• カードローンスマイル

【カードローンの作り方】ネットから申し込みをして手軽に申し込みできる!


カードローンをできるだけ手軽に申し込みをしたいと思っている人も多いようです。

また家族に内緒にするため、インターネットでカードローンを作りたいと考えることもあるでしょう。

インターネットでカードローンを作るにはどのようにあるといいのか、郵送などの手続きがあるのか主な手続き方法をまとめました。

 

 

カードローンをインターネットで申し込みできるようになった

今ではカードローンをインターネットで、申し込みができることが普通になりました。

カードローンもお金を借りるための商品ですので、普通は申込書に記載をして、印鑑を押してというのが一般的なように思われますがそれはもう昔の話です。

カードローンはインターネットで申し込みをするのが一般的になり、手続きがとても簡便になりました。

インターネットから申し込みできるカードローンは、消費者金融、信販会社、ネット銀行、メガバンク、地方銀行と様々なところで申し込みができます。

 

消費者金融はもともとローン契約機で審査をしていましたので、インターネットで申し込みを受け付ける態勢を整えるのは、差ほど難しくなかったのではないかと想像ができます。

消費者金融は無人でローンを受け付ける態勢をすでに構築していましたので、インターネットが普及したのと同時に、申し込み方法としてインターネットによる申し込みチャネルを追加するだけだったでしょう。

インターネットによる申し込みチャネルを追加しただけかも知れませんが、セキュリティ対応など目に見えないリスクに対しての対応は難しいものがあります。

一筋縄ではいかないのですが、審査についてはすでにシステム化が進んでいたため、ほかの企業に比べるとノウハウは持っていたでしょう。

しかし今ではインターネット技術も進化してきて、様々なところでカードローンの申し込みができるようになってきています。

ネット専業銀行も普及してきたこともあり、法的には2001年に「電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律」は制定されて、インターネットなどの電子取り引きが整備されたことから、一気にインターネットでお金を貸し出す動きに拍車が掛かりました。

カードローン申し込みをインターネットでしました。
事前審査の後、電話があるそうなんですが出れずにいました。(4日間)
勤務先に知らない名前の人から電話があったのですが、カードローン会
社からでしょうか?

申し込みはキャンセルしたいんですが、このままにしておくとまた、勤務先に電話がかかってくるでしょうか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14144469419

 

 

ネット銀行は印鑑もいらない?ペーパーレス取り引き!

ネット銀行は印鑑もいらない?ペーパーレス取り引き!

通常の銀行はインターネットの取り引きでも、印鑑の届け出が必要です。

普通預金を作るのにも、印鑑の届け出はなくなることはありません。

契約をするうえで、法律的には印鑑を押印すると言うことは特段は必要がないのです。

民法上は契約の成立に印鑑が必要であることは一切触れてはいません。

極端な話、契約は口約束だけでも成り立つことになっています。

ではなぜ契約をするのに印鑑が必要なのでしょうか。

口約束では言った言っていない、聞いた聞いていないとなってしまう可能性があるからです。

そしてただ書面に記載をしただけでは、自分が書いた書いていないとなってしまう可能性があるでしょう。

そのため約束を本人がおこなったことを証明するために、日本では印鑑という文化があるのです。

 

取り引きをすると言うことを、金融機関と申込人が本人どうしで間違いなく、約束を取り交わしたことを後日証明するために、契約書を取り交わして印鑑を押すわけです。

本人が間違いなく契約をしたことが後日証明されれば、印鑑の存在が必要なくなるでしょう。

そのためネット銀行では本人確認資料の確認や、本人限定郵便により間違いなく本人が取り引きをおこなったことを裏付けをすることで、印鑑の必要性をなくしているわけです。

カードを本人限定郵便で送付することで、本人しかカードを受け取ることができません。

そこで第三者が申し込みをしているのであれば、カードの受取人が名前を勝手に使われたことを知ることができます。

そして金融機関に申し立てることで契約が無効となりますので、金融機関でも後日紛争になったとしても責任を逃れることができるでしょう。

 

また「電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律」で、契約の成立時期を明確にされていますので、ペーパーレスでも取り引きできるようになってきました。

インターネットの画面上から、氏名や仮審査がおこなわれます。

申し込み完了メールが到着することにより契約の申し出が完了し、仮審査がおこなわれてその結果がやはり電子メールで届くことになるでしょう。

このようにメールのやりとりで、カードローンを作ることができるできるのです。

(趣旨)
第一条 この法律は、消費者が行う電子消費者契約の要素に特定の錯誤があった場合及び隔地者間の契約において電子承諾通知を発する場合に関し民法 (明治二十九年法律第八十九号)の特例を定めるものとする。
(定義)
第二条 この法律において「電子消費者契約」とは、消費者と事業者との間で電磁的方法により電子計算機の映像面を介して締結される契約であって、事業者又はその委託を受けた者が当該映像面に表示する手続に従って消費者がその使用する電子計算機を用いて送信することによってその申込み又はその承諾の意思表示を行うものをいう。
2 この法律において「消費者」とは、個人(事業として又は事業のために契約の当事者となる場合におけるものを除く。)をいい、「事業者」とは、法人その他の団体及び事業として又は事業のために契約の当事者となる場合における個人をいう。
3 この法律において「電磁的方法」とは、電子情報処理組織を使用する方法その他の情報通信の技術を利用する方法をいう。
4 この法律において「電子承諾通知」とは、契約の申込みに対する承諾の通知であって、電磁的方法のうち契約の申込みに対する承諾をしようとする者が使用する電子計算機等(電子計算機、ファクシミリ装置、テレックス又は電話機をいう。以下同じ。)と当該契約の申込みをした者が使用する電子計算機等とを接続する電気通信回線を通じて送信する方法により行うものをいう。
(電子消費者契約に関する民法 の特例)
第三条 民法第九十五条 ただし書の規定は、消費者が行う電子消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示について、その電子消費者契約の要素に錯誤があった場合であって、当該錯誤が次のいずれかに該当するときは、適用しない。ただし、当該電子消費者契約の相手方である事業者(その委託を受けた者を含む。以下同じ。)が、当該申込み又はその承諾の意思表示に際して、電磁的方法によりその映像面を介して、その消費者の申込み若しくはその承諾の意思表示を行う意思の有無について確認を求める措置を講じた場合又はその消費者から当該事業者に対して当該措置を講ずる必要がない旨の意思の表明があった場合は、この限りでない。
一 消費者がその使用する電子計算機を用いて送信した時に当該事業者との間で電子消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示を行う意思がなかったとき。
二 消費者がその使用する電子計算機を用いて送信した時に当該電子消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示と異なる内容の意思表示を行う意思があったとき。
(電子承諾通知に関する民法 の特例)
第四条 民法第五百二十六条第一項 及び第五百二十七条 の規定は、隔地者間の契約において電子承諾通知を発する場合については、適用しない。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H13/H13HO095.html

 

 

大手銀行は消費者金融の審査方法を取り入れている

大手銀行は消費者金融の審査方法を取り入れている

大手銀行もインターネットでカードローンを申し込みができます。

申し込み手順はやはりネット銀行と同じでしょう。

インターネット上から必要な情報を入力するすることで、受け付けの確認メールが届きます。

金融機関からメールが届くと正式に受け付けが完了したことになります。

ここでメールが届かなければ受け付けが完了したことになりませんので、いつまで経ってもカードローンの審査を始めてはくれないでしょう。

そこであまりにもメールが届かないのであれば、金融機関に問い合わせの電話をしてみましょう。

入力したメールアドレスに誤りがあった可能性が強いのです。

 

そして仮審査がおこなわれて、そのときに個人信用情報の内容を精査して、カードローンを発行するかどうか仮の決定がされます。

その結果がメールで届き、その指示にしたがって本人確認資料を携帯の写真などで撮影をして、メールで金融機関に送付することになるでしょう。

その後に本審査がおこなわれて審査結果がメールで届いたあとに、カードローンのカードが自宅に郵送されて契約が開始されるのです。

本審査は申込書の内容に誤りがないかどうかを確認する程度ですので、ほとんど時間が掛からずに終了します。

インターネットからカードローンの申し込みをして作成するには、画面上から入力するだけで審査に通過すれば作成されるでしょう。

大手金融機関でもこのように簡単な手続きで、カードローンを申し込みして作成ができますが、これらが時間が掛からずに終了します。

これらの審査方法は消費者金融が大手銀行の傘下グループに入ったことにより実現しました。

 

 

消費者金融は手軽に申し込みができるノウハウがある

消費者金融は手軽に申し込みができるノウハウがある

大手銀行が審査スピードが速いのは、消費者金融のノウハウを取り入れているからではないでしょうか。

三井住友銀行はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、三菱東京UFJ銀行はアコムが子会社になっています。

またカードローンのカードがすぐに発行できるのも、消費者金融のノウハウの結晶と言えるでしょう。

ローン契約機でカードローンが申し込みできて、カードが発行できるのは今まで消費者金融がおこなってきたことで、その手法を三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行が取り入れたと言うことになります。

そのため最近では金融機関がこぞって審査時間を短縮してきています。

 

もともと消費者金融や信販会社の審査については、目を見張るものがありました。

クレジットカードにしろ、消費者金融のキャッシングにしろスピードが銀行系のカードローンと比べる、格段に素早い対応で審査をおこなっていたのです。

保証会社が消費者金融や信販会社となっている銀行系のカードローンは、保証会社が最終的に審査をおこなっていますので、カードローンの作成方法はどこのカードローンに申し込みをしても大差はないでしょう。

インターネットで申し込みをすることにより、わざわざ金融機関の窓口にいかずカードローンを作成できるようになっています。

 

 

急ぎの場合は電話で連絡をして優先順位を上げてもらう

急ぎの場合は電話で連絡をして優先順位を上げてもらう

インターネットでカードローンを申し込みする理由はなんでしょうか。

家族に内緒にしたい場合と、すぐにお金を借りたい場合が理由として多いかも知れません。

家族に内緒にする場合は、カードの郵送に気をつけなければいけないでしょう。

郵便物で家族に知られてしまうことがありますので、カードの授受には気をつけなければいけません。

したがってローン契約機でカードを受け取ることができる、金融機関が便利と言えます。

そして、急ぎでお金を借りたいときにはどうするといいでしょうか。

申し込み後、最短30分で審査が終了するところにカードローンの作成を依頼しても、当日中に確実にお金を借りることができるとも限りません。

それはカードローンの申し込み状況にもよるからです。

混雑していれば審査も遅くなるでしょう。

 

そこで申込日当日にお金を確実に借りられることができるのかと言うと、まずは金融機関が営業する前にカードローンの申し込みをする必要があります。

そしてその後に必ずコールセンターに電話をしましょう。

急ぎである事情の話をすると順序を繰り上げてくれて、優先的に審査をおこなってくれるようです。

当日にお金を借りるには、お金を振り込みしてもらう必要があります。

そのため、振り込み可能な時間内に審査を終える必要があるでしょう。

そして本人確認書類など必要書類が金融機関にスムーズに届かなければ時間が掛かることになります。

必要な書類の準備をしておくと速やかにカードローンの申し込みが進むことでしょう。

必要な書類の準備とは書類の写しが鮮明になっていることで、金融機関にもはっきりと見えるように送付する必要があります。

 

 

家族に内緒にするならインターネットでカードローンを管理する

家族に内緒にするならインターネットでカードローンを管理する

先ほども触れましたが、カードローンを家族に内緒で利用したいときには、郵便物に気をつける必要があります。

そこでローン契約機でカードを受け取りできる、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、プロミス、アコムなどでカードローンを作成するとをお勧めします。

またカードの授受だけではなく、利用明細書などの郵便物にも気をつける必要があります。

三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、プロミス、アコムなどの金融機関は、利用明細も電子化されているためパソコンなどから確認をすることができます。

電子記録の利用明細書のみに指定をすると、一切の書類がなくなることになります。

インターネットで、カードローンの取り引きを管理することになりますので、パソコンやスマホなどで利用明細などを確認することになるでしょう。

 

ただし家族に内緒でカードローンを利用したとしても、延滞をすると督促がされますので、返済の管理だけはしっかりとしなければいけません。

延滞をしないためにも、カードローンの利用については気をつけることをお勧めします。

カードローンを利用する前から、いつまで返済をするのか、いくらずつ返済をするのか、返済財源はなんなのかしっかり決めておく必要があるでしょう。

基本的にはカードローンは長い期間借入をするものではないのです。

長くても1年以内、できれば半年以内で返済できる金額を借りることが大事になります。






同じカテゴリーの最新の記事