• カードローンスマイル

カードローン契約の際には免許証があると便利?免許証がない場合は?


カードローンは無担保のローンサービスであるため、住宅ローン等の有担保ローンなどと比較すると、契約の際に必要となる書類が少なくて済みますし、契約の際にかかる手間等も少ないので、非常に契約がしやすいローンサービスの1つと考えられます。

カードローン契約の際に必要となっていることの書類は2種類あるのですが、そのうちの1つである収入証明書類については、一定額以下の限度額で申し込みをすることで、提出を省略することができます。

一方で、もう一つの必要書類である本人確認書類については、提出は省くことが難しく、さらには公的機関が発行した書類ならなんでも良い、というわけではないので、注意が必要となります。

カードローン契約の際に必要となる、本人確認書類について解説をします。

 

カードローン契約の際の運転免許証の優位性とは?

オーケー

 

まずはカードローン契約をする際にあると便利な本人確認書類である運転免許証について解説をしていきます。

 

カードローン契約の際に提出する本人確認書類として、最も便利かつベーシックなものとして、提出を求められるのは運転免許証となります。

運転免許証には顔写真・住所・氏名・生年月日といった情報が記載されている公的機関が発行した書類なので、本人を確認する効力が最も強い書類の1つと考えられているのです。

金融機関の中には、契約に必要な書類として、本人確認書類というよりも、運転免許証と記載しているケースもあるほどとなっていますし、運転免許証以外の本人確認書類で契約をした場合にはその場でローンカードの受け取りができない、といったケースも見受けられます。

それだけ、カードローン契約の際に運転免許証は便利で欠かせないものと考えられますし、もしも運転免許証の発行を受けている場合には、カードローン契約をする際には積極的に活用すると良いでしょう。

 

運転免許証以外で有効な書類とは?

こちらを向く女性

 

次に、運転免許証の発行を受けていない場合には、どのような書類を提出すれば良いのか等について、解説をしていきます。

 

カードローン契約の際に提出する本人確認書類としては、運転免許証があればベストですが、発行を受けていない場合には、他の書類でも契約は可能となっています。

どのような書類が有効なのかというと、それは各金融機関によってまちまちなのですが、運転免許証のように、顔写真・住所・氏名・生年月日等が記載されている書類などであれば、可とされているケースが多くなっています。

運転経歴証明書や住民基本台帳カード、マイナンバーカードなどが該当し、これらの書類であれば、カードローン契約に利用できる可能性が高いといえるので、カードローン契約をしようと考えている金融機関に確認をしてみると良いでしょう。

 

またこれら以外の書類で言いますと、健康保険証やパスポート、印鑑証明書や住民票などでも契約できるケースが有ります。

しかしこれらの書類で契約をする場合には、単体での契約は不可となっているケースが多く、2点以上の書類を組み合わせることで契約が可能となるケースが多くなっています(パスポート+住民票の組み合わせなど)。

顔写真・住所・氏名・生年月日が記載されている書類が用意できない場合には、2点以上の書類が必要ということを念頭に置いて、書類を準備すると、スムーズに契約できる可能性が高くなる、と言っても過言ではないでしょう。

 

本人確認書類の提出不要で契約できるカードローンって!?

握手する人

 

次に、本人確認書類の提出不要で契約できるカードローンについて、解説をしていきます。

 

カードローン契約をする際には、本人確認書類の提出が求められることが一般的ですが、一部の銀行カードローンにおいては、本人確認書類の提出なしでの契約が可能となっています。

本人確認書類の提出なしでカードローン契約をするには、その銀行の普通預金口座を保有していることが、前提条件とされています。

銀行の普通預金口座を開設する際に、本人確認書類を提出して本人確認を済ませているので、改めての本人確認は不要、ということで、本人確認書類の提出なしカードローン契約ができると考えられます。

また銀行によっては、普通預金口座を保有しており、インターネット申し込みをした場合に限り、本人確認書類なしでカードローン契約ができる、とされているケースもあるので、事前によく確認しておくと良いでしょう。

 

本人確認書類無しで契約できる代表的なカードローンを紹介!!

パソコンと女性

 

次に本人確認書類無しで契約が可能とされている代表的なカードローンを、申し込み時の注意点と合わせて解説をしていきます。

 

・三井住友銀行のカードローン

三井住友銀行のカードローンは、すでに三井住友銀行の普通預金口座を保有している人が、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)経由で申し込みをした場合、本人確認書類の提出を無しとして契約をすることができます。

 

・じぶん銀行のカードローン

じぶん銀行のカードローンも、すでにじぶん銀行の普通預金口座を保有している人が申し込みをした場合には、原則本人確認書類の提出は無しで契約ができます。

 

・みずほ銀行のカードローン

すでにみずほ銀行の普通預金口座を保有していて、キャッシュカードの発行を受けている人、若しくはインターネットバンキング(みずほダイレクト)経由で申し込みをした人であれば、原則本人確認書類の提出は不要でカードローン契約ができます。

 

まとめ

 

カードローン契約をする際には、公的機関が発行した書類を幾つか組み合わせることで、契約可能となりますが、運転免許証の利用が最も簡素な契約につながるので、カードローン契約をする際には運転免許証を利用することをおすすめします。

また一部の銀行のカードローンであれば、本人確認書類の提出を省いての契約も可能なので、該当金融機関の普通預金口座をすでに保有しているという場合には、その銀行のカードローンを利用するのもおすすめとなります。







同じカテゴリーの最新の記事