• カードローンスマイル

おまとめローンはキャンペーンの時期に申込みをするといい?裏技を紹介


審査が厳しいといわれるおまとめローンですが、定期的にキャンペーンを行っています。

その時期に契約すると、金利の優遇やいろいろな特典などを受けることができたりするのですが、この時期の審査は甘く、通りやすいという話も聞かれます。

実際にキャンペーン時期の審査は甘いのでしょうか?

 

 

おまとめローンの審査が厳しい理由

おまとめローンの審査が厳しい理由

カードローンよりも審査が厳しいといわれるおまとめローンですが、それはなぜでしょうか。

それは、おまとめローンを申込する人は、既にお金を借りているという事実があるからです。

しかもただ借りているだけではなく、月々の返済に頭を悩ますほど、借りすぎている状態に陥っているからこそ、おまとめローンで借金を一本化し、返済を楽にしたいと考えているのではないでしょうか。

そのため、申込者はもしかしたら過去に延滞したことがある、今後可能性があるかもしれないということを、金融機関は想定して審査を進めることになるため、審査が厳しくなってしまうのも当然と考えられませんか。

 

おまとめローンの審査が通らない理由を知りたいです、教えてください。

いま専業主婦の妻と二人の子供が一人います。
年収は手取りで340万円くらいです。
消費者金融4社から合計250円の借金があります。
毎月返済しているのですが、借金があまり減りません。少しずつしか返済していないからだとは思いますが。。。少しでも借金の返済が楽になればと、先日銀行系のおまとめローンに申し込んだものの、審査で落ちてしまいました。

正社員で定期収入もあり、勤続年数も長いので、正直審査に通るものだと思っていましたので、ちょっと意外でした。調べてみますと、おまとめローンの審査は結構厳しいのですね。

おまとめローンの審査に通るコツや、借金の返済が楽になる方法がありましたらアドバイスいただけますか。宜しくお願いします。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11159977041

 

 

キャンペーン時期は審査が甘くなるって本当?

頻繁にCMが流れたり、あるいはネット上で繰り返し広告が表示されたりするなど、カードローンに関するキャンペーンは定期的に行われますが、この時期はある条件がそろえば審査が甘くなる可能性があります。

そもそもこのキャンペーンには2種類あり、ひとつは申込みを審査する保証会社が行うものと、もうひとつは銀行側が行うものです。

保証会社が行うキャンペーンと、銀行側で行うキャンペーンは、利用者にとって表面上は違いが分からないかもしれません。

でも注意してみれば、意外とその違いに気づくことができるでしょう。

 

 

業界人が教える裏技・狙い目は保証会社が行うキャンペーン期間

業界人が教える裏技・狙い目は保証会社が行うキャンペーン期間

保証会社が行っているのか銀行側が行っているのか、どちらのキャンペーンなのかを見分けるのは、見た目に違いがないため難しいでしょう。

しかし例えば窓口で大きくキャンペーンをうたっていたり、銀行側から積極的にカードローンを進められたりする場合は、実は保証会社が銀行にお願いをしてキャンペーンを行っていることが多いです。

というのも、保証会社が行うキャンペーンは、銀行側にインセンティブがもたらされることと、銀行が業界内で高実績をアピールするために、ノルマに対して店舗を特に厳しく管理します。

 

するとノルマ達成を目指して、締め日となる月末に掛けて募集にも力が入ることになり、結果的に月末にはかなりの申込書が保証会社へ集まっていくことになります。

集まった申込書を、短時間で処理しなければならないために、どうしても通常よりも審査が甘くなってしまう可能性があるのです。

保証会社はキャンペーンを行っている銀行以外の、カードローンの申込みについても遅れることなく審査をしなければいけません。

限られた人数で書類を処理しなければいけない状態になるのです。

 

 

声を掛けられたら千載一遇のチャンス!

ノルマは申込みをしてもらっただけでは達成とはなりません。

審査を通り、利用者の手元にカードが届いた時点で達成とされます。

つまり、申込みを書いてもらった募集担当者はその利用者が審査に通るように、場合によっては口添えを行うことがあります。

保証会社は直接利用者と接する機会がないため、この募集担当者からの口添え、いわゆる「顧客情報」を重視するときがあります。

もし担当者から、いつもよりより積極的に「カードローンを作りませんか?」と声を掛けられたら、そのときが最大のチャンス到来と考えていいでしょう。

特に店頭に「カードローンキャンペーン中」というようなことの張り紙がされている場合は、店舗にノルマが課せられている可能性があるからです。

万が一、おまとめローンを考えているときに、銀行側から声を掛けられたのであれば、相談に乗ってもらうことがいいでしょう。

 

 

まずは返済計画を立てよう

まずは返済計画を立てよう

おまとめローンで借金を一本化する場合、まずは自分の収入状況などを確認し、月々の返済額がどのくらいであれば、生活に苦労することなく、返済を続けていくことができるかを検討してみましょう。

ときには、銀行で定めた返済額よりも多く返済することができれば、確実に借金額は減っていきます。

万が一カードローンを再び利用しなければならない事態があったとしても、そのときは月々の返済額に6~12を掛けた範囲を限度として、お金を借りるようにするといいでしょう。

幾らずつ返済をして、いつまで返済をするのかしっかりと返済計画を立ててください。

 

金利:18.00%
年月 残高 返済額 元金 残高
H28.4 100,000 0 0 100,000
H28.5 100,000 10,000 9,163 90,837
H28.6 90,837 10,000 8,613 82,224
H28.7 82,224 10,000 8,784 73,440
H28.8 73,440 10,000 8,878 64,562
H28.9 64,562 10,000 9,014 55,548
H28.10 55,548 10,000 9,179 46,369
H28.11 46,369 10,000 9,292 37,077
H28.12 37,077 10,000 9,453 27,624
H29.1 27,624 10,000 9,579 18,045
H29.2 18,045 10,000 9,725 8,320
H29.3 8,320 8,434 8,320 0
総支払利息 8,434

 

上の表は10万円を借りて、10,000円ずつ返済をした場合の返済予定表です。

月々2,000円ずつ返済をすれば、完済をするまで50回(4年2か月)以上の期間が必要になりますが、10,000円で返済をすると11か月で返済が終わります。

 

 

おまとめローンで一本化できても安心してはいけない

審査に通過し、無事おまとめローンで借金を一本化できても、それで安心してはいけません。

そもそもどうして複数の借金を抱えることになってしまったのか、どうして返済に困るような状況に陥ってしまったのか原因を分析し、生活の改善が必要であるのなら、しっかり見直しすることをオススメします。

返済を続けていると、新しい借金ができるようになる可能性があります。

そこでまた借りてしまうと、せっかくおまとめローンでひとつにまとめた借金が意味のないものになってしまいます。

お金を借りすぎてしまった人は、計画性がないまま借金をしている可能性が強いので、どうしても審査が厳しくなります。

 

 

借金が一本化できたら、生活状況も見直そう

おまとめローンを利用する上で大切なことは、複数の借金をひとつにまとめるために借り換えをして終わりではないということです。

借り換えることで月々の返済額が少なくなり、そこに余裕が生まれます。この余裕を最大限に活用するようにしましょう。

これまでは複数の借金について、それぞれの返済に追われて、生活には余裕がなかったかもしれません。

 

しかしおまとめローンで借り換えたことで、返済がまとまり金額も小さくなり、生活に余裕が出てくるでしょう。

このとき、ようやく生まれた余裕を、生活費にそっくり回すのではなく、貯蓄に回すことができればしめたものです。

もし突然の出費で生活費が足りなくなってしまうような状況が起こっても、新しくお金を借りるのではなく、それまでに蓄えた中から対応することも可能となり、結果カードローンを利用しない生活が実現できるようになるかもしれません。

これは収入が増えたときも同じことがいえます。増えた分を全て生活費に入れてしまうのではなく、貯蓄に回す分と生活費に回す分を考えて、少しずつ貯蓄の額を増やしていくといいでしょう。

 

 

楽天銀行のカードローンは定期的に期間限定キャンペーンが行われるのでオススメ

楽天銀行のカードローンは定期的に期間限定キャンペーンが行われるのでオススメ

楽天銀行のカードローンは資金用途が自由で、最大800万円までの融資を受けることができるため、借金の一本化を検討している人にオススメです。

金利も年1.9%~14.5%と消費者金融系カードローンより安いのも魅力的です。

 

<楽天銀行公式ホームページ引用>

ご利用限度額 お借入利率
800万円 1.9%~4.5%
600万円以上800万円未満 3.0%~7.8%
500万円以上600万円未満 4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
100万円未満 14.5%

https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/details.html

(2017年2月19日現在)

 

さらに、入会時の入会金や年会費が永久無料の上、入会&利用額に応じて楽天スーパーポイントが最大31,000ポイントもらえたり、また期間限定でキャンペーンを行っていたりする時期に入会すれば、金利優遇を受けることもできます。

ちなみに2017年2月現在、期間限定キャンペーンとして金利半額キャンペーンを行っています。

申込期間が2017年1月17日~2017年3月15日まで、金利半額適用期間は2017年1月17日~2017年3月31日までとなっています。

ただ一点注意したいのは、楽天銀行のカードローンは月々の返済額が少額であるため、銀行から指定された金額で返済していると、なかなか完済までたどり着くのが大変です。

そこでできる限り早く完済ができるように、随時返済を上手に利用して、銀行の指定返済額よりも多めに月々返済するようにしましょう。

さらに、借金の一本化により生活にゆとりが生まれたら、月々の生活費を見直しつつしっかり貯蓄に回していけるようにし、突発的な出費はその貯蓄から対応できるようにしておくと安心です。

 

 

まとめ

キャンペーン期間を利用して、おまとめローンの審査に通過し、無事借金を一本化できたとしたら、次はもう一度日々の生活に目を向けてみましょう。

どうして多重債務になってしまったのかをしっかりと分析し、どのような生活を送れば二度と債務超過にならないかをしっかりと考えることが重要です。

またせっかくおまとめローンで月々の返済が小さくなり余裕ができたのであれば、是非軽減された分を、そっくり生活費に回してしまうのではなく、少しでも貯蓄に回すことをオススメします。

減少した返済額の3分の1でも貯蓄に回すことができれば、いずれ繰り上げ返済をも可能となる大きな蓄えに成長してくれます。

万が一、臨時の出費があった場合、お金を借りるのではなくその貯蓄を一時的に崩して対応することも可能でしょう。

おまとめローンの利用が、生活を見直し改善する機会となるにしたことによる、利息の損を取り返すことができますので生活を改善するチャンスを逃さないようにしましょう。







同じカテゴリーの最新の記事