• カードローンスマイル

カードローンの申し込みを同時にしたときは?どのような問題がある?


カードローンの作成をしたくて、申込みを複数の金融機関にする人がいるようです。

このときに何社までなら同時に申込みをしても大丈夫なのか、一番知りたいことではないでしょうか。

金融機関は実は横の連携が取れています。

したがって、同時に申込みをした場合も、筒抜けになっていることがありますので注意をしましょう。

 

 

申込みをすると個人信用情報に登録される

申込みをすると個人信用情報に登録される

カードローンの申込みをすると、審査が行なわれます。

この審査に利用する情報に個人信用情報があるでしょう。

個人信用情報とは個人用の貸付けの情報で、お金を借りた人の様々な情報が登録されているのです。

氏名や住所、連絡先、勤務先、振り仮名などの個人を特定する基本的な情報はもちろん登録がされています。

そのほかに、借りているお金の情報として、過去の借入れ状況、現在の借入れ状況、延滞の有無など様々な情報が蓄積されているのです。

この個人信用情報を利用して、お金を貸しても貸し過ぎにならないか、返済が可能かなど確認を金融機関では行ないます。

 

カードローンの申込みを行なうと、この個人信用情報に情報の照会をして内容を調査するのです。

情報の照会をするとその事実が登録されますので、金融機関では何らかの申込みをしたことを知ることができます。

そして、申込みをキャンセルすることなく、そのままカードローンの審査に進むと、その結果が個人信用情報にと登録されることになるでしょう。

ここで、複数の金融機関から否決になると、カードローンの申込みで否決にされた情報が幾つも登録されてしまうことになります。

このことを、俗に言う申込みブラックと呼んでいるようです。

カードローンは申込みをした段階で、個人信用情報の情報照会が行なわれますので、その記録が一斉に記録されます。

そうすると、審査をする金融機関ではお金に困っているのではないのかと想像をしてしまう可能性があるのです

照会情報まで確認をしない金融機関もあるかも知れませんが、同時に申込みをするとこのような弊害があるでしょう。

 

カードローンの複数申し込みについて質問があります。銀行系カードローンを1箇所申し込み仮審査は通ったのですが、もう1箇所申し込み金利の低い方で借入したいと考えていますが、審査は不利になりますでしょうか?
現在他社からの借入は無く、会社員です。一身上の都合で、まとまったお金が必要となりカードローンを使用することにしました。いろいろWebを調べると、同時申し込みは、申し込みブラックなどと呼ばれ同時に数箇所から借入るつもりと思われ印象が悪いと書いてありましたが、比較のつもりで他所の申し込みを行い、現在の仮審査も本審査でNGとなってしまわないか心配で質問した次第です。両方審査が通ったとしても、どちらか一箇所金利の低い方のみから借入する予定です。宜しくお願いします。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1182858521

 

 

同じ日に同時に申込みをした場合は分からないケースがある

同じ日に同時に申込みをした場合は分からないケースがある

先ほど話をしたように、カードローンに申込みをすると情報が登録されます。

したがって、同時に申込みをすると余りよい印象がないのは間違いがないでしょう。

消費者金融はカードローンを4件以上保有していると、審査に通過する確率が減っていきます。

同時に申込みをする場合でも、2社程度にとどめておくことをお勧めします。

同時申込みも同じことが言え、複数のところに申込みをすると審査に通過する確率は大きく変わるでしょう。

しかし、個人信用情報に情報が登録されるまでの時間が金融機関によって異なります。

 

同時に申込みをしたとしても、審査のときに情報が登録されていないこともありますので、タイムラグが発生する可能性があるのです。

そのため、金融機関では別のところに申込みをしているかどうか判断がつかないことがあります。

そのときには、同時申込みがあったことが分からないまま審査が進みますので、そのまま審査に通過することも実際にはあるようです。

ただし、同時申込みをする人は審査に通過しにくいことを、自分自身で理解している人が多いのではないでしょうか。

これは、恐らく過去にカードローンの審査に落ちた経験を持っている人が申込みしているためだと思われます。

そのような人の場合は、個人信用情報の内容を奇麗にすることが大事になりますので、申込みをする前に情報をどのようにすると奇麗になるのかまずは考えましょう。

その上で最も短い期間でカードローンを作れるように考えていくことが大事ではないでしょうか。

お金を借りたい人は1日も早くカードローンを作りたいのだと思いますが、焦れば焦るほどカードローンを作れることが遅くしてしまう可能性があります。

 

 

異なる金融機関に申込みをしても同じところで審査がされる

異なる金融機関にカードローンを申込みしたつもりでも、最終的には同じところで審査が行なわれることもありますのでカードローンの申込みをするときには注意が必要です。

銀行系のカードローンは保証会社の保証がついています。

このことは銀行系に申込みをすると、最終的な審査は保証会社が行なっていることを意味しているでしょう。

これがどういう意味なのかと言うと、異なる銀行にカードローンの申込みをしているつもりでも、同じところに審査をされている可能性があると言うことになります。

銀行系のカードローンの申込みをするときには、保証会社を調べて同じ保証会社にならないようにすることをお勧めします。

また、アコムと三菱東京UFJ銀行のカードローンに申込む、プロミスと三井住友銀行のカードローンに申込みと言ったように、消費者金融と銀行で異なった会社に申込みをしたとします。

しかし、三菱東京UFJ銀行はアコムが、三井住友銀行はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証会社になっていますので、結果的には同じところで審査をすることになるでしょう。

 

もちろん消費者金融と銀行では審査基準も、社内基準も異なるため全く同じ結果に必ずなると言うわけではないです。

しかし、最終的に同じところで審査を行なうと言うことは、同時に申込みをしたことはすぐに分かります。

そのため、もし同時にカードローンの申込みをするとしたら、保証会社に気をつけると良いでしょう。

異なった金融機関にカードローンを申込みしたつもりでも、結果的には同じ金融機関で審査を行なうところだったとならないようにするには注意が必要です。

銀行系のカードローンの申込みをするときには、保証会社を必ずチェックをすることをお勧めします。

 

 

複数の金融機関で審査に落ちたときには要注意

複数の金融機関で審査に落ちたときには要注意

同時にカードローンの申込みをするには、ちょっとした工夫が必要ですが、それでも全ての金融機関の審査に通過しなかったときには要注意です。

すぐに、別の金融機関に申込みをしても、審査に通過する確率は低いことでしょう。

先ほど話をした個人信用情報に、カードローンの審査に通過しなかったことが複数の金融機関から登録をされてしまいます。

1か所にカードローンの申込みをして審査に落ちたのと異なり、複数の金融機関に申込みをしたことも分かります。

また、審査が複数の金融機関で通過しなかったこともすぐにでも分かるでしょう。

このような状態ですと、金融機関では審査をする前から、ある程度のことが想像できることになります。

 

お金をすぐにでも借りたい、収入が厳しい、生活に困っているというものが、個人信用情報からひしひしと伝わってきてしまうのです。

したがって、複数の金融機関にカードローンに申込みをして審査に落ちると、社会的信用がかなり落ちることになりますので、お金を借りるときには不利な状況になってしまうでしょう。

それでも、続けざまにカードローンに申込みをすると、更に状況が悪化しますので一旦立ち止まって、今現状の生活を見直ししてみることをお勧めします。

まずは当面カードローンを利用しなくてもいい状況にするため、生活に無駄がないかを見直しましょう。

なお、既に借金をしていてカードローンを借りようとしている人は、その借金の返済が大変で生活をできないと言うの出れば、生活費を削るにしても限度があるのではないでしょうか。

返済額を縮小できないとすれば、法的な手続も取ることを考えなければいけないのですが、半年間辛抱ができるのであれば、まずは家計を見直しして立て直しを図ると良いでしょう。

 

 

カードローンの審査に通過しなかった情報は6か月保存される

カードローンの申込みをして、その審査が否決にされた情報は、個人信用情報に6か月間保存がされます。

このことから、先ほど半年間の辛抱ができる場合は、家計を見直ししましょうと話をしました。

半年間辛抱をすれば、生活を改善できる可能性もありますので、もし可能であれば節約をして何とか頑張ってみることも良いでしょう。

ただし、半年間辛抱したからと言って、必ず審査に通過するとは限りませんので、その点は心してかかる必要があります。

どうしても生活が困窮して、もう駄目だとなったときには、弁護した司法書士などの専門家に相談をして、借金の整理をすることがお勧めです。

この場合は5~10年間はお金を借りることができなくなりますので、判断をするときにはよほど決断が必要になるでしょう。

 

半年からできれば1年間節約で何とか切り抜けられれば、明るい兆しは見えてくる可能性があります。

1年間生活を切り詰めて、借金も延滞をしなければおまとめローンで借金をひとつにまとめることで、生活を劇的に改善できる可能性が出てくるでしょう。

半年間は申込みブラックを改善する期間ですが、1年間は延滞の情報を整理する期間になります。

このように個人信用情報の内容を改善することで、カードローンやおまとめローンの申込みが通過する可能性も出てくるかもしれません。

いずれにしてもお金を借りるには、個人信用情報がとても重要になりますので、この情報の内容を改善しない限り審査に通過する可能性が薄くなってしまいます。

そこで、1年間かけて情報を奇麗にすることが大事になるでしょう。

 

 

同時に申込みをするとどのように判断をされるのか

同時に申込みをするとどのように判断をされるのか

カードローンの申込みを同時にすると、金融機関ではどのように判断をするかと言うことに少し触れました。

カードローンを同時に申込みをすると言うことは、どうしてもカードローンをどうしても利用したいことが簡単に想像ができるでしょう。

カードローンをどうしても利用したいということは、生活でお金が足りないことが容易に把握することができます。

 

カードローンを闇雲に同時に申込みをすると言うことは、余りいいことではありません。

したがって、どうしても利用をしたいのであれば逆に申込みするところを絞った方がいいのではないでしょうか。

審査に落ちたときのダメージも大きいですので、複数の金融機関に同時に申込みをするのは余りお勧めができません。

カードローンは複数枚持つものではありませんし、個人信用情報には余りいい影響がないでしょう。

先のことも考えると、カードローンは適度につきあうことが大事になります。

借金を上手に整理をして、将来に備えることをお勧めします。







同じカテゴリーの最新の記事