• カードローンスマイル

おまとめローンで上乗せするときには金利には気をつけよう!


借金を複数にしていて、更にお金が必要になったときには、新たなカードローンに申込みをする人が多いでしょう。

そこで、早いうちに新たな借金と一緒に借金をまとめてしまいたいと考える人もいませんか。

おまとめをしつつ新たな借金をするときは良い機会ですので、金利を低くしてお得になるところを選びましょう。

 

 

カードローンを複数ある場合に新たな借金をしたい

カードローンを複数ある場合に新たな借金をしたい

カードローンを1枚だけでなく、既に2枚、3枚と持っている人で新たにカードローンを作りたいと考える人もいるようです。

そこで、今までのカードローンも一緒にまとめることができれば、返済も楽になりますよね。

月々の返済が楽になって、新たにお金を借りることができれば、効率よくお金を借り換えたことになるでしょう。

そこで、気にしたいのが金利になります。

せっかく借り換えをするのであれば、金利が低い商品にしたいのは誰もが考えることでしょう。

消費者金融のカードローンは一般的に18.0%となっているところが多く、銀行の金利よりも高くなっています。

もちろん消費者金融のカードローンでも金利が低いこともありますが、カードローンを複数枚持っている段階で考えられる金利は18.0%や17.8%などの金利でしょう。

 

そしてカードローンの申込みでもうひとつ気になるのが、総量規制ではないでしょうか。

総量規制とは年収の3分の1までしかカードローンの申込みができない法律です。

消費者金融と信販会社のカードローンについて規制がされています。

銀行系以外のカードローンは全てこの総量規制によって管理がされるのです。

銀行系以外のカードローン全ての限度額が合計で年収の3分の1までとされています。

したがって、カードローンをまとめて更に増額となると、消費者金融のカードローンでは対応が難しくなる可能性があります。

消費者金融は金利も高いため、借り換えるのであれば早めに銀行系のカードローンにすることをお勧めします。

 

(1) 総量規制とは

Q2-1. 総量規制とは何ですか?

A2-1. 借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。

例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/qa.html

 

 

貸金業法に関係がない銀行系カードローンに申込みをしよう

貸金業法に関係がない銀行系カードローンに申込みをしよう

銀行系のカードローンは総量規制に関係がないと話をしました。

これは、総量規制は貸金業法で定められた規制のため、銀行系のカードローンは銀行法によって取扱いがされているからなのです。

したがって、総量規制を気にしなければいけないときには、銀行系のカードローンがお勧めになります。

ここでちょっと話がそれますが、消費者金融のカードローンについて少し説明をします。

消費者金融のカードローンは一般的に金利が高いと言われていますが、実はこれは本当のことではないのです。

 

利用をしている人がこの話を見ると、「そんなことはない!高いぞ!」と言う人もいるでしょう。

消費者金融のカードローンは、最初の金利が高いのであって、利用実績によって引き下がる仕組みになっています。

したがって、残高が増えることなく借りたお金をきっちりと一定期間で返済をして、その後にまた借金をすると言うことをしているお客様には金利を下げてくれます。

金利の見直しは1年程度で行なわれ、年収などが上がったときに、金利の交渉をすると引き下げにも応じてくれる仕組みになっています。

消費者金融のカードローンでも間違った利用をしなければ、むしろ銀行系のカードローンよりもお得にお金を借りることが可能になります。

話を元に戻します。

複数のカードローンをまとめるには、総量規制が一番の問題となるでしょう。

もちろん収入も問題になりますが、消費者ローンに新たなカードローンの申込みをできる余裕が少しでもあるのであれば、銀行系のカードローンに申込みをしても問題はないでしょう。

複数のカードローンを抱えている状態では、消費者金融のカードローンは金利の引き下げは期待できません。

ここは銀行系のカードローンで金利を少しでもお得にすることを考えましょう。

 

 

借り換えをするのなら金利に気をつけよう!

借り換えをするのなら金利に気をつけよう!

借り換えを考えているのであれば、金利を気にして見ることをお勧めします。

おまとめローンは損をすると言われていますが、おまとめローンを利用する人は金利の損得を考えずに借り換えをすることが大事になります。

しかし、カードローンの増額をしたい人は金利にこだわることが良いでしょう。

なぜ、おまとめローンをメインに考えている人は金利の損得を考えないのかと言うと、おまとめローンは月々の返済額を縮小して家計の負担を軽減するための商品だからです。

返済に困っていない人は、おまとめローンにする必要性がないのです。

月々の生活が大変だという人が利用する商品ですので、目先の損得よりも生活が成り立っていくかどうかが重要なります。

カードローンの増額をする場合と借り換える理由が異なるのです。

 

新たな借金が生まれるわけですから、金利には気をつけて借り換えすることをお勧めします。

銀行系のカードローンの場合は、金利は14.5%前後になります。

利用限度額にもよりますが、100万円以下であれば大体14.5%の金利になるでしょう。

利用限度額が大きくなるにしたがって、金利は低くなっていきますので色々な銀行を見比べてみることをお勧めします。

また、金利だけではなく実はカードローンで一番大事なことは返済額なのです。

このことをこれから説明をしていきますが、この返済額を適正に管理しないと借金が膨らんでいくことになるでしょう。

 

 

金利よりも重要?返済金額はバランスが大事!

金利よりも重要?返済金額はバランスが大事!

カードローンは金利も重要なのですが、実は返済額が一番重要なのです。

ここで、カードローンについて基本的なことを押さえておきましょう。

カードローンは本来であれば、長い期間お金を借りる商品ではありません。

月々の生活費から返済できるお金を計算して、その金額に6~12を乗じたものを上限にして借りることが重要です。

金利よりも返済額を自分自身でいかにコントロールできるかが大事でしょう。

 

このことをしないで最低返済額で返済を続けていると、借金が減らずに増えていき複数のカードローンを保有することになってしまいます。

借り換えをする前には、返済額を自分自身でコントロールしなければならないことを、再認識することが重要になります。

カードローンを借り換えするときには、しっかりと幾らずつ返済をするのか改めて計算をして、計画的に借金を減らしていきましょう。

このことをせずに借り換えをしてもいずれは借金が膨らみ、更にお金を借りなければいけない状態になる可能性があります。

無理なく返済できる金額を決めて、銀行の指定している金額以上に返済をするように心がけてください。

随時返済を利用して月々の返済額以上に返済をして、カードローンの利用限度額の枠をできる限り空けておくようにすることが大事です。

生活をする上で確保しなければいけないお金と、返済に充てるお金のバランスが大事になりますのでしっかりとこのことは頭に入れてカードローンを利用しましょう。

 

 

返済額のバランスが良いみずほ銀行でおまとめすることを考える

返済額のバランスが良いみずほ銀行でおまとめすることを考える

カードローンは金利も重要ですが、返済額に気をつけることが重要と話をしました。

したがって、返済額をある程度自分自身で決める必要があるのが、カードローンと言う商品です。

なかなか、面倒と感じる人もいるかもしれませんが、カードローンでお金を借りたらいつまで返済をするのかしかりと計画をすることが大事になります。

そこで、この面倒な作業をできる限り減らしたいという人は、みずほ銀行のカードローンを利用してみてはどうでしょうか。

 

みずほ銀行は返済額が10,000円からとなっていますので、ほかの銀行に比べると高い設定となっているとなっています。

金利は最高で14.0%になっていますので、銀行系の中でも低い金利となっているでしょう。

金利も低く、返済金額の大きいカードローンはとてもバランスが良く、お金を借りるときに管理がしやすいカードローンと言えます。

お金を借りても残高が減っていき、金利も安いカードローンはそれほどありませんので、みずほ銀行のカードローンはお勧めです。

返済額が大きいと言うことは、生活に負担を掛けてしまうため好ましくないように感じますが、実は借金が効率よく減っていきますので良いことになります。

一方、返済額が少ないカードローンは、いつまでたっても残高が減らないのです。

このことを考えると、みずほ銀行のカードローンはお得なカードローンになります。

 

 

みずほが駄目なら楽天銀行もお勧め

みずほが駄目なら楽天銀行もお勧め

みずほ銀行のカードローンはお勧めなのですが、申込みをしたからと言って審査に必ず通過するとは限りません。

そこで、次に紹介をするのが楽天銀行のカードローンです。

保証会社も違う楽天銀行であれば、みずほ銀行のカードローンの審査に通過しなかったとしても、可能性は残っています。

楽天銀行のカードローンは100万円までが14.5%の金利になっています。

返済額は少額ですので、楽天銀行の指定している返済額を返済してもカードローンの借金が減ることはないでしょう。

しかし、しっかりと返済計画をたてて返済をしていけば、問題がないことになります。

消費者金融のカードローンを借りているのであれば、楽天銀行のカードローンにすることをお勧めします。

ほかにも色々な銀行がありますので、比較をして商品を選択してください。

またカードローンに申込みをするときに忘れてはいけないことがあります。

それは、元々あるカードローンを完済するという条件を必ず銀行に伝えることです。

これを忘れずにしっかりと伝えましょう。

 

 

計画的な返済で早期完済を目指そう!

計画的な返済で早期完済を目指そう!

カードローンは先ほど話をしたように、返済の計画をたてた上で利用をすることが大事になります。

住宅ローンでも、マイカーローンでも同じですが、自分の生活をした上で一体幾らまでであれば返済が可能であるかを把握した上で借金をするのではないでしょうか。

カードローンにも同じことが言えて、借りたら幾らずつ返済をするのかしっかりと自分で決めなければいけないのです。

銀行で指定している返済額や、消費者金融の最低返済額で毎月返済を続けていては、カードローンは完済することは難しいでしょう。

 

カードローンは反復利用が可能な借金です。

残高が「0」になる前に、利用をしてしまっては完済することはなく、逆に借金が増えていくことになります。

そのため、任意返済を利用してカードローンに毎月の返済額以上のお金を入金しなければいけません。

返済額は自分自身で決めて、借りたお金はできる限り早く返済ができるようにしてください。







同じカテゴリーの最新の記事