• カードローンスマイル

外国人はおまとめローンを利用できるのか?永住権が大きな分かれ目?


多数の金融機関から借入を行っている場合、支払期限や返済額の把握が複雑になってしまいます。

そんな時に返済を一つの金融機関にまとめて払うことでその複雑さからは解放されます。

それを可能にしてくれるのが「おまとめローン」です。

 

多くの場合この利用者は日本人ですが、

日本国内に住む外国人の方でも日本人と同じようにこの「おまとめローン」の利用は可能なのでしょうか?

今回は外国人のおまとめローンの利用について検証していきます!

 

外国人のおまとめローン利用は・・・条件しだいで可能!

「外国人」を表すイメージ

 

外国人のおまとめローン利用条件はいくつかありますが、

その中でも一番大切な条件になっているのが「永住権を持っているかどうか」です。 

 

金融機関にとっては日本人であろうと外国人であろうと、

「貸したお金が確実に返済される」ことが重要です。

 

一般的に日本国内で仕事があり、住所を持っている日本人には年収や勤続年数などの条件を満たしており、

お金を返済する能力があると判断されればお金の借り入れができます。

 

しかし外国人はお金を貸したとしても、返済の際に帰国等で返済されず貸し倒れの危険もあります。

外国人を見ただけでは金融機関は一見して旅行者として日本に来てお金を借りようとしているのか、

長く日本に住んでいて生活に必要なお金を借りようとしているのか判断することはできないため、

お金を貸し出すことはできません。

ですから日本に長く住んでいることを証明できる「永住権」を持っていることが必要になるのです。

 

さらに当たり前と言えば当たり前ですが、

契約を交わす際には日本語を使用することになるので、

「日本語を確実に理解する能力」も必要になります。

 

日本語の理解ができないと契約内容や返済内容の確認ができず、

お金が返済されないことにもつながってしまうからです。

 

ただし永住権を獲得するくらいの方であれば、

日本語の理解に関してはさほど心配は要らないレベルの方がほとんどでしょう。

 

このように「永住権を持つ」「日本語を理解する能力」の2つの条件さえ満たしていれば、

あとは日本人に対しての審査基準と同じで年収や勤務先などの条件を総合的に判断して、

審査合格かどうかの判断がなされます。

 

永住権を持ってなければ外国人はお金を借り入れできないの?

 

実は永住権が絶対に必要になるのは、

「銀行カードローン」という審査が厳しいと言われるカードローンです。

おまとめローンとして使える銀行カードローンのいくつかを以下に挙げておきます。

・三井住友銀行カードローン

・三菱東京UFJ銀行カードローン

・イオン銀行カードローンBIG    など

 

しかし銀行の他にも消費者金融のおまとめローンも存在します。

この消費者金融カードローンでは、

銀行カードローンよりも少しだけ申し込み条件が緩く設定されていることがあります。

 

必ずしも永住権が必要とは限らないのです。

その代わり「在留カード」によって日本に中長期滞在していることの証明が必要になります。

以下が消費者金融の中でも永住権を必要とはしないおまとめローンです。

・プロミス「おまとめローン」

・アイフル「おまとめMAX」

・アコム「借り換え専用ローン」  など

(在留カードが必要)

 

このように永住権を持っていない外国人の方でも、

在留カードがあればおまとめローンに申し込むことができます。

 

今回は外国人のおまとめローンについて考えてきました。

簡単にまとめると、

①銀行カードローン(おまとめローン)では永住権を持っているかどうかが、

おまとめローンを申し込む際に重要

②どちらにせよ最低限日本語を理解する能力は必要

ということでした。

 

また外国人だからといって審査基準が厳しくなるということもなく、

永住権や在留カードがあれば日本人と同じ審査基準で審査を受けられます。

外国人の方でおまとめローンを利用したい方はこれを機にぜひ検討してみてください!







同じカテゴリーの最新の記事