• カードローンスマイル

会社にバレないでおまとめローン契約をするコツとは?


おまとめローン審査では、審査が終盤に差し掛かると、申込者の意思確認と申込内容に間違いがないことを確認するために、おまとめローン申込者の勤務先へ確認の電話をかけることが一般的とされています。

金融機関からローンに関して勤務先へ電話がかかってくるということで、多くの人が恐れるのが、会社におまとめローンの申込みがバレてしまうことだと考えられます。

おまとめローンの申込みを行い、勤務先へ電話がかかってきたとしても、会社にバレないようにするためのコツや、電話確認の詳細などについて、解説をしていきます。

 

 

そもそも何故金融機関は勤務先へ電話をかけて在籍期間をするの?

電話をする女性

 

まずは、そもそもどうして金融機関は勤務先へ電話確認をするのか、ということなどについて解説をしていきます。

 

金融機関がおまとめローンの申込者の職場に電話をかけて確認をする理由ですが、簡単に言ってしまうと、貸し倒れ損失を防ぐためのリスク・ヘッジのために行っていると考えられます。

おまとめローンはカードローン・キャッシングサービスと同様に、担保や保証人が不要で契約ができる無担保ローンとなっています。

無担保ローンは契約までの手続きが短くて済みますし、担保や保証人を用意する必要が無いので、利用者側からすれば申込みがしやすいという利点がある一方で、融資をする側からすれば、万が一融資したお金を返してもらえない時に、担保を差し押さえたり保証人に弁済請求をすることもできないので、高いリスクを負って融資をすることとなります。

 

そのため、貸し倒れのリスクを少しでも下げるために、金融機関は「この人に融資をして本当に大丈夫だろうか」と慎重に審査を行い、その一環として申込者の職場に電話をかけて在籍期間をしているというわけなのです。

電話確認をすることで、現在の職場に本当に在籍しているかどうか(休職中ではないか、或いは直前に退職していないか等)の確認ができるので、より安全に融資が可能になると考え、金融機関は在籍確認の電話をかけているのです。

 

 

在籍確認の電話の流れって?会社にバレないようにするコツとは?

二人のオペレーター

 

続いて、在籍確認の電話の具体的な流れなどについて解説をしていきます。

 

一般的に在籍確認の電話は審査の終盤に実施されることが多くなっています。

従って、在籍確認の電話がかかってくるということは、おまとめローン契約まであと一歩であると言い換えても差し支えはありません。

 

電話は、申込時に勤務先の連絡先として申請した電話番号に、担当者の個人名若しくは銀行名でかかってきます。

銀行名で電話がかかってきた場合、もしも自分が一番に電話にでることができなかった場合に、会社におまとめローンの申込みをしたことがバレてしまう可能性が高まると考えられるので、事前に金融機関に銀行名でなく担当者の個人名で電話をするように念押ししておくことをお奨めします。

 

在籍確認の電話では、主に申込者がその職場に確実に在籍していることが分かれば良しとされているので、原則電話口では込み入った話はされないこととなっています。

入念な確認をされる場合でも、氏名や住所、生年月日などを確認されるだけですし、もしも申込者本人以外の人が電話に出た場合には、十分にプライバシーに配慮し、決して「おまとめローン」などという言葉が出ることはないので、比較的安心して良い、と言っても言い過ぎではないでしょう。

またおまとめローンの申込者本人が電話に出れない場合でも、電話に出た人が「たまたま席を外している」等、確実に在籍していることがわかるニュアンスの発言をしてくれれば、そこで在籍確認は完了となります。

営業や渉外担当者などで外出が多いという人は、親しい内勤職員に、「たまたま席を外しているのですぐ戻る」というニュアンスのことを不在時の電話で話してほしい、などと予め伝えておくと良いでしょう。

 

 

在籍確認の電話無しで契約できるおまとめローンがある?

びっくり

 

プロミスのキャッシングサービスや、じぶん銀行カードローン等は一定の条件を満たして申込みをすることで、在籍確認の電話無しで契約することもできるので、(※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談する事が必要。)在籍確認の電話をどうしてもネックに感じるという人は、これらのキャッシングサービスをおまとめローンとして利用するのも一つの手であるといえるでしょう。

 

プロミスのキャッシングサービスは、Web完結申込という申込み方法で申込みを行うことで、在籍確認の電話を省くことができます。(※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談する事が必要。)

但し、Web完結申込は申込要件が比較的厳しい上に、プロミスのキャッシングサービスは総量規制の対象サービスとなっているので、年収の3分の1を超える借入には非対応となっています。

おまとめ総額が年収の3分の1を超える場合には利用不可であることに注意をする必要があります。

 

 

まとめ

 

金融機関がおまとめローン審査の際に電話確認をする理由や、電話での在籍確認の流れなどについてお分かりいただけましたでしょうか。

職場に電話がかかってくると聞くと、思わず萎縮してしまう人も少なく無いでしょうが、在籍確認の電話ではプライバシーの配慮がされていますし、通話時間も非常に短くなっているので、電話が来るといっても慌てる必要はンないといえます。

 

また最終手段として、在籍確認の電話無しで契約できるローンもあるので、しっかり対策を整えて、ぜひ在籍確認の電話を乗り越えてください。







同じカテゴリーの最新の記事