• カードローンスマイル

カードローンはフリーターでも作ることは可能?勤続年数がものを言う!


フリーターという職業が出てきてから、随分な年数が経過しています。

アルバイトで生計を立てる人も今では珍しくありません。

そこで心配になることは、一時的に生活費が足りなくなったときにどのようにお金を用立てるかです。

アルバイトでお金を借りようとすると、なかなか審査に通りにくいと考えていませんか。

 

カードローンはアルバイトでも借りることができる?

カードローンはアルバイトでも借りることができる?

カードローンの魅力は、少額資金を手軽に、簡単に借りることができることです。

カードローンの申し込みをして、一度審査に通過すると、その後に問題なく利用をしていれば何の手続きも必要ありません。

ATMに行ってカードを挿入すると、お金を借りることができるのです。

利用目的もどのような理由に利用しても大丈夫です。

ただし、個人用のカードローンは事業のためにお金を使っては駄目ですし、事業用のカードローンは個人の出費のために利用しては駄目です。

この条件さえ守っていれば、何の目的にお金を使っても問題なく、すぐに借りることができるのは手軽で便利ではないでしょうか。

 

そんなカードローンも申し込み直後の、審査に通過してはじめて利用できます。

申し込みの条件に、どこの金融会社でも安定した収入がある人と必ず明記されていますので、アルバイトはどうなのだろうと考えてしまう人がいるようです。

親切なところですと、アルバイトやパートでも申し込みが可能ですとホームページ上に明記されていますが、この条件が明記されていないところも稀にあるようです。

念のため数社に私自身アルバイトであっても、安定した収入があることになるのかと確認をしたことがありますが、決まって答えは「申し込み可能です」と言うことを言われました。

アルバイトでもしっかりと働いているわけですから、カードローンの申し込み条件に該当はしますので、限度額が大小はあれど口座の開設はできる可能性があるでしょう。

フリーターで生計を立てている人であっても、お金を借りられる可能性はゼロではありません。

借りることが可能であるかどうかは、まずはカードローンに申し込みをしてみなければ始まりません。

 

銀行のカードローンでフリーターでも審査が通りやすいのはどこですか?

年収150万くらいで、学費のために50万程借りたいのです。
フリーターでも借りれるところがあるのは知ってますが

々とありすぎて分かりません。
銀行カードローンは審査が厳しいと聞いたので
消費者金融のほうが借入しやすいのでしょうか。

今考えているのは
セブン銀行
三菱東京USJ銀行
新生銀行レイク
オリックス銀行カードローン
楽天銀行カードローン
です。
金利などは違うと思いますが
他に違いもよく分かりません。
ちなみにあまり時間がないのですぐ借りれる所がいいです。
フリーターでも借入しやすい所を教えて下さい。

よろしくお願い致します。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12142931362

 

アルバイトはれっきとした職業である!まずはクレジットカードを利用して信用力を上げよう

アルバイトはれっきとした職業である!まずはクレジットカードを利用して信用力を上げよう

アルバイトであっても、パートであっても働いていることには変わりはありません。

日雇いのバイトをしている場合は、意味合いが変わっていますが、同じところに継続的に働いていて給与を得ているのであればそれはれっきとした職業になるでしょう。

特にフリーターで生計を立てている人は、同一業種に長く働いているケースが多いのではないでしょうか。

そのようなときは、正社員であっても新入社員よりは信用力はあることでしょう。

したがって、クレジットカードを持っている人でなにも問題なく利用をしている人であれば、カードローンの審査に通過する可能性は高いと考えられます。

ただし絶対に審査に通過すると言うことを保証するわけではありませんので、まずは申し込みをしてみてください。

もしクレジットカードにキャッシングの機能が付いているのであれば、そのキャッシングを利用するのもいいでしょう。

しかしできればクレジットカードのキャッシング機能は利用しないことをお勧めします。

クレジットカードにキャッシングが付いている場合は、そのカード自体がカードローンとして利用ができるため便利なものと言えます。

しかしクレジットカードのキャッシング枠を利用してしまうと、クレジット枠も減ってしまうため、できればクレジットカードとカードローンは別々にしておくことを個人的にはオススメします。

またクレジットカードとカードローンを別々に管理することで、お金の管理を明確にできるため使いすぎ防止にも役に立ちます。

管理の方法は人それぞれやりやすい方法がありますので、この方法が一番と言うことではありませんが、個人的にいい方法だと思っています。

 

自動車ローンに審査がある様ですが、クレジットカードの審査と同じ程度でしょうか?

年収の目安はありますか?例えばフリーターやアルバイト、学生でも通るものでしょうか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12151608062

 

使いすぎを注意するために金利の高い消費者金融を使うのもあり

使いすぎを注意するために金利の高い消費者金融を使うのもあり

クレジットカードの限度額は割賦販売法で定めてあるのですが、消費者金融や信販会社のカードローンは貸金業法により制限があります。

クレジットカードの利用限度額と、カードローンの利用限度額を明確に分けて管理をするためにもカードローンは別に作るのがいいでしょう。

そこでカードローンの種類になりますが、銀行系、信販系、消費者金融系と大まかに考えるとこのように存在します。

銀行系のカードローンを作ることもいいのですが、申し込みが手軽で即審査の結果が出ることが多い消費者金融のカードローンをまずは申し込みをするといいかもしれません。

金利は高いのですが、金利が高いため早く返そうと考えることもできます。

使いすぎ防止にも役に立つので、消費者金融のカードローンも悪くもないでしょう。

また消費者金融はきちんと返済をして、長く利用をしている人には金利の引き下げを実施してくる可能性があります。

銀行系の場合は契約のときに定めた金利が、解約するまで一緒になりますので、結果的には消費者金融のほうがお得になることもあるかも知れませんよ。

 

銀行系のカードローンは安心できるは本当か

銀行系のカードローンは安心できるは本当か

次に銀行系のカードローンについて話をしていきます。

銀行系は○○銀行のカードローンのため消費者金融のカードローンを利用するより安心だと言う人もいるようです。

はたしてこのことは本当のことなのでしょうか。

銀行のカードローンはなにが安心なのでしょうか。預金と違い、借りているところが潰れても困ることはないでしょう。

金利が安くて、金利が上がる可能性がないので安心と考えているのでしょうか。

もしこの記事を読んでいる人で、銀行のカードローンが安心と考えている人がいればもう一度考えてみてください。なにが安心なのかを。

 

銀行と消費者金融の金利差は、ソニー銀行と消費者金融で4.2%になります。みずほ銀行と消費者金融で4.0%でしょう。

この金利差は50万円を借りたとして、30日間で1,700円ほどの差が出ます。

毎月だと大きいですよね。しかし消費者金融は上限の18.0%の金利になっているところが多いのですが、銀行はこの金利より低いところがほとんどでしょう。

そして銀行は変動金利のカードローンが多く存在をしています。

とりあえずは金利が上がると言うことは現実的ではなく、これからある程度金利が上がったとしても据え置かれる可能性が強いのですが、金利情勢によっては金利が引きあがる可能性があるよと言うことを意味しています。

一方消費者金融は、利用の状況により金利が引き下がることがあっても、最高金利の場合は金利が上がることはないでしょう。

これは利息制限法と出資法での上原金利が20.0%ととなっているため既に引き上げられる限界に来ているのです。

手数料などのことも考えると、それらはみなし利息として利率に換算して考えなければいけません。

今後法律が変わらない限り金利情勢によって金利が引き上げられると言うことはないのです。

したがって、消費者金融は安心できないと言うことはないと個人的には思っていますがいかがでしょうか。

 

銀行系でも申し込みが可能!申し込みの敷居もそれほど高くはない

銀行系でも申し込みが可能!申し込みの敷居もそれほど高くはない

また銀行のカードローンのほうが審査が厳しいと思っている人もいるようですが、審査に落ちた人は、その銀行の審査基と相性が合わなかったに過ぎないと考えた方がいいでしょう。

近所の銀行でカードローンを作った方が便利だという人もいるかと思いますが、敷居が高いかどうかは申し込みをしてみないと分かりません。

したがって申し込み条件に合致するのであれば申し込みをしてみましょう。

なお銀行のカードローンと言えども、保証会社は消費者金融や信販会社です。

言い換えれば消費者金融や信販会社のカードローンを利用していると何ら変わりはないのです。

現行に返済ができなければ、最終的に保証会社である消費者金融や信販会社に返済をしなければいけなくなります。

 

アルバイトでも勤続年数が大事!同じところで働いている人は信用力が違う

先ほど少し触れましたが、フリーターでも同じところに長く勤めているのであれば、正社員の新入社員よりも信用力はあるでしょう。

アルバイトでも、勤続年数によって時給は上がっていきます。収入も少しずつですが増えていくでしょう。

正社員になって1~3年目という人よりも、カードローンでお金を借りるときには利用がしやすいかと思います。

ただし正社員と違って、安定した職業にはならないので注意をしてください。

体を壊せば福利厚生はないでしょうし、収入も途絶えます。勤めているところの業績が悪くなれば働くことを断られる可能性もあるでしょう。

そう言った意味で、住宅ローンや車のローンは借りにくいことはあります。

しかしカードローンのような少額の借り入れは、アルバイトとして働いている年数や収入により借りられる可能性が強いかも知れませんね。

 

安定した収入とは?正社員だけが安定収入ではない

安定した収入とは?正社員だけが安定収入ではない

安定した収入とは、毎月決まった収入があると言うことを意味します。

したがって、アルバイトやパートでも、決まった日数を働き、毎月同じような収入があれば安定収入となるでしょう。

日雇いバイトは、その月その月で収入が変わる可能性がありますので、安定収入ということにはなりませんので注意をしてください。

正社員は安定収入であるのは間違いがないのですが、安定収入=正社員と言うことではありません。

正社員は安定収入かつ、安定した職業となるでしょう。カードローンを借りるときになにが変わるかというと、限度額と金利に影響がしてきます。

限度額が大きいカードローンを作れれば、金利が必然的に下がります。

限度額が大きいカードローンを申し込みできると言うことは、金利が安いカードローンを作れると言うことを意味しているのです。

 

カードローンは金融機関で定めている返済額以上に返済をしよう

カードローンは金融機関で定めている返済額を、毎月返済すると問題がありません。特に銀行の場合はこの返済額が少ないことがあります。

これは利用者にとって便利なような気がしますが、金融機関の言うとおりに返済をしていてはカードローンの残高はなくならないでしょう。

なくなるどころか永久的に借りていることになると思います。

それはカードローンの残高がある程度減ってきたところでまたお金が必要になり、せっかく返したお金を借り直さなければいけない事態になる人が多いからです。

したがって、カードローンは金融機関で定めている返済額以上の金額で返済をすることをオススメします。

下に200,000万円を14.0%で借りたときに、4,000円ずつ返済したものと、10,000円ずつ返済したものを掲載します。

 

日付 残高 返済額 元金 残高
H28.4.20 200,000 0 0 200,000
H28.5.5 200,000 4,000 2,851 197,149
H28.6.5 197,149 4,000 1,657 195,492
~
H34.5.5 10,947 4,000 3,875 7,072
H34.6.5 7,072 4,000 3,917 3,155
H34.7.5 3,155 3,190 3,155 0
支払利息合計 99,190

 

日付 残高 返済額 元金 残高
H28.4.20 200,000 0 0 200,000
H28.5.5 200,000 10,000 8,851 191,149
H28.6.5 191,149 10,000 7,728 183,421
~
H30.1.5 27,005 10,000 9,680 17,325
H30.2.5 17,325 10,000 9,795 7,530
H30.3.5 7,530 7,610 7,530 0
支払利息合計 27,610

 

どうでしょうか、利息も返済期間も大きく違いますよね。返済は金融機関の言うとおりにしない方がお得なのです。

 

「ご利用は計画的に」が意味することをしっかり理解する

「ご利用は計画的に」が意味することをしっかり理解する

銀行や消費者金融のカードローンのCMは良く目にするのではないでしょうか。そこで決まって最後に「ご利用は計画的に」と言う言葉を耳にしませんか。

このことはなにを意味するのか考えたことはあるでしょうか。

なにを計画的にするのでしょうか。借りる金額を計画的にするということでしょうか。

この計画的にと言うのは、お金を借りたら計画的に返済をしましょうと言うことです。

銀行で返済額を定めているものの、その金額だけを返済するのではなく、いつまでに返済を終わらせるのか、なにを財源として返済をするのか借りる前にしっかりと考えましょうと言うことです。

ボーナスで返済をするのか、毎月10,000円ずつ返済をするのかを決めて、借りるお金を決めるといいでしょう。

個人的には1年以内、できれば半年以内で返済が終わるようにするといいと考えています。







同じカテゴリーの最新の記事