• カードローンスマイル

おまとめローンの利率はどうなっているの?代表商品を比較します!!


おまとめローンを選ぶ際に最も重要視したい項目の一つがおまとめローンの貸付利率となります。

おまとめローンはその商品性質上、比較的高額のお金を長期間借り入れることとなるので、利率が0.1%違うだけでも総支払額が大きく違ってくる可能性があるのです。

大手貸金業者が取り扱う専用おまとめローンや、おまとめローンとしての利用に適している大手銀行のカードローンの利率がどうなっているのでしょうか。

どの商品がおまとめローンとしてお得に借り入れができるのかについて、徹底的に比較を行っていきたいと思います。

 

 

貸金業者のおまとめ専用ローンの利率を比較!!

グラフをみる男性

 

まずは大手貸金業者が取り扱いをしているおまとめ専用ローンの利率について比較を行っていきたいと思います。

 

大手貸金業者としておまとめ専用ローンの取り扱いをしているのは、アイフル・アコム・プロミス・新生フィナンシャル(レイク)の4社であり、それぞれのおまとめ専用ローンの利率(2017年2月6日現在)は次の通りになっています。

 

・アイフルのおまとめMAX…年12.0%〜年15.0%

・アイフルのかりかえMAX…年12.0%〜年17.5%

・アコムの借り換え専用ローン…年7.7%〜年18.0%

・プロミスのおまとめローン…年6.3%〜年17.8%

・新生フィナンシャルの完済応援プラン…年13.0%〜年17.0%

 

こうしてみてみますと、下限金利の低さではプロミスのおまとめローンに分があり、上限金利の低さではアイフルのおまとめMAXに分があることがよく分かります。

但し、これらのおまとめ専用ローンは、各商品ごとに申込み要件が大きく異なるので、申込時には注意が必要となりますし、一律期並べて単純に比較するのは難しいともいえます。

 

アイフルのおまとめMAXは、かりかえMAXと比較すると上限金利が低くなっていますが、おまとめMAXはすでにアイフルと契約をしていてアイフルからのキャッシングと他社ローンをまとめるという用途以外では申込みができませんし、新生フィナンシャルの完済応援プランも同様の申込み要件となっています(さらに新生フィナンシャルはパートやアルバイトは申込み不可となっています)。

またアコムの借り換え専用ローンについても、他社ローンからの借り換えのみしか利用できないということを覚えておきましょう。

 

利用のしやすさという観点から見ると、プロミスのおまとめローンが一番申込み・利用がしやすいろ考えられます。

プロミスのおまとめローンは、パートやアルバイトでも申込みが可能とされていますし、他社ローンからの借り換え申込みのほか、すでにプロミスと契約をしてプロミスからキャッシングをしている人も手続きを経ておまとめローンへと切り替え申込みを行うことが出来るのです。

 

大手貸金業者のおまとめ専用ローンを利用する際には、事前に自分が該当商品の申込み要件を満たしているかどうかをよく確認しておくと良いでしょう。

 

 

大手銀行のカードローンの利率を比較!!

窓とグラフ

 

続いて、おまとめローンとしての利用に適している銀行カードローンの金利について、比較を行っていきます。

 

大手銀行のカードローンということで安心して利用ができ、契約極度額も高くなっているので、お薦めしたい商品として挙げることができます。

 

但し、大手貸金業者のおまとめ専用ローンの金利が単純に比較できないのと同様に、銀行カードローンについても、各商品ごとに申込み要件が大きく異なるので、単純に金利だけを比較するのはナンセンスだと考えられます。

 

どの銀行のカードローンも利用限度額が一定額以下として申込みを行えば、収入証明書類の提出を無しとして契約できます。

 

 

まとめ

各商品ごとに申込み要件は異なりますし、審査基準も異なるため、単純に金利だけを比較しておまとめローン選びをするのは危険だといえますが、金利はおまとめローン選びをする上での1つの重要なバロメーターと成り得るので、この情報をベースに、適切なおまとめローン選びに役立てていただければ幸いです。







同じカテゴリーの最新の記事