• カードローンスマイル

おまとめローン契約が難しい人とは?こんな人は審査通過が難しい?!


ローンの利用残高を一本化し、ある程度まとまった額の借り入れを行うこととなるおまとめローンは、当然ながら利用するためには審査を通過する必要がありますし、無担保ローンということもあって、審査の際には申込者の信用情報などについて入念なチェックがされると考えられます。

おまとめローン審査を絶対に通過したいという人のために、おまとめローン契約の際にチェックがされるポイントについてや、おまとめローン審査に落とされてしまうことの多い人の特徴などについて解説を行っていくとともに、比較的審査を通過しやすいおすすめのおまとめローンについて紹介を行っていきます。

 

おまとめローン審査ではどんな点が注目されるの?

虫眼鏡

 

まずはおまとめローン審査の際にどのような点がチェックがされるのかなどについて、解説を行っていきます。

 

おまとめローン審査の際にチェックがされるポイントについては、カードローンやキャッシングサービスの審査と重複する点が非常に多く、主に年収・職業・勤続年数・住居形態・家族構成・他社ローンの借入状況などがチェックされることとなります。

 

年収については、もちろん高額年収であればあるほど審査は通過しやすくなりますし、職業についても公務員や大企業の正社員といった、一般的に安定した雇用形態とみなされる人ほど審査時には優位になります。

また勤続年数は現在の勤務先で10年以上あれば安泰だといえますし、持ち家で家族と同居をしている人ほど審査は通過しやすくなります。

他社ローンの借入状況に関しては、あまりに多くの借入先から多額の借り入れをしている場合には、いくらおまとめローンといえども、審査の際には不利になってしまうので、注意が必要です。

 

 

こんな人は要注意?!おまとめローン審査に落ちてしまう人の特徴とは?!

渋い顔の人

 

おまとめローン審査の際にチェックされるポイントについて紹介が済んだところで、続いておまとめローン審査に落ちてしまう人の特徴などについて解説を行っていきます。

 

・誤った内容で申請をしてしまった

特に借入件数や総借入残高がどのくらいあるのか、ということについては確認が面倒ではありますが、アバウトな数値を申請するのではなく、確実に正確な数値を申請することが大切になります。

申込者が何社から借り入れを行っていて、総借入額がどのくらいになっているのかということは、融資金額決定にも直結するため、金融機関は正確な情報を知りたいと考えています。

そのため、申込者の申告内容の裏付け確認のために、信用情報照会をして、借入件数や総借入額についての確認を行っているのです。

もしも裏付け確認の結果、信用情報に記載された内容と申込新生時の内容が異なっていた場合、「虚偽申請をした」とみなされてしまう恐れがありますし、金融機関の心証が非常に悪くなってしまう恐れがあるのです。

おまとめローン申込時には、申請内容の錯誤に注意しましょう。

 

・他社ローンの延滞歴がある

おまとめローンとしてまとめる予定の他社ローンにおいて、延滞歴があり、信用情報に傷がついてしまっている場合にも、おまとめローン契約は著しく厳しいものとなってしまいます。

金融機関は融資したお金が正確に帰ってこないことを最も恐れています。

そのため、他社ローンの延滞歴があった場合には、自社ローンでも同様に延滞するのではないか、と考えてしまい、ローン審査を通過させないことが度々あるのです。

 

もしもローンの延滞歴があって、信用情報に傷がついてしまっている場合、信用情報から延滞記録が消えるまで待ってから申込みをする必要があります。

ローンを延滞してしまう前におまとめローンへのおまとめをしたいですね。

 

 

比較的審査を通過しやすいおすすめのおまとめローンって?!

水を飲む女性

 

次に比較的審査を通過しやすいと考えられる、おすすめのおまとめローンについて、紹介をしていきます。

 

・新生フィナンシャル(レイク)の完済応援プラン

新生銀行カードローンレイクでお馴染みの新生銀行系列が取り扱うおまとめ専用ローンが、新生フィナンシャルの完済応援プランプランとなります。

同プランは、安定した収入があれば、アルバイト・パートでも申込みができますし、電話で申込みをして、自動契約機で契約手続きができるので、忙しい人でも比較的申込みがし易いという特徴を持ったおまとめ専用ローンとなっています。

 

なお、貸付条件については、契約限度額が300万円まで、実質年率が13.0%から17.0%(2017年1月21日現在)となっています。

 

・プロミスのおまとめローン

プロミスのおまとめローンについても、安定した収入があれば非正規社員やアルバイト・パートでも申込みが可能とされています。

また学生や主婦、年金受給者でも申込みができるので幅広い人に利用できるおまとめ専用ローンとなっています。

 

申込みについては、店頭窓口申込みのほか、自動契約機申込みでも申込み可能なので、自分に合った方を選ぶと良いでしょう。

 

なお、貸付条件については、契約限度額が300万円まで、実質年率が6.3%から17.8%(2017年1月21日現在)となっています。

 

 

まとめ

 

おまとめローン審査の際にチェックされるポイントや、審査に落ちてしまう人の特徴については、カードローンやキャッシングサービスの審査と似ていることがわかりました。

おまとめローンの審査は一見すると難しいように捉えてしまいがちですが、審査通過のポイントについては、カードローンやキャッシングサービスのポイントと重複する点が多いので、しっかりポイントを抑えて申込みをすることで、審査通過の可能性は非常に高まるといえるでしょう。







同じカテゴリーの最新の記事