• カードローンスマイル

おまとめローンでは年収の3分の1を超えるローン残高のおまとめはできるの?


おまとめローンを利用して、クレジットカードキャッシングや消費者金融からの借入を一本化する際に、多くの人が気になると考えられるのが、総量規制の心配になります。

一社一社からの借入は少額であっても、それを一本化するとなると、まとまった額になることが予想されますし、もしも借入総額が年収の3分の1を超えていた場合には総量規制に引っかかってしまうと考えられるのです。

おまとめをした結果、借入総額が年収の3分の1を超えている場合でも、おまとめローンを利用して借入先を一本化することは、果たして可能となっているのでしょうか。

 

 

おまとめローンでは年収の3分の1を超える借り入れは可能?

白シャツの男性

 

結論をまず最初に申し上げますと、銀行のカードローンをおまとめローンを利用する場合でも、消費者金融のおまとめ専用のローンを利用する場合でも、金融機関が良しと判断をすれば、年収の3分の1を超える借り入れも可能となっています。

 

銀行のカードローンはそもそも総量規制の対象外となっているので、最初から年収の3分の1を超えるを超える借入も可能となっていますが、消費者金融の取り扱うローンは原則総量規制の対象となっているので、年収の3分の1を超える借入は無理なのではないか、と思う人は少なくないと考えられます。

確かに消費者金融が取り扱うローンは総量規制の対象なので、通常であれば年収の3分の1を超える借入は法律によって制限されているのですが、『貸金業法に基づく専用ローン』については例外が認められており、総量規制の対象外となっているのです。

 

また消費者金融が取り扱うローンの中で『貸金業法に基づく専用ローン』以外では、自営者向けカードローンなどの事業性資金として利用できるローン商品に関しても、総量規制の対象外とされていて、年収の3分の1を超える借り入れが可能となっています。

 

消費者金融が取り扱うローンはすべてが総量規制の対象商品というわけではなく、一部例外的に総量規制の対象外商品があるということを覚えておくと良いでしょう。

 

 

年収の3分の1を超える借入に対応したおすすめのおまとめローンって?

水を飲む女性

 

銀行のカードローンをおまとめローンとして利用する場合でも、消費者金融の専用ローンを利用する場合でも、年収の3分の1を超える借り入れに対応していることについて解説が済んだところで、次は具体的に商品名を列挙しながら、おすすめのローン商品の特徴などについて解説をしていきます。

 

・新生フィナンシャル(レイク)の完済応援プラン

 

完済応援プランは電話で申込みを行うことができ、審査はその場ですぐに行われます。

審査をパスした場合には契約手続きへと移るのですが、契約手続きは土日祝日でも原則21時まで利用可能な自動契約機で行えるので、忙しい人でも比較的容易に契約が出来るという利点があります。

 

・アコムの借り換え専用ローン

アコムの借り換え専用ローンについても、『貸金業法に基づく専用ローン』であるために、年収の3分の1を超える借り入れが可能な商品となっています。

 

同ローンの契約手続きについては、店頭窓口か無人契約機へ来店して行うこととなっているのですが、無人契約機は土日祝日でも利用可能となっている上に、朝8時から夜10時まで利用可能となっているので、仕事が忙しい人でも申込みがし易いという絶対的なメリットがあるといえるのです。

 

 

まとめ

 

銀行のカードローンをおまとめローンとして利用する場合でも、消費者金融の専用のおまとめローンを利用する場合でも、おまとめローンは年収の3分の1を超える借入が可能となっているので、もしもおまとめ額が膨らんでしまっている場合でも、安心して申込みが出来るといえます。

 

おまとめローンは自動契約機から気軽に申込みを行うこともできるので、現在複数社からキャッシングをしていて、返済管理に困っているという人には、強く利用をおすすめします。







同じカテゴリーの最新の記事