• カードローンスマイル

おまとめローンを借り入れするときの最低限の知識を公開!


借金を重ねてしまいおまとめローンにしたいと考える人もいるでしょう。

しかし、おまとめローンは損をすると言われ、借り換えするのに二の足を踏んでいる人もいるようです。

そこで、おまとめローンに関しての最低限の知識を覚え、借金をまとめることをおすすめします。

おまとめローンの借り入れについてポイントをまとめました。

 

 

おまとめローンはなぜ損をするの?

おまとめローンはなぜ損をするの?

おまとめローンで複数のカードローンをまとめると、損をすると言われています。

その理由は一体なんでしょうか。

おまとめローンは金利はそれほど低くはありません。

消費者金融のカードローンよりも若干低金利になっている程度です。

銀行系のカードローンを借りている人は、おまとめローンにすることで金利が高くなる可能性があるでしょう。

したがって、おまとめローンは金利が高いため、損をすると言われていると思いませんか。

確かに、金利が高いため損をすると言われていることもありますが、もっと違った理由で損をすると言われているのです。

金利の高い消費者金融のカードローンをまとめても、損をすると言われています。

それは、借金を固定化するというおまとめローンの商品性質上のものです。

 

借金を固定化して返済期間を10年などの、長い期間を掛けて返済をするため月々の返済額が減少します。

借金が長期化すると言うことは、利息の支払いが長引くため損のするというわけです。

したがって、おまとめローンは借金が10年間継続することが原因となって損をすることになります。

もちろん、10年未満で返済をすることも可能です。

しかし、月々の返済額を少なくするために、長い期間で借り入れをすることが多いようです。

月々の返済額は減るのですが、総返済額は増えると言うことになりますので注意をしましょう。

なお、これはおまとめローンを借り入れする前の借金について、おまとめローンよりも早く返済が終わることを想定して話をしています。

まとめる前はカードローンで返済をすることになりますので、反復利用をしなければおまとめローンを借り入れしない方が良いという考えです。

 

現在、おまとめローンを利用できないか検討しております。

月々の収入の5割近くを返済に当てています。
少しでも軽減し、腰を据えて返済していく所存です。

どうか、みなさんの知恵を拝借願います。
私は、
私は29歳男性・独身・持家(家族名義)。
年収205万円・勤務2年、正社員。
保険は共済です。


総量規制に係る残債は約67万円です。
(ほかに地銀のカードローン[モビット]約18万、ショッピングリボ約35万)


総量規制に関する借入残高は67万円。
A社…残12万、率18%、借入不可(枠20万円)、地方銀行のカード会社(VISA)
B社…10万、17.6%、借入OK(枠10万円)、大手銀行のカード会社(NICOS)
C社(DCキャッシュワン)…28万、18%、借入OK(枠30万円)
D社(プロミス)…17万、17.8%、借入OK(枠30万円)
です。


A社:キャッシング・ショッピングリボ兼用のカードです。
総量規制のせいか、キャッシング枠は使えなくなりました。
ショッピング枠は通常通りです。
延滞は無しです。
返済は通常通りです。

B社:キャッシングカードです。
カードは使用できます。
延滞無しです。
返済は通常通りです。

C社:キャッシングカードです。
カードは規制施行後止まっていましたが、最近復活しました。
ただ、枠の満額までは使えません。
延滞は過去1度あります(支払期日忘れによる)
現在、利息と少しの元金を返済しています。

D社:キャッシングカードです。
カードは規制施行後止まっていましたが、最近復活しました。
ただ、枠の満額までは使えません。
延滞は無しです。
現在、利息と少しの元金を返済しています。


ちなみに地銀のローンは現在残18万です。
カード自体は使用不可となっています。


現在は何とか返済しながら生活が出来ています。
が、C社D社の辺りが中々元金が減らないので、
出来る限りの策は打とうとおまとめローンを考えておりました。


しかしながら、住信SBIのローンは残念ながら通らず。
見の程知らずだったなと痛感しました。


私の状態ですと、やはりおまとめは難しいでしょうか。
それとも、消費者金融ならおまとめローンも可能性はあるでしょうか。


返済が長い期間になってしまうのは承知しております。
が、腰を据えて返済に取り組んでいきたいと考えています。


よろしければ、みなさんの意見(厳しいものでももちろん結構です)や知恵など
伺えればと思います。


宜しくお願い致します。
長文失礼しました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1265516022

 

 

おまとめローンが想定している申込みする対象者

おまとめローンが想定している申込みする対象者

おまとめローンで借り入れをすることは、得にはならないことは分かったと思います。

おまとめローンは月々の返済が大変な人を対象にした商品です。

多重債務者を救済する目的とした商品ですので、損得を考える必要がない商品になります。

多重債務者とは複数の金融機関から借金をしてしまい、月々の返済が大変になり、生活が困窮している人のことを言うのです。

したがって、月々の返済額が少なくなれば、目的が達成される商品となっています。

月々の返済額が減少すれば、生活を立て直しできる人のために発売がされているでしょう。

 

おまとめローンで借り入れをする人は、返済額が少なくなれば生活をするのに困らないという人が対象となります。

したがって、利息で得をしたい人のためではないと言うことを覚えておくといいでしょう。

おまとめローンが想定している人は、返済に困っていない人ではなく、月々の返済で生活が大変になり、収入が追いつかない人を対象としています。

そのため、反復利用できるカードローンではなく、カードローンの借金を確定してしまい、返済期間を延ばすことで生活を立て直しする支援をすることが目的なのです。

カードローンがいつまでたっても借りているお金がなくならないのは、反復利用をしてしまうと言うことがひとつの原因にあるでしょう。

反復利用できない借り入れにすることで、確実に借金を減らしていくことになります。

カードローンは便利な反面、計画的な返済をしなければ借金が減ることなく、増え続けてしまう商品となっているのです。

おまとめローンで借り入れをすることで、反復利用をできないようにして借金をなくすのが目的となっています。

 

 

おまとめローンには幾つかの種類がある

おまとめローンには幾つかの種類がある

おまとめローンには幾つかの種類があると言うとちょっと語弊があるのですが、借金をまとめるには幾つかの方法があると覚えてください。

ひとつは消費者金融のおまとめローンを利用する方法です。

これは、先ほども話をしたとおり返済に困った人を救済するためのローンですので、最終的には損をすることがあると言うローンになります。

そして、ふたつ目の方法は銀行系のカードローンで借金をまとめる方法です。

銀行系のカードローンは総量規制が関係ありません。

なお、総量規制とは年収の3分の1までを限度として、カードローンの申込みができると言うものです。

この対象が消費者金融と信販会社になります。

流通系などのカードローンも含まれるため、銀行系以外のカードローンと覚えておくと良いでしょう。

 

この銀行系のカードローンでまとめる場合は、消費者金融のおまとめローンやカードローンよりも利率が低いので、借金をまとめるとお得になることもあります。

しかし、あくまでもカードローンで借り入れをすることになりますので、利用の方法は注意をする必要があるでしょう。

そもそも、複数のカードローンを利用してしまった原因は、計画的な返済ができなかったことが大きな要因だからです。

そして、3つ目の方法が銀行のフリーローンで借金をまとめてしまう方法もあるでしょう。

これは、カードローンと異なりますので、おまとめローン同様に借金が固定化します。

消費者金融のおまとめローンよりも金利が低く、返済期間も短いためお得になることもあるでしょう。

そのほかにも方法はありますが、ここで紹介をしたものが主な借り換え方法になります。

 

(1) 総量規制とは

Q2-1. 総量規制とは何ですか?

A2-1. 借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。

例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/qa.html

 

借り入れするときには損得を考えない

借り入れするときには損得を考えない

おまとめローンは損をすると何度も話をしています。

そして、その理由が月々の返済で生活が困窮している人を救済する人のための商品であって、返済額を少なくすることを目的としたものであることを説明しました。

利息の損得で借り換えをすることについて悩んでいるのであれば、おまとめローンで借り入れをすることがおすすめです。

損得ばかりに目が行ってしまい、月々の返済が滞ってしまっては本末転倒になります。

支払う利息が損をしても、生活ができるような返済額にしなければ、いつかは切羽詰まってくるでしょう。

 

おまとめローンの趣旨は、何度も言いますが返済額を少なくすることになります。

そして、生活を立て直すための手助けをする商品なのです。

月々の返済額が減って、生活を立て直すことに成功すれば、貯蓄をできるようになります。

これは大きなメリットで、貯蓄を続ければおまとめローンで借り入れした借金も、一括返済ができるようになるかもしれません。

急がば回れ的に、最終的には損をした利息以上の貯蓄に成功すれば、結果的に得をしたことになります。

これは、借金をまとめなければできないことであり、おまとめローンにする大きなメリットと言えるでしょう。

目先の損得にとらわれずに、生活を立て直すことが大事になります。

 

 

返済日をまとめたい人が銀行系カードローンで借り入れする

返済日をまとめたい人が銀行系カードローンで借り入れする

複数のカードローンを利用してしまって、返済日の管理が大変だという人もいるようです。

月々の返済には困っていないのだけども、借金をひとつにまとめたいという人はどうすると良いのでしょうか。

おまとめローンを利用せずに、そのまま複数のカードローンを返済続けることも良いのですが、銀行系のカードローンでまとめることもひとつの方法でしょう。

特に消費者金融のカードローンを利用している人であれば、銀行系のカードローンにしてみることをおすすめします。

金利もお得になることが多いので、お得にお金を借り入れすることができます。

お得になると言っても、やはりカードローンですので、金利は10%を超えるのが一般的です。

 

限度額が大きければ、10%を切ってきますのでまとめてお金を借りれば、金利がよりお得になるでしょう。

返済日をまとめるために、銀行系のカードローンを利用すると、結果的に利息が得をすることになるかもしれません。

カードローンを申込みするときに、ほかの金融機関のカードローンから借り換えをすると言うことで申込みをすると、審査に通過する可能性もありますので1度は試みるのも良いでしょう。

ただし、まとめるといてもカードローンですので、返済をして利用限度額があいてくれば再び借金をすることが可能です。

カードローンでお金を借りた場合には、幾らずつ返済をするのか、いつまで返済をするのか目標をたてて返済をしていきましょう。

計画性がないままカードローンを利用すると、いつまでたっても借金が減ることがありません。

複数のカードローンを利用してしまった原因が、計画的な返済をしなかったために残高が増えていった結果ではないでしょうか。

 

 

借り入れたあとに注意すること

借り入れたあとに注意すること

おまとめローンや、銀行系のカードローンで借金をまとめるために、借り入れしたあとに気をつけることがあります。

それは、再び複数のカードローンを作ると言うことにならないことです。

月々の返済額が少なくなり、生活を立て直すことができたのなら、今までの生活費も見直ししてみましょう。

無駄な出費がないかどうか、確認をしてできる限り節約を心掛けることをおすすめします。

そして、少なくなった返済額を全て生活費に回さずに、貯蓄に回していざというときのための備えをしましょう。

 

おまとめローンを借り入れたあとに、生活を改善しないと再びお金が足りなくなることが出てくる危険性があります。

お金が足りなくなったときに、新たなカードローンに手を出してしまい、せっかくなく少なくなった借金が増えてしまうと言うことになりかねません。

月々に返済額が少なくなったことにより、新たな借金の返済ができるようになるため、再び借金をしてしまうと言うことが発生するのです。

このようなことを繰り返す人がいますので、おまとめローンを借り入れしたのであれば、しっかりと生活を立て直すといいでしょう。

おまとめローンでまとめたあとに、再び多重債務者になる人も珍しくはありませんので、月々の生活が楽になったからと言って喜ばないことです。

しっかりと貯蓄をして、急な出費に備えることをおすすめします。







同じカテゴリーの最新の記事