• カードローンスマイル

常陽銀行カードローンの大人気のヒミツを明かします!目立たないけど最高?


インターネットを中心に評価が高いカードローンと言えば、常陽銀行の「キャッシュピット」でしょう。

このカードローンには、大手顔負けの素晴らしいサービスがあるのです。

ここでは「キャッシュピット」の人気のヒミツを解き明かし、わかりやすく解説します!

 

口座不要・即日審査・即日融資!常陽銀行カードローンの特徴とは?

在住地など関係なくカードローンが利用できるイメージ

 

常陽銀行とは、茨城県水戸市に本店を置く地方銀行です。

常陽銀行には様々な種類のローンがあり、

中でも「キャッシュピット」というカードローンが人気を博しています。

このカードローンはATMを使って借入と返済が出来る個人向けのキャッシング商品で、

すぐに現金が必要という方はとても重宝するでしょう。

 

この商品は常陽銀行に口座を持っていなくても利用できますが、

もし口座を持っていれば“即日審査・即日融資”のスピーディーな借入が可能です。

もしメインでは使っていなくともこの銀行に口座さえ持っていれば、

他の金融機関よりも早い融資が受けられる可能性があります。

 

早急の融資を希望し、

常陽銀行の口座を持っている方はまず「キャッシュピット」の申し込みを検討すると良いでしょう。

一方、常陽銀行に口座がない場合でもおおむね2〜3営業日で申し込み・審査・契約が完了します。

このように、契約までの対応の早さが「キャッシュピット」が人気な理由の1つでしょう。

さらに特徴的なのは、地方銀行でありながら在住地・勤務地に関係なく利用できることです。

 

お得に借りよう!金利の低さで選ぶなら常陽銀行!

 

キャッシュピットの魅力は、なんと言っても“金利の低さ”にあります。

アコムなどの消費者金融系カードローンの上限金利はおよそ年18%ですが、

常陽銀行は年14.8%で利用することができます。

 

以下が限度額と金利についての表です。

1万円以上~100万円未満

14.80%

100万円以上~200万円以下

12.00%

200万円超~300万円以下

9.80%

300万円超~400万円以下

8.80%

400万円超~500万円以下

7.80%

500万円超~600万円以下

5.50%

600万円超~700万円以下

4.50%

700万円超~800万円未満

3.50%

800万円

2.50%

 

これは、例えば30万円の借入残高に対して消費者金融と比べて「1ヶ月あたり約800円」の節約ができることを意味します。

この節約には工夫や苦労の必要はなく“借入先”に常陽銀行を選ぶだけで実現可能ということですね。

 

また、融資金額は最低1,000円〜最大800万円まで、1,000円単位での利用が可能です。

1,000円単位でキャッシングが可能ということは、

「明日が給料日だけど、今日だけ生活費として1,000円だけ借りたい!」

「スマホ代に6,000円だけ借りたい」

など、少額の融資にはとても向いていると言えるでしょう。

 

さらに、利用限度額500万円以下なら収入証明書類を原則として提出する必要がありません。

この収入証明書類とは“源泉徴収票”や“給与明細書”のことで、

準備するのに多少の手間がかかるものです。

また、キャッシュピットはアルバイトや年金受給者はもちろん、専業主婦や学生でも、

年齢が20歳〜70歳で継続した収入があれば申し込みが可能です。

 

専業主婦の場合は配偶者が勤めていれば申し込みができるので、

他の金融機関での借入を諦めていた方にもおすすめできます。

 

手数料節約術!?カードローンをキャッシュカードさながらに使おう!

キャッシュカードでの引き出しよりカードローン利用の方が得だというイメージ

 

「キャッシュピット」は常陽銀行のATMはもちろん、全国の提携ATMでも借入・返済ができるので、便利にカードローンを利用することができます。

提携ATMとは「セブン銀行」や「E-net」、「ローソンATM」

という主要なコンビニに設置されているATMで、多くの人がいずれかを利用できる環境にあるはずです。

このとき借入・返済時のATM手数料は終日無料で、会社勤めの方でも時間を気にせず利用することができます。

地方銀行ながら全国のATM利用で手数料が終日無料なのはとても助かりますよね?

 

さらに、利用限度額の枠内であれば何度でも手数料無料なので、

例えば、1,000円だけ必要だけど銀行預金からキャッシュカードで引き出すと108円~210円の手数料がかかってしまう時間帯に、

あえて「キャッシュピット」で借入するという方法もありでしょう。

この1,000円(年利14.8%)を3日後に返した場合の利子は「約1円」です。

 

たった1円で、キャッシュカードでの手数料や、

友達に貸してもらう手間も省けると考えれば大いに利用価値があるのではないでしょうか?

よくキャッシュカードで手数料を払って損をしてしまっている、

という方は「キャッシュピット」でこの方法を試してみてください。

 

これだけで人によっては毎月1,000円前後の節約ができ、年間ではバカにできない額になります。

このように、常陽銀行の「キャッシュピット」は手数料を大きく節約できることが人気のヒミツでしょう。







同じカテゴリーの最新の記事