• カードローンスマイル

バイト勤務でがおまとめローンに申込む際に気をつけることって?おすすめの商品は?


満20歳以上であり安定した収入があれば、バイトでも申込みが可能となっている、カードローンやキャッシングサービスは今日では当たり前のように存在していますが、複数の会社からのカードローンやキャッシングサービスを一つにまとめ、返済負担を減らそう、という趣旨のローンであるおまとめローンについて、満20歳以上で安定した収入があれば、バイトでも契約が出来るというケースが多く見られます。

おまとめローンはうまく活用できれば、よりカードローンやキャッシングサービスの返済にかかる負担を減らすことができるサービスですが、バイトがおまとめローンに申込みをする際にはどのような点に気をつければよいのでしょうか。

 

 

バイトがおまとめローンに申込む時に気をつけるべきこととは?!

定食屋

 

まずはおまとめローン申込み時に注意しなければならない点などについて、紹介と解説を行っていきます。

 

・バイトの期間は少なくとも半年以上あるか

おまとめローン審査の際には、現在の職場での在籍年数が審査項目の一つとなっており、在籍年数の長短が審査に大きな影響を及ぼすと言っても過言ではありません。

もしも現在のバイト先での在籍年数が半年未満という場合には、おまとめローン審査の際に著しく不利になってしまう可能性があるので、最低でも半年間、できれば一年以上の在籍年数を積んでから申込みをすることをおすすめします。

 

アルバイト先を転々としているという場合や、短期のアルバイトを繰り返しているという場合も同様に審査通過が厳しいと考えられるので、このような場合は、雇用形態が比較的長いアルバイトを始めることがまずは重要だといえるでしょう。

 

・申告内容は正確にしよう

おまとめローンに申込みをする際には、他社からの借り入れ状況や自身の年収など、デリケートな内容について申告することとなっているのですが、この申告は決して適当に行わず、正確な数値を伝えるように心がけておくことが重要となります。

おまとめローン提供金融機関は、おまとめローン審査の際に信用情報機関に問い合わせを行う等、申込者に融資をしても大丈夫かどうか、入念なチェックを行います。

金融機関が調査を行った結果、もしも申請内容と違いがあった場合には、「虚偽申請をした」「融資をしたら危ないかもしれない」などと金融機関にみなされてしまう可能性がありますし、審査が不利になる可能性があるのです。

意図的に誤った内容を申告するのは問題外ですが、くれぐれも錯誤がないように注意をすることが重要です。

 

 

バイトでも契約可能なおすすめのおすすめローンって?

オーケーの女性

 

おまとめローンを申込む際に注意すべき事についての紹介が済んだところで、続いてバイトにおすすめのおまとめローンについて紹介を行っていきます。

 

・プロミスの貸金業法に基づくおまとめローン

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンは、例外的に総量規制の対象外とされているので、年収の3分の1を超えるおまとめにも対応できますし、「安定した収入があればバイトでも申込可」と公式サイトに記載があるので、バイトでも安心して申込みができるおまとめ専用ローンの一つとなっています。

プロミスのおまとめローンは、プロミスの自動契約機を利用しての申込みにも対応しているので、非対面取引で契約をしたいという場合や、土日祝日くらいしか契約をするヒマがないという人でも申込みがし易いという特徴があります。

 

・じぶん銀行カードローン(au限定割/借り換えコース)

じぶん銀行カードローンの借り換えコースは、auユーザーのみが利用できるコースであり、じぶん銀行カードローンをおまとめローンとして利用することを約束して契約することで、通常のよりも優遇された金利で利用することができます。

auユーザーしか利用できないという点がネックではありますが、借り換えコースの金利は年1.7%から年12.5%(2017年1月26日現在)と、非auユーザーが普通にじぶん銀行カードローンを利用した場合よりも年0.5%も金利が優遇されているのです。

またじぶん銀行カードローンは、学生や主夫が申込みをした場合には、職場へ在籍確認の電話がかかってこないので、一般的なカードローンやおまとめローンよりも人に知られずに契約しやすいというメリットがあります。

 

 

まとめ

 

アルバイトでも契約可能なおまとめローンは多々ありますし、申込み時のポイントをしっかり確認して申込みをすれば、おまとめローン審査を通過することも決して難しくはありません。

今回紹介したローン商品などへおまとめをして、賢くローンの返済を行っていきたいものですね。







同じカテゴリーの最新の記事