• カードローンスマイル

おまとめローンを一覧で比較する!お勧めな消費者金融はどこ?


複数の金融機関でカードローンを作ってしまって、お金を借りすぎてしまった場合に、おまとめローンで月々の返済を楽にしたい人もいるでしょう。

消費者金融でもおまとめローンは総量規制の例外とされていますので、年収の3分の1を超える借金の申込みでも可能です。

一覧でまとめたおまとめローンの比較をしてみましょう。

 

 

総量規制とは何?おまとめローンはなぜ関係ない?

総量規制とは何?おまとめローンはなぜ関係ない?

総量規制とは年収の3分の1まで、カードローンでお金を借りることができる制度です。

対象となるのは消費者金融と、信販会社になります。

なぜこのふたつの金融機関になるかと言うと、貸金業法の中に総量規制があるからです。

銀行系の場合は、貸金業法の規制にはなりません。

そこで、消費者金融のおまとめローンは、総量規制ではないのはなぜなのか疑問にも思うでしょう。

先にも話をしましたが、カードローンでお金を借りることが対象となっていますので、おまとめローンは関係がありません。

 

おまとめローンが規制の対象外となっているのは、貸金業法施行規則に総量規制の例外処置なども制定されているためです。

この条件に合致すれば、消費者金融の商品と言っても、総量規制を気にすることなく申込みが可能となります。

貸金業法施行規則「第十条の二十三第一項第一号」又は「第一号の二」に、おまとめローンが総量規制の対象外であることが記載されています。

「個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等」と言う条項ですが、生活を改善するという利益を損なわないようにしているのです。

詳しい内容を簡単に説明をすると、1か月の返済額が少なくなり、現在の借金の元本が将来にわたり増えないことがあげられます。

また、新たな担保や保証人を必要としないこと、担保や保証人をつけるときは今までの条件と変わりのないようにすることがおまとめローンの条件となっているのです。

多重債務となっている人を救済するための、商品であると言うことになります。

多重債務とは、様々な金融機関から借金をしてしまい、月々の返済が大変になり生活が困窮することです。

 

(個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等)
第十条の二十三 法第十三条の二第二項 に規定する個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約として内閣府令で定めるものは、次に掲げるものとする。
一 債務を既に負担している個人顧客が当該債務を弁済するために必要な資金の貸付けに係る契約であつて、次に掲げるすべての要件に該当するもの
イ 当該貸付けに係る契約の一月の負担が当該債務に係る一月の負担を上回らないこと。
ロ 当該貸付けに係る契約の将来支払う返済金額の合計額と当該貸付けに係る契約の締結に関し当該個人顧客が負担する元本及び利息以外の金銭の合計額の合計額が当該債務に係る将来支払う返済金額の合計額を上回らないこと。
ハ 当該債務につき供されている物的担保以外の物的担保を供させないこと。
ニ 当該貸付けに係る契約に基づく債権につき物的担保を供させるときは、当該物的担保の条件が当該債務につき供されていた物的担保の条件に比して物的担保を供する者に不利にならないこと。
ホ 当該債務に係る保証契約の保証人以外の者を当該貸付けに係る契約の保証契約の保証人としないこと。
ヘ 当該貸付けに係る契約について保証契約を締結するときは、当該保証契約の条件が当該債務に係る保証契約の条件に比して保証人に不利にならないこと。
一の二 債務を既に負担している個人顧客が当該債務を弁済するために必要な資金の貸付けに係る契約であつて、次に掲げるすべての要件に該当するもの
イ 当該個人顧客が弁済する債務のすべてが、当該個人顧客が貸金業者と締結した貸付けに係る契約に基づき負担する債務であつて、貸金業者又は法第四十三条 の規定により貸金業者とみなされる者(次項第一号の二ロにおいて「みなし貸金業者」という。)を債権者とするものであること。
ロ 当該貸付けに係る契約の貸付けの利率が、当該個人顧客が弁済する債務に係る貸付けに係る契約の貸付けの利率(当該個人顧客が弁済する債務に係る貸付けに係る契約が二以上ある場合は、弁済時における貸付けの残高(極度方式基本契約に基づく極度方式貸付けにあつては、当該極度方式基本契約に基づく極度方式貸付けの残高の合計額。ハにおいて同じ。)により加重平均した貸付けの利率)を上回らないこと。
ハ 当該貸付けに係る契約に基づく定期の返済により、当該貸付けの残高が段階的に減少することが見込まれること。
ニ 前号イ及びハからへまでに掲げるすべての要件に該当すること。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S58/S58F03401000040.html

 

 

おまとめローンは損をする?損をしないために気をつけること

おまとめローンは損をする?損をしないために気をつけること

おまとめローンでお金を借り換えると、利息が損をするとも言われています。

これは、おまとめローンは期間を延ばして、月々の返済額を少なくするものです。

そのため、利息の支払いが必然的に多くなります。

したがって、カードローンを正常に支払いを続けていくと、おまとめローンよりお得な利息となるでしょう。

しかし、これはカードローンを遅れなく、また反復利用をしないことが前提となります。

カードローンは反復利用ができるため、おまとめローンで借金をまとめない場合は、最終的に利息で損をする可能性もあるでしょう。

このように、一概におまとめローンにすると損をすると言うことでもありません。

 

また、おまとめローンを利用することで、返済額が少なくなりますので、月々の生活は楽になるでしょう。

生活が楽になったら、次に生活費に無駄がないかをチェックしましょう。

項目ごとに支出を洗い出して、収入から見た割合を調べてみるといいのではないでしょうか。

そこで、二人以上の世帯の割合を参考にして、自分の家計をチェックしてみてください。

そして、無駄があれば節約をして、少しでも手元にお金が残るようにすることが大事になります。

おまとめローンを利用して、損をしないためとは関係ないことと思われるかもしれませんが、家計を見直すことはとても重要なことです。

おまとめローンは借金をまとめて終わりではなく、生活を見直しするためのきっかけでしかないことを覚えておきましょう。

 

 

おまとめローンで返済額を少なくしたら貯蓄をしよう

おまとめローンで返済額を少なくしたら貯蓄をしよう

生活費を見直しして、少しでも手元にお金が残ったのであれば、そのお金と少なくなった返済額を合算して、貯蓄にも目を向けることをお勧めします。

手元に残ったお金を全て、生活費に回さないようにすることが大事なのです。

手元に残ったお金の一部は、貯蓄に回して少しでも蓄えを作ると良いでしょう。

せっかく月々の支払いを減らしたので、生活を少しでも楽にしたいことは分かります。

しかし、ここで貯蓄をしておけば、おまとめローンを借りたあとに、お金が必要になったときにその貯蓄を利用することが可能です。

1,000円でも2,000円でも貯蓄をすれば、10年も経過すると10万円以上の貯蓄ができます。

 

軽減された返済額の3分の1程度を貯蓄できるように、生活を見直して蓄えを作ると良いでしょう。

5,000円貯蓄ができれば、10年で60万円が蓄えられるのです。

貯蓄が多くできれば、おまとめローンを1日も早く完済できる可能性もあります。

収入が増えたときに貯蓄をする額を見直しして、少しずつ蓄えを増やしていきましょう。

月々5,000円の収入が増えれば、2,000円を貯蓄に回して、3,000円を生活費に回すと言うように毎年貯蓄額を見直しすることが大事になります。

貯蓄をすることで、おまとめローンで損をした利息の穴埋めをできるようになりますので、生活の改善には大きく役に立つでしょう。

 

 

消費者金融のおまとめローンを比較してみる

大手消費者金融のおまとめローンで、どこの商品が良いのか迷うこともあるでしょう。

そこで、おまとめローンの取扱いについて簡単にまとめてみました。

  アイフル アコム プロミス モビット
金 利 12.0~17.5% 7.7~18.0% 6.3~17.8%
取扱いなし
期 間 10年 13年7ヵ月 10年
限度額 1万円~500万円 1万円~300万円 プロミスが認めた範囲内で決定

モビットはおまとめローンがありませんので、比較対象外になります。

アイフル、アコム、プロミスの3つの商品になりますが、一長一短あるようです。

上限金利で見るとアイフルがお得に借り換えできるように思われます。

また、アコムは最長期間が長いため、月々の返済額を大きく縮小できる可能性があるでしょう。

ただし、返済期間が長くなると言うことは、利息がその分増えていくことを意味します。

このことは、先ほど話をしており、貯蓄をしてその穴埋めをしましょう。

プロミスは限度額に定めがなく、現在利用しているカードローンの合計額で申込みをして、プロミスで認めてくれた金額を借り換えすることが可能になります。

このように、取扱いがわずかながら異なりますので、自分に合った金融機関がどこであるか考えてみましょう。

 

申込みをする前に事前に消費者金融に相談をしても良いと思います。

そして、少しでもお得になる方法を見つけて、月々の負担を軽減できることを前提に話を進めると良いのではないでしょうか。

おまとめローンは損得を考える商品ではなく、あくまでも月々の生活費を工面するための商品です。

生活を改善するためのひとつのツールですが、少しでも負担を軽減できるように色々と調べて見ましょう。

 

 

アイフルのおまとめローンは金利も低くお勧め

アイフルのおまとめローンは金利も低くお勧め

おまとめローンは、期間が延びるために利息が損をするものであることは分かってはいても、少しでも損をすることは防ぎたいものです。

そこで、アイフルのおまとめローンは、3つの金融機関の中では若干ではありますが、金利が安くなっていますのでお勧めです。

最低金利で比較をすると、プロミスが一番低く商品としてはバランスが取れていると思います。

しかし、申込金額にもよりますが、最低金利で審査が通過することはなかなかないため、最高金利で見比べてみることをお勧めします。

アイフルは最低金利は高いのですが、最高金利で一番低く安心して申込みができるのではないでしょうか。

金利を予想ができると、生活を改善する上でとても役に立ちます。

 

アイフルのおまとめローンに申込みをして審査に通過したのであれば、もうひとつの消費者金融に相談をすると言うこともいいでしょう。

できれば、最低金利が低いプロミスに相談をしてみると良いのではないでしょうか。

そのときには、アイフルにおまとめローンの申込みをしたと伝えて、審査に通過した金利も一緒に伝えるといいかもしれません。

競合を掛けると金融商品でも金利を値引きすることが可能です。

そこで、アイフルで借りることが分かればすぐにプロミスに申込みをして結果を待った上で、アイフルと正式契約をするといいでしょう。

お金を借りるときにも、金利という価格を交渉することはとても大事です。

商品を購入するときに、色々なところを比べて、交渉をすることはとても良いことではないでしょうか。

ただし、借金をまとめると言うことは、金融機関からお世話になるということは間違いがないことですので、お客様と言うことを前面に出さずに謙虚に相談をすることをお勧めします。

 

 

おまとめローン以外では銀行系のカードローンで対応も可能

おまとめローン以外では銀行系のカードローンで対応も可能

ここまでは、おまとめローンのことを中心に話をしてきました。

貸金業法に縛られない商品として、銀行系のカードローンがあることは最初に触れました。

したがって、消費者金融のおまとめローンではなく、銀行系のカードローンで借金をまとめることも可能でしょう。

消費者金融のカードローンをまとめるのであれば、銀行系のカードローンは便利と言えます。

おまとめローンはカードローンではありませんので、新たにお金を借りたいときには別途カードローンを申込みしなければいけません。

しかし、銀行系のカードローンであれば、返済をしていき利用限度額の空きが出てきたときに、お金を借りることが可能になります。

 

おまとめローンにするよりも、後々のことを考えると銀行系のカードローンが便利なときもあるでしょう。

ただし、銀行系のカードローンにするときには注意が必要になります。

そもそも、カードローンを複数借りて、おまとめローンにすることになったには理由があります。

それは、月々の返済を最低返済額にしていたことが、大きな原因ではないでしょうか。

したがって、銀行系のカードローンにした場合は、銀行の指定している返済額を返済するのではなく、随時返済を利用してより多くの返済をすることが大事になります。

生活をする上で最低必要なお金を残して、返済をしていくとなかなか減ることがなかった借金の残高が、減るのが見に見えて分かるでしょう。







同じカテゴリーの最新の記事