• カードローンスマイル

自営業をしている人でもおまとめローン契約は可能?詳細を解説します!


カードローンやキャッシングサービスを契約する場合、会社員や公務員等と比較をすると、自営業をしている人は審査が不利になりやすいという話はよく耳に挟みますし、実際にカードローンやキャッシングサービスのスコアリング審査では、自営業者ということで低い評価がされることが度々あります。

一般的なカードローンやキャッシングサービスの審査が不利になるということで、カードローンやキャッシングサービスの派生商品であるおまとめローンを自営業者が契約するのはより難しいと想像できるわけですが、実際のところはどうなのでしょうか。

詳細などについて詳しく解説を行っていきます。

 

 

自営業者でもおまとめローン契約はできるの?

ビルの合間

 

結論からまず申し上げますと、自営業者でもおまとめローンを契約することは可能とされています。

 

自営業者の場合、公務員や大企業に勤務している会社員などと比較をすると、スコアリング審査の際に不利な判定をされるケースが多い、という実情はありますが、一定期間以上の事業年数と安定した収入があれば、おまとめローン契約は問題なく締結することができます。

 

年収が極端に少なかったり、事業年数が極端に短かったりする場合には、自営業者がおまとめローン審査を通過するのは難しいと考えられますが、それは会社員が申込みをした場合にでも同様であり、自営業者だけが特別に審査が厳しいということではないのです。

 

但し、銀行カードローンをおまとめローンとして利用する場合には、契約金額が一定金額以下であれば収入証明書類の提出は不要とされていたとしても、自営業者ということで収入証明書類の提出が求められることがあるので、注意が必要となります。

 

 

銀行カードローンと専用おまとめローンとどちらが利用しやすい?

レンズ

 

自営業者がいざおまとめローンに申込みをする場合に頭を悩ませると考えられるのが、銀行カードローンをおまとめローンとして利用するか、貸金業者の専用おまとめローンを利用するか、ということだといえます。

 

銀行カードローンは貸付金利が低金利ですし、様々なタイプのローンのおまとめに利用でき、おまとめローンとして利用し終わった後には通常のカードローンとして利用できる等のメリットがありますが、比較的審査が厳しいというデメリットが有ります。

 

一方で貸金業者の専用おまとめローンの場合、銀行カードローンと比べると貸付金利が高くなっていたり、契約極度額が低い等のデメリットがありますが、比較的審査が緩やかであったり、契約締結後は原則貸金業者が契約者名義でローンの借り換え元に融資金を振り込んでくれるので、借り換え元の清算手続きが楽、等のメリットがあります。

 

比較的経営などが安定している場合や、おまとめローンとしての利用が終わった後もローンを利用したいという場合には銀行カードローンが向いていると考えられますし、確実におまとめローン契約をしたい、ローン契約後の手続きなどをできるだけ簡素なものにしたいという場合には貸金業者の専用おまとめローンを利用するのが良いでしょう。

 

 

自営業者におすすめのおまとめローンって?

提案する人

 

続いて、自営業者に利用をおすすめしたい、具体的なおまとめローン商品について、紹介・解説を行っていきます。

 

・三菱東京UFJ銀行バンクイック

三菱東京UFJ銀行が取り扱うカードローンの中でも、バンクイックは好貸付条件でありながら、多くの人が気軽に申し込みができるので、自営業者にも非常におすすめができます。

満20歳以上65歳未満で安定した収入があり、アコムの保証を受けることが出来るのであれば、契約が可能となっていますし、口座開設不要で受けることもできます。

また日本を代表するメガバンクのカードローンなので、初めておまとめローンを契約しようとしている人や、一つの会社からまとまった額のお金を借りることに慣れていない人でも安心して申込みを行うことが出来るでしょう。

 

なお、バンクイックの金利は年1.8%から年14.6%(2017年1月30日現在)、契約極度額は500万円までとなっています。

 

・アイフルのかりかえMAX

アイフルのかりかえMAXは、初めてアイフルと契約をする人が利用対象となっていて、同ローンは他社から借り換え専用のローンとされています。

かりかえMAXは、他の貸金業者からのローンの他にも、クレジットカードのショッピング債務や銀行カードローン残高のおまとめにも利用できるので、あらゆるタイプのローン残高を一本にまとめたいという人に特におすすめしたいおまとめローンとなっています。

かりかえMAXの契約手続きについては、基本的にはアイフルの店頭窓口へ来店して行うこととなるのですが、来店が難しいという人のために、郵送契約にも対応しているので、安心して申込みを行うことができます。

 

なお、かりかえMAXの金利は年12.0%から年17.5%(2017年1月30日現在)、契約極度額は500万円までとなっています。

 

 

まとめ

 

自営業者がおまとめローン契約をする場合、安定した収入があるかということを、如何に金融機に感に認めてもらえるかが審査通過のポイントになってくると言っても過言ではありません。

毎月一定額以上の収入を得ることや、事業継続年数を積み重ねていくことで、どんどん金融機関からの信用を得やすくなっていくので、まだ事業を開始したばかりという場合には、ある程度事業が軌道に乗ってから申込みをしたほうが審査通過の確率は高くなるといえるでしょう。

 

加えて、おまとめ総額をできるだけ減らしておくことで、より審査は通過しやすくなると考えられるので、これらのポイントを抑えて申込みすることをおすすめします。







同じカテゴリーの最新の記事