• カードローンスマイル

カードローンとビジネスローンの違いって?基本的な部分を抑えよう


消費者金融や銀行ではカードローンの他にビジネスローンを揃えています。
サラリーマンの方などはビジネスローンを使う機会はありませんが、個人事業主や自営業者の方などはお世話になったことがある人も多いと思います。
そこでここでは基本的なことですが、ビジネスローンとカードローンの違いについて解説していきます。

目的別ローンと目的に条件が無いローン

簡単にこの2つの違いを説明すると「目的に制限があるかないか」の違いとなります。
カードローンは個人目的であれば利用制限はありません。一方でビジネスローンは「事業資金」という制限があります。
ただこれだけではわかりづらいので次にそれぞれの特徴を上げ、その上で比較していきたいと思います。

 

カードローンについて

ATMで借りられます

カードローンとは利用目的に制限がないフリーローンの一種です。

ですから、引っ越し費用などの生活費から飲み会の代金のような遊興費まで幅広く使うことが可能です。

ただし「個人向け」としている会社がほとんどとなっているので、企業の事業資金としては使うことができません。

また厳密な意味でのカードローンとは「ローンカードを利用できるローン」の総称です。

これは予め借り入れ限度額を決めておき、ローンカードと言うキャッシュカードのようなカードを使ってその枠内で自由に融資、返済を利用できるというサービスのことです。

しかしビジネスローンにもローンカードを提供するタイプがありますし、消費者金融のモビットはローンカードを無くしたWEB完結サービスを提供しているのでそこまで厳密に使われている言葉とは言えません。

 

フリーローンとの違い

「利用目的に制限がないローン」の事をフリーローンと呼びますが、カードローンと別にフリーローンを提供している会社も存在します。

そういった場合は「限度額内で自由に借り入れと返済ができる」サービスをカードローンと称して「一括で大金を借りる」サービスをフリーローンとすることが多いです。

 

キャッシング=小口融資

またカードローンとおなじように使われる言葉にキャッシングがありますが、これは英語で「小口融資」を意味する言葉です。

例えばクレジットカードがで提供される融資サービスは「キャッシングサービス」と呼びます。

しかし消費者金融でも「キャッシング」と称してカードローンを提供することがあるので、実際のところはあまり変わりません。

 

ビジネスローンとは

カーローンも目的別ローンの一種です

一方でビジネスローンは融資された資金の利用目的に制限があります。

利用目的に制限があるローンを「目的別ローン」とよび、他に有名なものとしては住宅ローンやカーローンなどがあります。

ビジネスローンの場合は「ビジネス」の名前が示すように資金用途が事業用途に限定されます。

具体的には従業員の給料や銀行から融資を受けるまでのつなぎ資金などです。

ビジネスローンでもローンカードを利用するカードローン方式で提供する場合があります

 

2つの具体的な比較

ビジネスローンは事業目的専用のローンなのでそれ以外の用途には使えません。

また消費者金融の場合は総量規制の対象にならないとされています。

カードローンは個人利用であれば目的に制限なしと定められているのでどのような目的でも利用することができます。

しかし基本的には「個人目的」と言う条件がつくので事業資金としての借り入れはできません。

また消費者金融の場合、カードローンは総量規制の対象になります。

具体的な例を出しとて、人を雇っている企業経営者がいたとします。

経営者が「事業の上で赤字がでたなどで従業員に給料が支払えない、なのでお金を借りて支払いたい」と言う目的でお金を借りる場合、ビジネスローンでの借り入れとなります。

一方で雇われているサラリーマンが「生活費に困った」という場合は個人での利用ですのでカードローンとなります。

ちなみに企業経営者が生活費が無いとお金を借りる場合でもこれは個人目的なのでカードローンとなります。

 

(まとめ)サラリーマンの利用はカードローンになる

このようにサラリーマンや特定の会社につと勤めていて給料を貰っているという人であればビジネスローンを使う事はまずありません。

そういった方がお金を借りる目的はまず個人目的なので利用する場合はカードローンになります。

ビジネスローンのお世話になるのは個人事業主や法人関係者が主であり、「事業を運営する上でお金に困ったから」という理由で使うローンです。







同じカテゴリーの最新の記事