• カードローンスマイル

カードローンは女性専用がある!プロミスのレディースキャッシングがお勧め


女性がカードローンを申込みするときに、銀行の窓口に出向いて申込みをするのもなかなか抵抗がある人もいるようです。

いざ電話で申込みをするにしても、何を聞かれるのか不安になることもあるでしょう。

消費者金融ですがプロミスは女性専用の受付窓口を設けてそのような悩みがある人の対応を行っています。

 

 

カードローンを初めて利用する人は利息の考え方を覚えよう

カードローンを初めて使用する人は利息の考え方を覚えよう

女性が初めてカードローンを利用するときは何かと不安になる人もいるようです。

私が金融機関でカードローンの申込みをしていたときに、窓口に女性が来る場合はよそよそしいことが多かったように思います。

カードローンと言っても、借金ですので申込みにいくのがおっくうになる人もいて当然ではないでしょうか。

これは男女問わず苦手な人はいるでしょう。

借金と聞くと難しい手続があるようで、二の足を踏んでしまう人もいるようですが、それほど難しいものはありません。

必要なお金を借りる代わりに、利息を支払うという仕組みです。

 

農家から100円のトマトを仕入れた八百屋さんに、トマトが欲しい人が200円を支払ってトマトを買うと言う概念と同じでしょう。

預金者から10,010円でお金を仕入れた銀行に、100,000円必要な人が110,000円を支払ってお金を買っていると考えると分かりやすいのではないでしょうか。

ただしトマトを購入したときと違うのは、お金の場合は返さなければいけないと言うことになります。

お金そのものを購入したのではなく、お金を使える権利を一時的に買ったにすぎないのです。

権利を使ったお金は、期間を定めて返さなければいけないと言うことになるでしょう。

話がそれましたが、カードローンとはお金を使える権利を常に与えられたカードとなります。

カードローンを利用したのであれば、返済の計画を立てて返さなければいけません。

利息を上乗せして借りたお金を返済することになるのです。

 

カードローンの利息(金利?)の
計算方法を教えて下さい。

ローンの一本化の為金利の安い銀行から
70万円借金をしました。
年利率14.8パーセントです。
月々の支払いは2万円です。
この場合、毎月2万円支払ったら元金はいくら減るのでしょうか?
また毎月の利息(金利?)はいくらになるんでしょうか?

無知な私に教えて下さい。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14163761099

 

 

銀行の窓口に行きたくない人はネットでも申込み可能

銀行の窓口に行きたくない人はネットでも申込み可能

お金を借りると言うことは、お金を使える権利を購入すると言うことと同じと考えると、トマトを購入する感覚で銀行窓口に行ってもいいかもしれません。

しかしお金を借りると言うことはマイナスのイメージが強く、余り人には見られたくない負の部分でもあるでしょう。

そのため銀行の貸付けコーナーの窓口に座っているところは、余り人には見られたくないという心理が働くのかもしれません。

マイホーム、マイカーを購入する場合にお金を借りる人は多いと思います。

住宅や車のような高額商品はお金を借りても恥ずかしくはないけど、カードローンは生活が苦しいと見られてしまうため恥ずかしいと思うのでしょう。

住宅や車も購入する予定が何のに、貸付けの窓口に座っているということで萎縮してしまう人もいるようです。

そのような人にお勧めなのが、インターネットによるカードローンの申込みになります。

 

今は印鑑もいらずにカードローンを作成できる世の中になりました。

ネット銀行では申込みのときに印鑑の押印を必要とせず、インターネットの画面上から入力をするだけでカードローンの申込みができるようになっています。

印鑑というものは日本の昔からの文化ですが、実は契約に印鑑を押していなくても成立すると言うことを覚えておきましょう。

民法上では印鑑の効力について規制をしていることはありません。

極端な話、口約束でも契約が成り立つとなっているのです。

したがって法律的には本人の意思確認がしっかりと行われれば印鑑の必要がなく契約の履行をはかれることになります。

インターネットでは本人確認をする技術は進歩していますので、印鑑がなくてもお金を借りる契約が締結できると言うことなのです。

印鑑は単なる本人の意思確認でしかありません。

印鑑がない契約書では記入をした人が自分ではないと主張をした場合に対抗するのが困難なため、お金を借りるときの契約は実印が基本的になっています。

しかしカードローンや、マイカーローンなどの簡易的なローンの場合は、手続を簡便にするため普通預金の印鑑を持って本人の意思確認としているわけです。

 

 

インターネットで申込みが不安な人は電話でも申し込みできる

インターネットで申込みが不安な人は電話でも申し込みできる

インターネットでお金を借りる契約をするのが不安だと言う人は、商品説明を受けながら申込みができる電話がお勧めです。

カードローンについて質問がしたいことがある場合や、商品の内容を説明してもらいながら申込みをしたいという人は窓口に行かなくても電話で申込みが可能になるでしょう。

この場合は電話で申込みをした後に、自宅に書類が郵送されてきますので、必要事項を記入の上返送をすれば手続完了となります。

書類については審査が通過した後に郵送されてきますので遅れなく返送をしましょう。

電話での申込みは誰にも会うことなく、商品説明を受けながらカードローンの申込みができるので安心です。

インターネットのようにひとりで画面に入力するよりも、説明を受けながら必要事項を伝えることで申込みができる電話での申込みは窓口に行っていることと同じ効果があるでしょう。

本人確認書類などの必要書類を金融機関に郵送やFAXをしなくてはいけません。

書類のやりとりの手間はあるものの、申込みに不安がある人は電話でカードローンの申込みをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

実は消費者金融は怖くはない!お得に利用ができる仕組みを知っておこう

カードローンの申込み方法について話をしてきましたが、ここでカードローンについて基本的なことを押さえておきましょう。

カードローンには銀行系、信販系、消費者金融系などが存在します。

申込みをする場所と規制を受けている法律によって分類がされているのです。

銀行系は銀行法など、信販系は割賦販売法と貸金業法、消費者金融は貸金業法となっています。

このように規制がされる法律が異なるため、取扱い方法や審査方法が異なるのでしょう。

そして銀行系は金利が14.5%前後ですが、信販系や、消費者金融系は18.0%になっていることが多いようです。

金利を見ると銀行系のカードローンが断然お得に感じますが、実は消費者金融のカードローンは初めて利用する人がお得に利用できるようにされています。

 

消費者金融の多くは初回利用時に30日間の金利手数料無料期間を設けている金融機関が多く存在します。

消費者金融と聞くと敬遠をしたいと思う人もいるようです。

しかし、今はコンプライアンスがうるさい時代ですので、消費者金融と言っても監督官庁から指導を受けている以上悪いことをして儲(もう)けている会社ではありません。

商品説明も銀行よりもしっかりとしていることもあり、実は消費者金融のカードローンの仕組みを知っているとあながち銀行のカードローンだけが安心であるとも言えないでしょう。

消費者金融のカードローンは金利が高いと思われていますがこれははじめのうちだけです。

銀行系のカードローンは契約後金利が引き下がることはありませんが、消費者金融のカードローンは利用履歴や収入状況に応じて金利の引下げをしてくれます。

所得が上がったと思ったのであれば、所得証明を消費者金融におくることにより、金利の引下げ審査に応じてくれるでしょう。

これにはカードローンを利用していて延滞をしていないと言う条件もつくでしょうが、計画的に利用をしている人は銀行のカードローンよりもお得なカードローンになる可能性があります。

カードローンも定期的に利用をしていることが大事です。

そして、返済を遅れずにして残高が「0」になるようなお金の借り方をしていると、金利が引き下がっていきますので返済の管理をしっかりと行うといずれはお得な一枚となります。

 

 

プロミスは女性専用の受付窓口がある!申込みに心配な人にはお勧め

プロミスは女性専用の受付窓口がある!申込みに心配な人にはお勧め

消費者金融でのカードローンでもお得に利用できるコツがあることはお分かりいただけたのではないでしょうか。

そこで女性にお勧めなカードローンを紹介します。

消費者金融でお勧めなカードローンはプロミスのカードローンです。

一般的に18.0%の金利が多い消費者金融の中、プロミスは利用限度額1万円~99万円の範囲が金利4.5%~17.8%となっています。

最高金利が17.8%ですので0.2%しか利息に差がありませんがこの金利は、2017年1月現在では定期預金の金利よりも高いのです。

また最低が4.5%となっており解約をせずに保有をしておくつもりであれば、銀行のカードローンよりも金利が引き下がる可能性があるでしょう。

もちろん業種なども審査の対象となるでしょうが、長く利用をするとでお得な金利になるのではないでしょうか。

 

利用限度額が50万円で金利4.5%というカードローンは余り聞いたことがないと思います。

実際にプロミスに電話をして聞いてみましたが、広告で表示している以上4.5%の金利になっている人はいるようです。

全体的に金利が低い人は多くはないのでしょうが、金利引下げ交渉をすれば17.8%の金利よりも低くなる可能性があるのはうれしいですね。

そしてこのプロミスには女性専用の受付窓口があると言う点で、女性利用者にお勧めした理由もあります。

電話をすると女性オペレーターが対応してくれるという、レディースキャッシングと言うものがあるのですが、商品そのものはプロミスのカードローンと全く代わり映えはありません。

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社のサービスブランド名です。

そしてSMBCコンシューマーファイナンス株式会社は三井住友フィナンシャルグループで、三井住友銀行のカードローンの保証会社にもなっています。

審査基準は異なるでしょうが、三井住友銀行とプロミスは体系的に同類のカードローンになることを頭の片隅にでもいれておいてください。

少しでもお得にお金を借りることができるように、金利がお得なプロミスのカードローンを自らの手で育ててみてはいかがでしょうか。







同じカテゴリーの最新の記事