• カードローンスマイル

クラウドソーシングで高単価ライターとなる方法


在宅ワークをする人が多く利用しているサービスが「クラウドソーシング」という働き方です。

その中でも、ライターを目指す人が増えていますが、なかなか初心者には高単価の案件がまわってきません。

クラウドソーシングでライターが高単価の案件をもらえるようになるための方法とはなにか、徹底的に解説します。

 

単価が安い理由を考えてみよう

単価が安い理由を考えてみよう

単価が安いというのは人によっても違いますが、1時間に1,000文字書けるとすると、1文字1.0円の単価の案件であれば、時給1,000円となります。

1文字0.5円の案件になると、時給500円になります。時給500円となるとアルバイトの最低賃金よりも、かなり下回る時間給になってしまいます。

ライターの仕事としては、1文字1.0円以上を目指していくと効率がいいですが、初心者であれば、なかなかそう簡単にはいきません。

 

クラウドソーシングサービスでライターを始めてみようと思って案件を探しても、なかなか文字単価の高い仕事は見つかりにくく、もし見つかったとしてもライター経験者やクラウドソーシング内で高い評価がついている人に仕事が決まってしまいます。

そうなると、初心者は文字単価が0.2円だとか高くても0.5円の案件を引き受けてしまうようになってしまいます。

文字単価が安い案件ばかりしていても、一向に収入があがりません。

そこで、文字単価が安い案件が、なぜ安くなっているのか考えていきましょう。

 

誰にでも書ける内容

文字単価が安い案件というのは、専門分野の知識がいらないものが多いです。

単なる体験談程度のものや、誰でも知っている内容、誰でもすぐに書ける知識などがテーマだと、文字単価は低くなりやすいです。

また、そういった案件は「初心者OK」「経験不問」などといったコメントを出していることが多いため、ライター初心者が応募しやすくなっています。

 

webライターで600文字220
800文字320円
1000文字420円というのは安いですか?
正直作業量に合わない気がします。
相場はどれぐらいでしょうか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13165865858?__ysp=V0VC44Op44Kk44K%2F44O8IOWuieOBhA%3D%3D

 

クライアントが個人で目的はアフィリエイト

個人がアフィリエイト目的でブログなどを始めたものの、たくさん記事を書くのは面倒だとか自分では書けないといった人が、クラウドソーシングで記事を依頼するケースです。安い単価で大量に書いてもらうことを目的としていることが多いです。

 

単価の相場に詳しくないクライアント

クライアント側がライターに発注を出すことに慣れていない場合などは、あきらかに安い単価で仕事を出す場合もあります。

その場合は、うまく交渉すれば単価をあげてもらうこともできるかもしれません。

高単価ライターを目指すからには、単価が安い案件は避けるべきかというとそういうことはありません。

 

クラウドソーシングでは、仕事をしてクライアントに評価をもらうことで自己RPのページに件数とその評価が表示され、次の仕事につながるようになります。

特に簡単な仕事であればクライアントの評価も高評価になることが多く、高評価をねらって何件か単価の安い仕事をこなして、自己アピールにつなげることは無駄ではありません。

ただ、単価の安い割りに難易度の高い仕事もあるため、よく内容を確認してから受注しましょう。

 

自分自身のスキルが足りない

ライターの仕事は誰にでもできるように感じる人が多いようです。

しかし、クライアントから指示のあるとおりに、記事を執筆するとなると簡単に文字を書けないものです。

単にタイピングが早いだけでは、WEBライターは勤まりません。

 

自分自身にしっかりとした、専門知識があれば情報の検索が必要なく、記事を執筆できることもありますが、なかなかスキルを持ち合わせてライターに望む人は少ないようです。

インターネット上に記事を掲載するには、キーワード検索をされたときに上位表示されるような記事を意図的に執筆しなければいけません。

そのため、SEOという技術も必要になります。

まずは、自分自身でスキルをしっかりとつけてから仕事を受注するようにしなければ、単価が上がらずに仕事を続けることになってしまいますので注意をしましょう。

 

高単価のライターになる方法

高単価のライターになる方法

高単価ライターになるために初心者のうちに、クラウドソーシングの評価をあげる目的で安い単価の案件を受注するのはいいのですが、いつまでも安い単価の案件をしていても収入には全く結びつきません。

初心者が高単価のライターになるまでにすべきことは何か、順番に見ていきましょう。

 

単価を将来的にあげてくれる案件を探す

クラウドソーシングで仕事を探し、最初は「初心者OK」など誰でもできる案件であっても、クライアントによってはスキルやクオリティで単価アップ可能という条件の仕事もあります。

たとえ0.1円であっても少しずつ単価をあげてくれるクライアントであれば、継続して受注する価値はあります。

逆に、いつまでたっても単価をあげてくれないクライアントの案件は、仕事が一段落した時点で断って、単価アップに応じてくれるクライアントを探すことをおすすめします。

そして、単価があげてもらうことができたら、次に受ける仕事はその単価より低い単価の仕事は受注しないようにすると、自分自身の目標も定まり、少しずつでも収入をあげていくことができます。

 

自分自身の知識を増やす

クライアントから単価をあげてもらうことに成功したら、単価に見合う仕事をしなければいけません。

単価があがればあがるほど、専門的な知識がいる内容が求められます。

もともと医療関係の仕事をしていたとか、銀行に勤めていたということなら別ですが、特に自信を持って誇れる知識がない場合は、勉強や情報収集をして知識を増やす努力をしてみましょう。

 

勉強をするジャンルとしては、クライアントからよく仕事依頼が出ていても、専門的な知識が必要なために応募者がいつも少ないような分野の知識がねらいめかもしれません。

その分野のことを一度徹底的に情報収集をして、自分の知識となった後に仕事の応募をすれば作業効率もよく、何度も案件をこなすうちに自分の身についていき、書くスピードも速くなります。

多数の案件をこなすことで自分のプロフィールにも書くことができ、さらにクライアントから高単価の依頼をもらえるきっかけ作りに役立ちます。

 

ランサーズやクラウドワークスでフリーライターをやり始めたのですが、ヨーグルトダイエットについて書いて下さいと言われました。
サイトで調べて自分の言葉で書くのですが、雑誌のライターさんもサイトで調べて自分の言葉で書くのですか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11158414626?__ysp=U0VPIOOBp%2BOBjeOBquOBhCDjg6njgqTjgr%2Fjg7w%3D

 

SEOを意識したライティングを勉強する

クラウドソーシングでのライター募集で、最近特に求められているのがSEO(検索エンジン最適化)を目的としたライティング技術です。

Googleなどで検索した際に検索結果の上位に表示させるために施す技術となり、高単価ライターを目指す上では重要な知識です。

検索エンジンの検索結果の決め方には一定の法則があり、その法則にそって文章を書くことで、検索結果により多く露出することができます。

その技術を知っていれば、クライアントからの信頼も厚くなり、単価アップにもつながります。

ネットや書籍などでも多くSEOライティングについて書かれたものがあるので、一度読んでみることをおすすめします。

 

1時間当たりに書ける文字数を増やす

高単価ライターを目指すには文字単価はもちろんのこと、書けるスピードも大変重要になります。

1時間で1,000文字書く人と2,000文字書ける人とでは、1文字1.0円の単価なら時給にして1,000円の差に、1文字2.0円なら2,000円の差、1文字5.0円なら5,000円もの差になります。

 

1時間でこの差なので、一日にできる仕事量や月単位まで考えると驚くほどの収入の差になることは歴然です。

早く書けるというのは文字入力スピードはもちろんのこと、情報収集能力が重要です。

しっかりとした情報収集のもと、素早く的確な文章構成で仕上げた記事こそ価値があるのです。

 

クラウドソーシングで報酬獲得額の上位に入る

クラウドソーシング各社では、報酬獲得額の多い人や色々な条件に当てはまる人に対して特別な認定称号を与えることによって、クライアントからの直接依頼がきやすくなるようになっています。

また、特別に高単価の案件が見られるようになっている場合もあり、認定が取れると収入にも大きく影響します。

クラウドソーシングサービス 認定される条件
ランサーズ
「認定ランサー」
1.獲得報酬額 各カテゴリの上位20%
2.クライアントからの評価 4.8以上
3.仕事完了率 90%
4.送信したメッセージの24時間以内率 80%
5.計9箇所のプロフィール項目の記入
クラウドワークス
「プロクラウドワーカー」
1.獲得報酬額 月間200位以内
2.クライアントからの評価 4.8以上
3.納品完了率 90%
4.スカウト数10回以上(過去1年)
サグーワークス
「プラチナライター」
サグーワークス内のテストを受け、合格すると認定される。

 

自分の売り込みの方法

自分の売り込みの方法

クラウドソーシングで仕事をもらうためには、クラウドソーシング内で実績を積み上げることはもちろん大事ですが、自己PRをきちんとすることもかなり重要なことです。

具体的にはどのようなことをすればいいのかを解説していきます。

 

クラウドソーシング内のプロフィールをきちんと書く

クラウドソーシングサービスを使って仕事をする上で自分を売り込む方法は、とても基本的なことですがプロフィールをしっかり書くことです。

アルバイトや就職でも履歴書を提出しますが、履歴書以上にクラウドソーシングのプロフィールは重要かもしれません。

まず、自分が応募するときにクライアントが確認するのはプロフィール画面です。

 

さらに、クライアントがライターを探すために検索を書ける時にもプロフィールに入力されている内容がキーワードとなるため、直接仕事の依頼がくるかもしれません。

「なんでもできます」などと抽象的な表現ではなく、特に得意な分野を絞って、具体的に記入することで、検索されやすくなります。

また、具体的なスキルや、資格などは漏らさず記入し、ライターとしての実績も見やすいように書いておくことをおすすめします。

 

ブログを作って自己アピールの場にする

ライターとして案件に応募する際に、過去に書いた記事を見せなければならないことも多くあります。初心者の場合は見せられる記事もなく、クライアントにアピールができません。

そこで、手間と時間がかかりますが、自分のブログを立ち上げることで、自分の文章をクライアントに見てもらうことができます。

それなりにブログの記事数が増えたら、クラウドソーシングのプロフィールにURLをのせておけば、それを見たクライアントから依頼があるかもしれません。

 

ライティングの勉強におすすめの書籍

ライティングの勉強におすすめの書籍

高単価ライターを目指すために1度は読んでおきたい、おすすめする本を3冊紹介します。

タイトル 価格(税込み) 内容
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング 1,404円 ウェブメディア「ナタリー」の社内で実践されている文章の書き方を、社内勉強会で新人育成を担当している著者が教えてくれます。「完読される文章」を目標に、テンポ良く読みやすい文章を書くための技術はウェブライターにとってためになる話です。
沈黙のWebライティング-Webマーケッター ボーンの激闘- 2,160円 Webで連載されて好評だったコンテンツが書籍化されたものです。イラスト入りのストーリー仕立てになっていて読みやすく、Webライティング初心者にはおすすめの本です。
日本語表記ルールブック 540円 日本語表記の基本的なルールをまとめた本です。540円と安いため、ライターとしては一冊持っておいて損はありません。

 

まとめ

クラウドソーシングでライターをすることは、決して難しいことではありません。

初心者でも十分に稼ぐことができます。しかし、高単価ライターになるには、かなりの努力が必要となります。

スピードと専門的な知識、そしてクライアントとの十分な信頼関係など、全てが備わってこそ高収入の高単価ライターになれるのです。

楽をして高収入は望めません。ライターとして成功するには、それなりの努力が必要なことを忘れてはいけません。







同じカテゴリーの最新の記事

  • 入院費・手術費が払えない!未払いのまま退院できるのか

    突然の入院や手術で医療費がかかってしまったのに支払いに必要なお金がない、そんなときはどうすればいいでしょうか。 すぐには払えないけれど後から支払いをする場合は、医療費は支払わずに退院することができるのか、今回は未払いの医療費の支払いに...


  • 親を介護するお金も時間もない時の裏ワザ

    仕事に追われ家事に追われ、それに加えて親の介護もしなければならない。 介護をする側はお金や時間など自分の生活を犠牲にして介護をしているのが現状です。 しかし、お金や時間がない場合でも、介護を続ける方法があります。 今回は介...


  • 親の医療費で突然大金が必要に!入院した時の対処法

    いつまでも若く元気だと思っていた両親が、突然病気やけがで入院してしまったらあなたはどうしますか? 何の準備もないまま大切な家族が入院してしまい、さらに高額な医療費が発生すれば大慌てですよね。 今回は突然の入院でも慌てることがない...


  • 住宅購入vs賃貸・生涯コストで損をするのはどっち?

    住宅を購入すべきか、それとも賃貸の方がいいのか…ある程度の年齢に差し掛かると誰もが一度は考える問題かもしれません。 生涯コストを比較した場合には一体どちらが損をしてしまうのでしょうか? 今回は、住宅に関わる生涯コストの損得につい...


  • 住宅ローンの頭金に必要な金額の相場は?貯金でいくら残すのがベスト?

    夢にまで見たマイホーム購入…の際に悩むのが、住宅ローンです。 多くの方が家を購入するために住宅ローンを組みますが、「頭金はいくらが相場?」「残すべき貯金はどのくらい?」など、悩みがちですよね。 人それぞれ異なるとはいえ、目安を知...


  • 住宅ローンは年収の何倍までが正しい目安?無理なく返済する方法

    マイホームを購入する際、多くの方が住宅ローンを利用するかと思います。 借りる金額も大きいですし、どれくらい借りるのが目安なのかを事前に知っておきたいですよね。 ここでは、住宅ローンは年収の何倍までの金額を借りるのが目安なのか、ま...


  • 住宅ローンが払えなくなった時の対処法・家を守るためにできる事は?

    夢のマイホームを手に入れるための住宅ローンは、長期的に高額返済を強いられるものです。 仮に不慮の事故や病、リストラなどによって、返済計画が突然崩れてしまったとしましょう。 「延滞してしまったらどうなるのだろう」「家が奪われてしま...


  • 格安SIMで楽天モバイルが人気の理由|デメリットはないの?

    大手キャリアの通信費は本当に高いです。家族でスマホなどを持っていると毎月の支払いもバカになりません。 それに各種割引があまりにも多すぎて料金体系もよく分からず、どこをどう節約すればいいのか悩んでしまいませんか? そこで格安SIM...


  • iPhone買うならSIMフリー版がお得?!格安SIMで通信費を節約する方法

    「スマホの通信費=高いもの」という常識が、覆されつつあります。 docomo、au、softbankという三大キャリアに縛られることなく、それらの回線を借りることで通信費を節約できる格安SIMが人気を集めています。 ここでは、i...


  • 格安SIMの欠点はここ!乗り換え失敗と感じる3つのポイント

    毎月の通信費に頭を悩ませている方は多いと思います。 インターネットではよく「格安SIMを利用して通信費を抑えよう!」という記事や広告を見かけますが、正直なところ大手キャリアの端末と何がどう違うのか分からない方も多いのではないでしょうか...