• カードローンスマイル

お金を借りたい時に使える有効な言い訳のパターン3選


財布

1・お金を借りる時に有効的な言い訳

お金を借りる時には、何に使うのかを説明しなければいけません。

家族から借りるとしても、ローン会社から借りるにしても同じです。

使い道によってはお金を借りられないケースもあります。

「貸したら返してもらえないのではないか」と思われてしまうのです。

ではお金を借りる時の有効的な言い訳にはどのようなパターンがあるでしょうか。

まず不幸に関わる出来事ゆえにお金が必要になったという言い訳です。

お財布を落としてしまって、取りあえず生活するのにお金が必要な場合は、友人なども同情から貸してくれるでしょう。

また知人の不幸でお葬式に出席しなければいけないなどの理由でキャッシングを利用される方もいます。

気を付けたいのは、何度も自分の祖父母が亡くなるという失敗です。

誰でも不幸が生じると同情する気持ちからお金を貸してあげたいと思ってしまいます。

またすぐにお金を借りたい時には、時間がない事を理由にした言い訳を使うことができます。

家賃や水道光熱費が払えなかったり、生活費が足りなくて困っているなどがあります。

また年齢が若いのであれば、デートのための費用が足りないので貸してほしいというのも有効的です。

ローン会社を利用するときには、生活費ゆえにお金を借りるということは、返済能力がないのではないかと疑われる可能性もあります。

借りたお金をなるべく早く返済することで、信頼を失うことなく利用を続けることができます。

2・言い訳に嘘をついたらどうなるか?

落ち込む

嘘をつくのは悪いことと理解していても、どうしてもお金が足りないためにやむを得ず嘘をついてしまった場合、どうなるでしょうか?

嘘をついてお金を借りることは詐欺行為に当たります。

しかし詐欺罪が成立するためには「返済意思がないこと」が条件となります。

嘘をついて借りたとしても、「返済するつもりだった」と言えば詐欺罪にはなりません。

しかしローン会社などからお金を借りる場合には気を付ける必要があります。

詐欺罪で訴えられるということはないかもしれませんが、ペナルティとして強制退会をさせられたり、残額を一括返済するように要求されるかもしれません。

利用する前に利用規約をしっかりと確認しておきましょう。

家族や友人であっても、嘘をついてお金を借りたことがわかると信頼関係にも影響します。

それでどうしてもお金を借りなければいけない時には、正直に借りる理由を伝える事が大切です。







同じカテゴリーの最新の記事