日後すぐに返済をして安心したい方は、

自分で返済期日を設定するとよいでしょう。

 

一方、別にいつでも大丈夫という方であれば、「返済の翌日から35日以内に返済する」サイクル制で返済することも可能ですので、

どちらか自分に合った方法を選びましょう。

 

また、うっかり返済期日が過ぎていて、「支払遅延を起こしてしまった!」と言うことがないように、

Eメールで返済期日をお知らせしてくれるサービスもあります。

 

支払遅延をして、信用情報機関に事故履歴として遅延した事実が残ってしまった場合は、

返済後も5年ほどは記録が消えません。

事故履歴があると、カードローンや分割払いの申し込みの際に審査に落ちることが多いので、

支払いは滞らせないようにしましょう。

 

なお、どのくらいの期間遅延すれば信用情報機関に掲載されるのか、何回遅延すれば掲載されるのかは、

どちらもその金融機関の判断次第です。

つまりたった1日の遅延でも掲載される可能性があるということです。

返済日にはくれぐれも注意してください!

そのためにも毎回の返済は自動支払いをおすすめします。

 

バンクイックの返済額は、借入残高によって変わる!

 

バンクイックの返済額は、毎回の返済日時点での借入残高に応じて変化します。

以下に、最小の返済額をまとめました。

(平成25年3月25日以降に契約した場合。平成29年2月3日時点)

 

(表3:三菱銀行UFJ銀行のカードローン バンクイック 返済額)

借入残高

返済額

年利15%未満の場合

年利15%以上

年利8.1%以下

年利8.1%を超える

10万円以下

1,000円

2,000円

3,000円

10万円超~20万円以下

2,000円

4,000円

6,000円

20万円超~30万円以下

3,000円

6,000円

9,000円

30万円超~40万円以下

4,000円

8,000円

12,000円

40万円超

借入残高が10万円増えるごとに

1,000円追加

2,000円追加

3,000円追加

 

毎月の返済額が1,000円からと考えると、無理のない返済計画が立てやすそうですよね。

さらに、金銭的に余裕があるときには、追加で返済を行うことができ、

臨機応変に返済期間を短くすることができます。

 

返済期間が短くなると、もちろんその分支払う利息も減りますので、

ATM手数料無料を活かして、余裕があるときは積極的に返済をしてしまいましょう!

 







同じカテゴリーの最新の記事