• カードローンスマイル

パートでも利用できるおまとめローンって?申込み時の注意点とは?


カードローンやキャッシング債務の合理的な返済を図ることが出来るサービスであるおまとめローンは、比較的高額の借り入れをすることになるものの、公務員や正社員などの立場にある人であれば高い確率で契約ができるものと考えられます。

一方で気になるのが、パートやアルバイトといった時間給で働く立場にある人がおまとめローン契約ができるのか、ということになります。

カードローンやキャッシングサービスであれば、パートなどの雇用形態で働く人でも契約が可能とされていますが、果たしておまとめローンはパートをしている主婦などでも契約することは出来るのでしょうか。

詳細について解説をしていきます。

 

 

パートでも利用できるおまとめローンとは?申込む時に注意すべきことって?

黄色い財布

 

まず最初に結論を申し上げますと、パートをしている主婦でも、安定した収入があると認められれば原則おまとめローンを利用することは可能とされています。

アコムやアイフル、プロミスといった大手貸金業者が取り扱っている専門のおまとめローンは、年齢要件を満たしていて、継続的かつ安定した収入があれば申込みはOKとされていますし、大手銀行のカードローンも最近では継続・安定した収入があれば、非正規社員でも申込みがOKとなっているケースがほとんどなのです。

加えて、銀行カードローンは総量規制対象外ということで、年収に関係なく借り入れができますし、大手貸金業者が取り扱っている専門のおまとめローンも例外として総量規制対象外となっているので、おまとめローンは基本的には年収に縛られずに借り入れができるので、比較的年収が少ないパート社員でも安心して利用ができるようになっています。

 

 

なお、パート社員でもおまとめローンは安心して申込み・利用が可能となっている一方で、申込みの際には金融機関から職場に在籍確認の電話がかかってくる点に注意が必要となります。

一般的なカードローンやキャッシングサービスと同様に、おまとめローンについても審査の終盤では勤務先として申請した会社に本当に籍をおいているかどうかの電話確認がされることとなっており、この在籍確認をパスしないとおまとめローン契約はできないと言っても過言ではないほどとなっています。

在籍確認の電話では、担当者の個人名或いは銀行名でかかってきますし、プライバシーに最大限に配慮がされ、時間も短時間で済むようになっていますが、基本的にはいつ電話がかかってくるのかわからず、対応の仕方に苦心する人もいることでしょう。

可能であれば、職場の責任者などに予め事情を打ち明けておくことで、より確実に在籍確認の電話をパスできるでしょうし、金融機関によっては電話をかける時間の希望を聞いてくれることもあるので、金融機関に自分が電話に出やすい時間帯に電話をしてくれるように交渉してみるのも良いでしょう。

 

 

パートでも契約しやすいおすすめのおまとめローンを教えて!!

コンビニ店員

 

続いて、パートでも申込みや契約がし易いと考えられる、おすすめのおまとめローンについて紹介をしていきます。

 

パートでも申込みがしやすいおまとめローンの筆頭として、まず紹介したいのがじぶん銀行カードローンとなります。

じぶん銀行カードローンは、安心して収入があるパート主婦(主夫)が申込み可能なのはもちろん、配偶者に安定した収入がある専業主婦(主夫)でも申込み可能となっているので、単発的にパートをしているという人でも安心して申込みが出来るようになっています。

またじぶん銀行カードローンは、主婦(主夫)が申込みをした場合には職場への電話をかけての在籍確認が行われないので、職場に電話がかかってくるのは困る、という人でも申込みがしやすくなっているのです。

さらに、じぶん銀行カードローンは、auユーザーが同カードローンをおまとめ専用ローンとして使うことを決めて契約した(au限定割の借り換えコースを利用する)場合には、通常よりも優遇された金利でカードローン利用ができるので、まさにおまとめローンと利用するのに最適なカードローンの一つとなっているのです。

 

 

まとめ

 

正社員や契約職員ではなく、パート社員という立場であったとしても、継続的・安定的な収入があれば全く問題なくおまとめローン利用はできますし、今回紹介をしたじぶん銀行カードローンであれば、専業主婦(主夫)でも契約ができるようになっているので、おまとめローン利用を希望する場合にはこれらの商品を選ぶのがおすすめとなります。

 

おまとめローンはカードローンやキャッシングサービスなどと比べると、審査通過が難しいようなイメージがありますが、審査を通過するためのポイントなどについてはカードローンやキャッシングサービスなどと大差はないので、臆することなく、積極的に申込みをしてみると良いでしょう。







同じカテゴリーの最新の記事